アメリカのペット事情~NY発信

アメリカNY州で猫と暮らす主婦が見たアメリカのペット事情色々を報告

スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

CM: --
TB: --

page top

防弾チョッキを着けて仕事する警察犬 

2014/02/20
Thu. 13:47

これ・・・
どう思いますか?


dog vest



dog police



これ、アメリカのグル―ポンが売りに出してる警察犬用の防弾チョッキです。
10ドルで購入すると、警察へ贈与されます(つまりこれは一般人の寄付)。
すでに5000枚が売れてました。

アメリカ人にとって、寄付やボランティアは名誉あることなので、こういったものに飛びつく
愛犬家やふところの大きな人は少なくないでしょう。これは動物愛護の観点からこの
チョッキが考案されたと書いてあります。


・・・っていうか・・・
銃弾を浴びるかもしれないような危険な任務に犬を連れていってほしくないんですが
これ、お尻とか頭に弾があたったら、犬は即死ですよ。心臓をまず守るという人間用
と同じじゃ意味がないと思うんだけど・・・・。
ちなみに、毎年銃による大量無差別殺人の事件が流行るように増えているアメリカ。
日本人は、「銃を持っている人が誰もいなければ、そんな事件は起こらないんじゃないの?」
と普通に考えると思います。しかしアメリカでは、


銃から家族や自分を守るには、

自分も銃を持つしかない。



と考えるアメリカ人の方が、「銃を捨てれば銃問題はなくなる」という考えのアメリカ人を
はるかに上回っているようです。(銃を常に持っていても、背後から撃たれたら意味ない
と思うけどな・・・・( ̄~ ̄;))その事が銃規制の実現をより難しくしています。
銃を捨てたくない人間同士がドンパチするのに、犬を巻き込むのはやめてほしい。


にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村
犬をもっと大事にしたいものです。
関連記事

[edit]

CM: 0
TB: --

page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。