アメリカのペット事情~NY発信

アメリカNY州で猫と暮らす主婦が見たアメリカのペット事情色々を報告

スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

CM: --
TB: --

page top

ペットの最後を看取る時 

2014/02/23
Sun. 20:03

今日は昨日の譲渡会の様子などを書こうと思っていたんですが、事件が起きてしまった
のでそれを記録させて下さい。

以前世界一幸せな猫というタイトルで夫の両親(今は義母のみ)が飼っている長寿猫
の事を書きました。今月私情で家をしばらく空けている義母にかわり、毎週末観葉植物
の水やりのため、彼女の家に行って来たんです。


ベッドのなかにいるクローバーを見てびっくりしました。
1週間前はまだ大丈夫に見えた彼女が、すっかり骨と筋に痩せこけて、お腹もぐっと
へこんでいたのです。ペットシッターさんは、おそらく仕事を終えたら全ての猫の状態
をくわしく見ずに家を出たのかもしれません。昔実家で飼っていた2匹の犬を老衰で
失くした経験から、私はクローバーの最後がそこまできていることを察しました。


義母に電話をし、クローバーが一人ぼっちで死なないように私達が家に連れていく事を
伝えると、義母は明日(24日)の朝、獣医さんを呼んでうちで診てもらうように頼んだ
のです。私は獣医さんがきたところで治せるものでもないし、来てもらっても仕方ないと思い
ましたが、持って帰るクローバーのベッドなどを用意してキッチンへ行くと・・・


主人がカップ1杯しか(クローバー専用の)ミルクを入れてないのです。私が、これじゃ
数日分もたないわよ、というと・・・
「君は何を言ってるんだ。明日獣医さんが来てクローバーを逝かせてあげるんだよ」
というのです。
私は、まさか!と思って、なぜ自然死させないのかと、声を荒げて言いました。
アメリカ人が病気や臨終のペットについて日本人とは違う死生観を持っている事は以前
こちらの記事に書きましたが、あと少しで命の灯が消えようとしている猫の体
になぜ針をささなければいけないのか、私には納得がいきません。
この後、
「君たち日本人は、動物を苦しめてまで生かせておきたいのか。それはエゴだ!」
「じゃ、人間はどうなの?老衰であと少しで死にそうな老人を安楽死させている?」
と、個人のけんかではなく、まるで日米国際摩擦問題にでもなりそうな大喧嘩にまで
発展してしまいました。


私が絶対にクローバーを殺したくないと泣きわめいたので、夫が義母に電話しました。
そこで、ここはMischaの意志を尊重しましょう。でも獣医が安楽死を勧めるならば、
それに従った方がいいと思う、という話で決着しました。


クローバーは、もう立ちあがってもすぐに寝転んでしまいます。
もうフードも水も口にしません。
あと少しなんですよ。。。きっと、そこまでお迎えの天使が来てるはず。
どうしても、彼女の腕に針を刺したくない。。


そう思うのは、私のエゴなのか?
明日、獣医さんを呼びます。
どうかクローバーが自然に虹の橋を渡る事ができるように、皆さん祈って下さい。


にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村

関連記事

[edit]

CM: 6
TB: --

page top

コメント

祈らせていただきます。

nao #- | URL | 2014/02/23 21:11 * edit *

私はLAに住んで24年になります。
私も最初アメリカ人の死生観にびっくりしました。 いつも散歩して通る家の老犬が
(ヨボヨボですが歩き回っていたのが昨日のことでした。)今日は居ないので
「あら?今日は居ないね。」と聞いたら「彼女は昨日安楽死させたよ。」ですって!
え~!! だって、寝たきりではなく歩いていたのよ! 
自分の思うような行動がとれなくなったらかわいそうだから安楽死だそうです。
私は2年前に愛犬を亡くしました。 目が見えなくなって1年半。 痴呆になって
1年弱。 最後はグルグル回ってウンチも出ちゃうし、おやつを出す手は噛むし。。。
それでも最後まで看とりました。 最後は老衰ですね。
私も:安楽死:を考えました、、が、やはり出来ませんでした。
アメリカ人だったらずっと前に安楽死を選択していたことでしょう。 やはり文化の違い、死生観の違いでしょうか。 生きながらえさせるほうが、かえってかわいそうだそうです。

Mieko Akima #- | URL | 2014/02/24 03:34 * edit *

naoさん
どうもありがとう。
私の願いが叶いそうです。

Mischa #vK9fbjOE | URL | 2014/02/24 10:42 * edit *

Miekoさん
コメントどうも有り難うございます。LAでも似たような事があるんですね。
Ca州でシェルター勤務されてる方のブログにも、老犬を安楽死させたい
と持ち込んだ人のお話が載っていました。まだ普通に生きてるのに!
ある意味、獣医さんに連れていって自分でお金を払って安楽死を頼むのは、
日本の保健所に持ち込んで他人に殺させたり、米国でシェルターに責任を押し
つけたりするのよりは、はるかにマシかもしれません。でも、私の周りでも、
ペットが病気になったり、ひどく老いると、病院に連れていったその場で安楽死
を決めてしまう人たちがいて、その決断の速さにあきれると言うか、もう
びっくりしてしまいます。
こっちの人は、充実したライフが送れなくなったら死んだほうがいいと、よく
言いますよね。考え方の違いを感じますよ。

Miekoさんは2年半も愛犬の介護をなさったんですね。。。
素晴らしい・・・誰にでもできることじゃないと思います。

Mischa #vK9fbjOE | URL | 2014/02/24 10:51 * edit *

前にも書かれていましたよね
死に対してドライというのか?
ドライとはちょっと違うのかな?
日本とかなり違うのは理解してきましたが・・・・
でも心が痛くて・・・

茶チャママ #Wb6Olee. | URL | 2014/02/24 15:55 * edit *

茶チャママさん
クローバー、まだ頑張ってますよ^^
アメリカと日本の死生観の違いはとても一言で説明できないものが
あります。。。でも今は夫婦で交代でクローバーの様子看てます。

彼女が寝てる間にいつのまにか魂が抜けてた・・・そんな別れ方を
してくれたら、夫も義母も十分私の気持ちを理解してくれると
思ってるんですよ。茶チャママさんも見守ってて下さいね。

Mischa #vK9fbjOE | URL | 2014/02/24 19:30 * edit *

page top

コメントの投稿

Secret

page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。