アメリカのペット事情~NY発信

アメリカNY州で猫と暮らす主婦が見たアメリカのペット事情色々を報告

スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

CM: --
TB: --

page top

アメリカで動物虐待は重罪です! 

2012/05/15
Tue. 18:02

うちの近所で猫に関するちょっとした事件があったのですが、ローカル新聞に
書類送検された「犯人」達の顔写真が載ったので、今日はアメリカでのペット・
動物犯罪に対する取り扱いの一部をご紹介します。

以前、キャット・ホーダーのお話をしました。こちら
それにちょっと似てるお話なのですが、今回驚くべきことは、136匹の猫(うち
2匹は遺体で発見)をモバイルホームで飼っていた(実際は閉じ込めていた)一家
が「逮捕」され、なんと彼らの顔写真と居住地も新聞に掲載されたことです。
日本でも異常な数の犬や猫を多頭飼いし、ニュースになることはありますが、逮捕
されて一般の犯罪と同じ扱いで報道されることは滅多にないと思います。
ちなみにモバイルホームとは、車と簡易住居(小さなベッドとトイレ、グレードにより
キッチンやソファも付いている)が一体化した移動式住居のことで、キャンプや
遠距離のロードトリップなどの使用のほか、住居として使用している人もいます。

iwud_auto_d.jpg

以下、記事よりポイントのみ抜粋。
衛生上問題がある汚いモバイルホームの中に136匹の猫を飼っていた一家が、動物
虐待と飼育違反の疑いで逮捕された。以下、「犯人」の名前と年齢、居住区の公表。

州警察によると今のところ「バスターズ法」(動物虐待に関する法律)に値する証拠が
ないため、動物法の軽犯罪A級として地方弁護士により書類がファイルされている。
モバイルホームの捜査により生きた134匹の猫と遺体で発見された2匹の猫が
引き取られ、地域のアニマルシェルターへと引き渡された。
シェルターによると、134匹のうち19匹は回復の見込みがない病気のため安楽死処分
されるという。残りの猫については洗浄後、去勢し、ワクチンの接種とノミ駆除をおこなった
上で里親探しの準備に入るそうだ。今現在ですでに8匹は里親が見つかり、67匹の猫は
預かりボランティアたちが面倒を見ることになっている。

事が発覚した発端は、この一家が1匹の子猫の治療のため動物病院へ連れて行った
時のこと。病院で死んだ子猫の病状が普通ではなかったため、獣医が警察へ通報した
ため調査が入った。モバイルホームはとても人間が住める状態ではなく、また数匹の猫
はさらにその中でケージに入れられていた。


この一家は今後猫に十分な餌を与えていなかった事、またワクチンの接種を怠っていた
ことなど多くの違反に問われるそうです。すごく厳しい処分ですね。私にはなんとなく、
そこまで悪意のある人たちには感じないんです。きっとノラ猫を可哀そうに思って数匹
確保したものの経済的に面倒を見きれないうちに136匹にも増えた、という感じでしょうか。

アメリカにも、日本の「警察24時」みたいに、延々警察官が市民を麻薬や暴行など色んな
罪で逮捕する様子を放送する番組があるんですが、逮捕者の顔はすべてそのまま放送
されています。日本では完全モザイクとなって犯罪者の「人権」がとても守られていますね。
上記のニュース内にペットや動物を虐待して殺したりするのはアメリカでは重罪と説明
されていますので、当然、日本でも起っているような、猫や犬など投げたり刺したりして
殺す事を楽しむような人間が逮捕されると、実名報道され実刑が下されます。

動物を殺す事に快感を覚え面白がるような異常者は、被害者が動物であってもアメリカ
のように、日本でも実名公表するべきと思います。次はいつ人が犠牲にならないとも
限りませんよね。動物愛護に関する日本の法律の改善、犯罪者の人権を守る事ばかりを
重要視する風潮の改善を願ってやみません。

関連記事

[edit]

CM: 2
TB: 0

page top

コメント

No title

今身近で虐待を受けた猫を保護したことで、改めて読み返していたんですが、この例のような多頭飼育崩壊は日本でもすごく多い。現に私も今、一件町役場から相談を受けているんですが・・・不適正な飼育の飼い主が罰せられることは無い。猫を減らす、猫を手放す・・・そんな選択肢しかなく、猫に付けが回ってくる。
多頭崩壊を引き取るシェルターも無いため、結局愛護団体が無理して(キャパ越えして)引き受けたり、それも出来ないと処分で一件落着・・・という事が多く、このようにすべてシェルターに収容して不妊手術をして新しい飼い主へ・・・というシステムが出来上がっていることは本当にうらやましい限りです。

TAMA #KtOtvm9U | URL | 2012/08/29 22:50 * edit *

No title

TAMAさん

そうですよね。私も2008年に日本を出るまで猫の預かりボラだけ少しやって(アパートがペット禁止だったもので公には出来ず・・)地域猫活動の様子は先輩からよく聞いてましたが、今でも捨て猫、こうした多頭飼いによる放棄の現状は改善されてないようですね。。犬猫の命がとても軽く扱われている現実が残念でなりません。
ところで、なぜアメリカではシェルターの運営能力が大きいのかは、次回の記事で説明する予定です。海外の動物愛護のシステムをもっと日本に紹介し人々の共感を得る方法があるとよいのですが。。。

ミャオーン #vK9fbjOE | URL | 2012/09/02 20:48 * edit *

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://mischarl.blog.fc2.com/tb.php/7-87b95112
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。