アメリカのペット事情~NY発信

アメリカNY州で猫と暮らす主婦が見たアメリカのペット事情色々を報告

スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

CM: --
TB: --

page top


schoep 1

以前、こちらの記事でご紹介した、この印象的な
写真を覚えていますか?今までに見た飼い主と
犬の写真の中で最も感動した写真はどれかと
聞かれたら、私は迷わずこれを選ぶでしょう。

大切な「愛息子」のショープを失ってから、ジョン
さんはかなり辛い日々を送ったそうです。
そのジョンさんが約1年半後、あらたなパートナー
を得たというニュースを見ました。

Schoepのパパ新しい犬の飼い主に

adopted dog1

リンクによると、ショープとはジョンさんがうつ病と
戦っていた時にシェルターで出会い、引き取った
日からショープに助けられた。その恩に報い、
ショープの関節炎の治療に全力を捧げたのだそう
です。

ビデオでは、この写真で一躍有名になったジョン
さんを励ます全国の人たちからの手紙、ショープ
の遺灰が入ったツボの前でペットロスを語る氏、
あらたな出会いを求め、リサーチを重ね、ついに
シェルターで「運命の新しい息子」クマちゃんと
出会った時の様子を語るシェルターの職員さん
などが紹介されています。

ジョンさんにとって、犬は「ペット」ではなく人生の
パートナー。どこにでもいる犬ではなく、運命の
犬でなくてはならなかったんでしょう。
今ジョンさんとクマちゃんは、お互いを知りながら
どこかぎこちないスタートを切っているようです。

ここにまた、その生涯を約束された、幸せな1匹の
犬が誕生しました。


ランキングのバナーを押して応援して頂けると嬉しいです!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村

[edit]

CM: 6
TB: --

page top

目からウロコの簡単手作り猫ベッド! 

2015/03/14
Sat. 12:43

私のレスキューグループのメンバーが面白い
動画を発見してシェアしているのですが、
これが何とも役に立ちそうなのでここでも
シェアしようと思います。




これ、スペイン語かポルトガル語?
でも心配しなくて大丈夫!
見てるだけで、何をしてるかすぐ分かりますよ。
すごいアイデアですねぇ~思いつきそうで
思いつかないような・・・・。
うちに空き箱や主人が着なくなったTシャツが
たくさんあるので、ぜひやってみようと思います。

ランキングのバナーを押して応援して頂けると嬉しいです!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村

[edit]

CM: 4
TB: --

page top

去年の1年で500匹以上の猫をレスキューし、
コンスタントに譲渡数をのばした活動が評価
され、ついに3つのペットショップの常設ケージ
に入居することになった、私がボラする団体KA。
これはこちらからの続きです。

IMG_4336.jpg
アメリカ大手のペットショップ「ペットスマート」に入ったうちの保護猫たちの猫舎

ここは元々郡のシェルターが入っていましたが、なぜ
民間のNPOであるうちが入れたのかは前回説明しました。
私たちがレスキューする猫はグループに属する一時預かり
ボラ宅で、普通のペットと同じ生活をしながら譲渡の
チャンスを待つのですが、これらのケージを借りることで
もっとたくさんの猫をレスキューする事が可能になりました。
(注)ケージに入る子達は2週間交代で入れ替わります。
譲渡されなかったら又ボラ宅に戻り、通常の譲渡会に参加。

George and Grace Greer2.jpg
左:入ったばかりで緊張している子たち 右:人が恋しくてたまらない子


アメリカのペット業界の素晴らしいところは、各NPOの
保護活動にとても協力的なところだと思います。
ほとんどのショップで犬と猫の店頭販売がないだけで
なく、例えばこの写真のペットショップの場合、店員さん
たちが日に4回のうち3回、ケージの世話をしてくれます
(他1回が私のグループのボランティアの義務)。
そしてなんと・・・

このケージの猫たちの砂をショップが、エサは日本にも
あるピュリナが支給するんだそうです。しかも、ここから
譲渡があると、1匹につき10ドルの支援金がショップ
から支給されるそうです。このお金は、全部保護猫たち
の去勢代と医療費になります。
ショップも企業もすごい太っ腹ですね
今回の入居で初めて知って、私びっくりしました。

11031137_906801049371036_4543468488438976343_n.jpg
猫舎内で譲渡が決まった瞬間(右が預かりボラさん)

なぜショップや企業がこのような形で保護活動を支援
するかというと、動物愛護の精神だけでなく、ここでの
譲渡が彼らにも利益をもたらすからだと思います。
いわば、ギブ&テイクの関係でしょうね。

まずここでうちから譲渡が決まった人は、ショップに
登録され、このお店で使えるクーポン冊子をもらいます。
1~10ドルの、エサ、砂、おもちゃ、グルーミングなど
色んな商品に使えるので、それを使うためにお客さん
が戻ってきます。またここで猫を貰って帰る人たちが、
キャリーを買ったり、必要なエサや砂、ベッドをしこたま
買って帰るので、お店にとっても利益があるんですね。
ピュリナについては譲渡が決まった猫の飼い主に同社
の製品1袋無料のお試しクーポンが渡されるそうです。


1965004_906801036037704_1695373425511504471_n.jpg
今日からあなたは私の家族よ、と話しかけているんでしょうか。

日本のペットショップ業界も、今後は店頭販売を禁止し、
レスキュー活動の支援に傾いていく方向に向かって
くれたらと願っています。
追記(3月21日):
日本での保護動物をペットショップで譲渡する試み
に関する記事↓をリンクします。
ペットショップは動物を売らない?



ランキングのバナーを押して応援して頂けると嬉しいです!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村

[edit]

CM: 4
TB: --

page top

不思議なかたちで夢が叶う 

2015/03/01
Sun. 21:46

あらためて、大変ご無沙汰しました
しばしの間料理ブログに時間をさかせて
頂きありがとうございます。実は最後に
ボラ日記をここで書いて以来、猫活に
おいても色んなことがあったんです。

まずは、このフェリックス君(こちら)の報告から。
ちゃんとペットになれそうになく、納屋猫
(農家の納屋でネズミ退治に雇われるかわり
にご飯と寝床が支給される就職猫 笑)
候補になった彼でしたが、無事に「家外を
自由に行き来できる」お宅が、ペットとして
彼を迎えてくれました。

さて・・・・・
お留守の間に起こった最大のニュースを
先に報告しますね。アメリカでは、大手の
ペットショップに里親探しの保護猫の常設
ケージがあるところが多いんですが、このたび
私がボラしてるグループKAに2社の大手
ペットショップからお誘いがあり、それぞれの
猫舎にうちがテナントとして入ることになりました

なぜうちのグループに声がかかったかと
いうと、それまで入っていた地元の大きな
アニマルシェルターが、ケージに入れる
猫を確保できなくなったからだそうです。
どういうことかというと、
これは、私の憶測ですが、シェルターに持ち
込まれる猫や、レスキューされる猫が減った
という事じゃないかと思います。

そこでペットショップでの猫舎のお世話を
するボラがうちのグループ内でまず募集
があったので、早速立候補し、私が水曜日
を担当することになりました~

IMG_4272 - Copy
ボラ初日のセルフィー(笑)

IMG_4273.jpg
ケージから出してあげるとすぐに寄ってきた子

ここで働く人は、譲渡手続きもしないといけない
んですが、それは私にはまだ難しすぎるので
免除してもらいました
だって譲渡する人の申込書を見て判断したり
なんて、私にはまだまだ無理(汗)

Jack.jpg

私のお仕事は、ケージの掃除をして、猫たちと
遊んで、宣伝用の写真撮ったり、いたって簡単

Snowflake.jpg

しかし常設ケージにいるだけで、この1週間で
あっという間に3匹の子たちがもらわれて
行きました。これでもっと多くの猫が救えると
メンバー達も喜んでいます。

さて、今日のタイトルの意味を説明しますね。
実は、私は1年前の冬・・2013年の12月の事、
ここのペットショップのシェルターでボラがしたくて
雇ってもらえるか聞きに行ったんです。その当時
入ってたシェルターは地元でも一番大きいの
ですが、その時はポジションの空きがないと
いうことで断られました。その時に、預かりボラ
をしてみたら?と紹介されたのが、今のKAだった
んです。

じゃ下積みにそこから初めて、慣れたらこの
シェルターでボラしよう、なんて思ったんです。
そして1年後、まさかあのシェルターが出て行って、
KAがかわりに猫舎に入るとは

こんな形で希望がかなうとは、1年前の自分には
想像もつきませんでした。不思議ですねぇ・・・

次回は、なぜアメリカのペットショップが、どういう
形でレスキュー団体を支援し、譲渡活動に
協力するのか、私自身びっくり感動した部分が
あるので、それをご紹介しようと思います。

ランキングのバナーを押して応援して頂けると嬉しいです!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村

[edit]

CM: 2
TB: --

page top

罪のないイタズラ 

2015/02/27
Fri. 13:43

1385028_662289270592998_8823776549022866216_n.jpg

1797322_662289287259663_8377792123606785782_n.jpg

11025752_662289297259662_2405552980170056512_n.jpg
画像はArchitecture&DesignさんのFBより


すみません、久々にブログったと思ったら
こんなふざけたログで(^▽^;)
あまりにウケたもんで・・・・・
うちの子でやってみようと思います(笑)

次は、まじめなログ書きますね!
ランキングのバナーを押して応援して頂けると嬉しいです!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村

[edit]

CM: 6
TB: --

page top

もうしばらくお休み・・ 

2015/02/05
Thu. 16:19

しばらく、ぱったりとこのブログ放置してしまって
すみません(汗)その間も見に来て下さってる方
どうも有難うございます

実は先月から(ほぼ持病)また重度の肩コリ、首
の痛みで睡眠不足が続いてたんですが、左下の
奥の親知らずまでがひどく痛み出して、今週
水曜日にやっと抜歯しました。

絶不調~続きの中、ネットを使える時間は全部
料理ブログの方に費やしていたので、相変わらず
猫活動の方は色々と問題も起こってネタはあった
ものの、しばらく体調が完全に戻るまではブログ
は料理の方だけ続けていきます。
取り急ぎ、報告まで

見たよ、のつもりで押して下さい
ランキングのバナーを押して応援して頂けると嬉しいです!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村

[edit]

CM: 2
TB: --

page top

日本人らしくしててもダメ 

2015/01/12
Mon. 10:25

アメリカの人は、ほとんどが自分の意見をはっきりと
言います。それは性格がおとなしいとか内向的かに
関係ないようですね。

まず相手に気を遣うのが当たり前の国で育ち、
言いにくいことは「表現を当たり障りないように」
変えて伝える事に慣れてる私には、アメリカ人
との付き合いが非常にやりにくい事があります。

この日記の最後でちらっとだけ紹介した茶トラ
のフェリックス。ボラ仲間の一人、エルさんが
自分とこから私にまわした子なんですが、うちに
連れてきてみて分かったのは

IMG_3725.jpg

「身の危険」(と、フェリックスが思ってしまう)を
感じると、めっちゃ

凶暴になるんです ( ̄□ ̄;)

撫でようとした時に静電気を感じて、ガブーッ
読んでる新聞の上に乗ったので、新聞を取ったら
強烈パンチ
爪、切らせてくれるかな?と思って触ったら、ガブーッ

もう、血だらけよ
ちゅうか、こんな子だって、最初に教えてよエルさん
以前勝気な猫パンチっ子のサシ―ちゃんもエルさん
が私にまわした猫でした。
と、思ったんですが・・・・・

まてよ、なんで扱いにくい子を私にまわすのだ?
私がグループの中で唯一のマイナー人種で
(私以外は、全員白人女性です)
いつも遠慮してるように見えたから
バカにしてるんだろうか。
とか考えて、悲しくなったりもしました。

フェリックスはエルさんによると、おそらく人に
捨てられ、森の中で暮らしていた子。
コヨーテなどから身を守る為、保護されるまでに
身を守るすべを身につけてしまったのでしょう。
私には、彼を短期間で譲渡にふさわしい猫に訓練
する自信がないので、結局エルさんに戻しました。



Felix 2
人には愛されたいフェリックスですが主人の手も噛みました。
一体どうやって譲渡にふさわしい子にしてやれるか。


なんか我が家に寄生虫だの、凶暴だの、問題
ある子がよく来るんですよね。
最近グループのFB担当のジェニー(仮名)と話をする
機会があったので、それとなくエルさんの話をふってみると・・・

「あ~、彼女ね。
以前、引き取ってほしいというから子猫をまわして
もらったら、野良猫だったことがあったわよ
グループでは、生まれた時から外にいて野性化した
野良猫は、去勢して安全な場所にリリースするので、
譲渡の対象にはしません。ペットとして訓練する
時間も、スペースも、金銭余裕もないからです。

そっか、私が、いじめにあってた訳でもなかった
のかと、ほっとしたんですが。

ジェニーが私にいい事を言いました。

「たとえ相手に失礼だと思っても、(この国では)
はっきりと聞くのが大事よ。
だから私は頼まれたら、とことん質問するの。
相手に遠慮しないリスクを買う方が、他人に
あの人はどう?と聞いて得るリスクよりも
よっぽどマシよ
(だからケンカを恐れず、エルさんに堂々と
直接聞きなさい、ということ)


確かにね~。でも
あなたが私にまわしたい猫、寄生虫はないわよね?
ちゃんと譲渡できる子なの?
なんて、本人には超~~~~聞きにくいですよ。
特にエルさんはニコリともしない無愛想な人だし・・・
それでも、言いたい事は、はっきり言わないと
自分が損するわよ、と言うジェニー。

意見が食い違いケンカしてもまたあっさりと
付き合いが続く、アメリカ人だち。
良くも悪くも、
私にとって、ボラ活動そのものよりも
アメリカ人と接する事が難しい日々は
もうしばらく続きそうです。


ランキングのバナーを押して応援して頂けると嬉しいです!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村

[edit]

CM: 11
TB: --

page top

犬を踏み台にする政治家のFB炎上 

2015/01/04
Sun. 17:03

追記:The weekというアメリカの週刊誌にも
この一件が掲載されましたが、それによると
なんとこの犬は坊やのサービス・ドッグ(介護犬)
として飼われているそうです。
犬が動かないならいいじゃないかといったFB
の多数のコメントが、またさらに残念になりました。


日本では、数年前に大統領選の際に有名
になったサラ・ぺリンというアメリカの共和党
政治家。覚えてる人いますか?

何かとおバカで傲慢な発言等でお騒がせ
する人ですが、今度はこんな写真を自身の
フェイスブックに掲載したことで、物議を
かもし出してしまいました。


10906533_10152984575808588_4085646624293598803_n.jpg 10904413_10152984575863588_4940457743799636064_o.jpg

自分の息子が流しに届かないので
飼い犬を寝かせ

そこに横たわっていた犬にのって
↑ちょっと勘違いがありました、誤訳お詫びします
後片付けを手伝ってくれた

10900246_10152984575838588_3607892519249206294_o.jpg

最後は、得意顔の息子のショット。
このあどけない子供に罪はありません。

しかしこれを見た私の第一印象は、
この年齢の子供じゃ、

重すぎるだろ

この犬の背骨にかなりの重圧がかかってる
のが容易に分かります。
これが彼女の元旦のフェイスブックに載ると
あっという間に2万を超えるコメントが殺到
しました。ほとんどは、愛犬家ならびに常識
ある人達(民主党が多数?)の批判のよう
です。

しかしながら、この子供がダウン症である
ことから、いいじゃないか、この子にも同情
しろと言った声もあります。
子供の障害と、動物への配慮は、別問題
と私は感じましたが。。。。

これに対し、サラ嬢の回答がこちら。

サラ・ぺリンのフェイスブックに非難殺到

まあ、そうカッカしなさんな、PETA(動物愛護団体)よ。
息子はなにも犬を喰ったわけじゃないのよ。
それじゃ、エレン(この人、動物愛護家でビーガン)
のこの写真はどうなの?
↑リンク先の、赤ちゃんのような女の子が犬
の背に載った写真のこと。

と、反撃しています。

人の感じ方はそれぞれですが、「基準」がこうも
違うと、恐ろしささえ感じます。
このお方が息子に毎日これをさせたとなると、
いつ犬の背中に歪みが生じるか心配ですね。

この写真を見て不快感を感じた方は拍手
ボタンでお知らせ下さい。

ランキングのバナーを押して応援して頂けると嬉しいです!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村

[edit]

CM: 15
TB: --

page top

出会いと別れ 

2014/12/30
Tue. 12:54

日本から戻ったらまた預って譲渡される日
まで一緒に暮らすのを私が楽しみにしていた
アンガスちゃん(前回のあらすじはこちら

あれからアンガスが感染したシイさん宅から
一緒にきたロミオとアンガスを一体誰が
面倒看るのかとすったもんだがあり、結局
シイさんが隔離部屋スペースを作る事で
2匹はシイさん宅へ戻っていきました。

Romeo.jpg
アンガスと一緒にきたロミオ

しかも、アンガス達を戻した日は、夫婦で休日
を外で過ごし、ランチの後に買い物へ行く途中
のこと。
いきなりジェイさんから「今から2匹をペット
ショップへ連れてきて!」と電話があり、

相変わらず強引だな

夫と二人でバッタバタ自宅に戻り
2匹を連れだす準備したんですよ。
もうじっくりお別れをする時間もなく、

IMG_3587.jpg

アンガスを抱きしめて「さよなら」を
告げる私を夫が写真に撮ってくれました。
しかもこの日はサプライズが・・・・
なんとアンガスに里親希望者が
現われたんです。

これで、感染症が治ったらアンガスを
引き取ろうかどうしようか考えて考えて、
未練たらたらだった私の迷いが完全に
断ちきれました。

それから3週間くらいして、完治した
アンガスを引き取ってくれたのは
若い男性。
Angus and adopter

どうも、独身の一人暮らし男性に猫を
譲るのは警戒心がある私ですが、この方
は私たちの厳しい「審査」にパスし、なんと
アンガスの腹子の兄弟2匹も一緒に引き
取ってくれたんです。
私も実際にこの男性に会いましたが、
猫用具をしこたま買っていって、優し
そうな人でしたよ。これからアンガスが
兄弟たちと暮らしていくと思うと私も
幸せです・・・・


IMG_2807.jpg IMG_2938.jpg
生後3カ月でやってきたアンガス
IMG_2951.jpg IMG_3187.jpg

あんなにベビーフェイスだった子が
こんな立派な少年になりました。

10866019_10205476407778280_5004608588781696741_o.jpg
シイさん宅はフォトスタジオを経営

サミーちゃん(私だけが呼ぶ名)
君と暮らした3カ月、ママは生涯忘れないよ。。
毎日写真を見ては泣いてる私

さて
めそめそしている間もなく、実は
この2週間ほどの間に、

Sunset Slim (2) Paradise Pete (2)

このオレンジ(茶トラ)のスリムとキジ寅のピート
がやってきて、わずか10日の滞在で譲渡され

Shasta.jpg IMG_3725.jpg

その後にきたのがこのロン毛三毛猫のシャスタ
と、茶トラのフェリックス。
シャスタちゃんもわずか4日の滞在で譲渡、
今我が家にいるのはこのフェリックスだけ。

フェリックスもFacebookに早速問い合わせ
が来たのですが、どうなることやら。
と、年末は大忙しで締めくくる私です。
来年はボランティアの幅を広げるチャンス
もあって、さらに充実した猫活ができる
のではと予想してます

今年ブログを見て下さった皆さま、どうも
有難うございました。
よいお年を



ランキングのバナーを押して応援して頂けると嬉しいです!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村

[edit]

CM: 4
TB: --

page top

クリスマスツリーに登る飼い猫を・・・ 

2014/12/15
Mon. 21:37

今年もクリスマスツリーを出しました!
ただ出すだけなら、うちの子達はたいして
興味を持たないのですが、ガラス玉を
ぶらさげると、とたんに。。。。


IMG_3601.jpg

いくつになっても子猫のままのような小奴が、
かならずといっていいほどツリーに登って
ガラス玉を取ろうとするのです。


IMG_3610.jpg

おかげで朝起きると、いくつかのガラス玉が床に
落ちているわ、ツリーはゆがむわで、ほとほと
困っておるのですわ

そこでレスキュー仲間のエムさんにどうしたら
いいか相談すると


ケージに入れてしまえ


と言うのです。
続きを読む

[edit]

CM: 6
TB: --

page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。