アメリカのペット事情~NY発信

アメリカNY州で猫と暮らす主婦が見たアメリカのペット事情色々を報告

スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

CM: --
TB: --

page top

あなたの犬や猫はどこから来ているのか。 

2013/11/29
Fri. 12:40

アメリカで商売の為の犬の繁殖に反対している人のフェイスブックからの話題です。
年末の楽しい時期に水をさすような話ですみませんが、私のブログは動物への敬意をもっと
多くの人に払ってもらう事を前提に作っているので、目をそらさずにこの写真を見て下さい。




1470354_545696445508983_1499120850_n.jpg



犬のブリーダーで、売れ残った子達の末路と思われる写真です。
あるいはシェルターか。。。
どうみても、シェパードやハスキーなどの血統つきのようにみえます。。。


I Hate Dog Breeders(犬の繁殖屋が大嫌いだ)さんのフェイスブックからの写真と引用。



"RESPONSIBLE BREEDERS"

Many people know to avoid puppy mills and "backyard" breeders. But many kind individuals fall prey to the picket-fence appeal of so-called "responsible" breeders and fail to recognize that no matter how kindly a breeder treats his or her animals, as long as dogs and cats are dying in animal shelters and pounds because of a lack of homes, no breeding can be considered "responsible."

All breeders fuel the animal overpopulation crisis, and every time someone purchases a puppy or a kitten instead of adopting from an animal shelter, homeless animals lose their chance of finding a home—and will be euthanized. Many breeders don't require every puppy or kitten to be spayed or neutered prior to purchase, so the animals they sell can soon have litters of their own, creating even more animals to fill homes that could have gone to animals from shelters—or who will end up in animal shelters or so-called "no-kill" animal warehouses themselves.

Simply put, for every puppy or kitten who is deliberately produced by any breeder, an animal in an animal shelter dies. Producing animals for sale is a greedy and callous business in a world in which there is a critical and chronic shortage of good homes for dogs, cats, and other animals, and the only "responsible breeders" are those who, upon learning about how they contribute to the overpopulation crisis, spay or neuter their animals and get out of the business altogether.


長くて、ちょっと訳しづらい個所もあるので要約だけにしますが、
多くの人がパピーミル(仔犬生産工場)や、いわゆる裏繁殖業は避けようと思っている。
しかし、いわゆる「責任ある繁殖家」だと表向きはうたっている業者でも、繁殖業が存在
する限り、シェルターの犬猫たちの行き場を失わせ、繁殖しすぎた犬猫たちを殺すことに
加担しているにすぎない。そして全ての繁殖された犬猫たちが売れているわけでもない。
要は、産まされても行き場がない犬猫は、必ず死んでいる。
といったことを、訴えています。


私の実家でも、初代の犬だけは、ブリーダーからきました。ポメラニアンだったから、その
犬種を保健所で探すのは、当時(昭和50年代)はまだ難しかったです。
だから私はペットショップやブリーダーから買う人を、批判しないし、できません。しかし今は、
保健所へ行けば、ポメラニアンもシーズーもミニチュアダックスもあるいはプードルも見つける
ことができるでしょう。


誰かがペットショップやブリーダーから買わなければ、そこにいる子達も結局殺される。
しかし、買う人がいる限り、繁殖商売が絶える事はない。
そして多くの過剰繁殖されて売れ残った犬猫たちが殺され、シェルターにいる子たちも、
殺され続けてく。


この、永久に続く悪循環を止められるのは、私達人間しかいません。
どうか、犬猫がほしい人が、一番に保健所やシェルター、里親募集広告を見ますように。


にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村
リンクフリーです。どうぞ宜しくお願いします。

関連記事

[edit]

CM: 9
TB: --

page top

コメント

No title

これは酷いですね。
生き物というより「物」としてしか見ていない。
こういうことをする人達は、家畜だって同じだ、
みたいな言い訳をするんでしょうね。
全ての繁殖業者がそうではないことを祈ります・・。

yoyo #- | URL | 2013/11/30 18:57 * edit *

No title

Yoyoさん
でしょ・・・。なんかねぇ・・これじゃゴミと同じですよね。
最近、自分とは同じように感じない人がこんな風に多いとストレスを感じて
しまうんですよね。世の中楽しい事だけ見て生きていればいいんでしょうが。
うちの子達が可愛くてたまらないように、他の犬や猫達も可愛い。
産まされて来る子達みんなに、幸せになってほしいのに、なぜそれが難しいのか
と思わずにいられません。

Mischa #vK9fbjOE | URL | 2013/11/30 20:38 * edit *

No title

つらくてなかなかコメントが出来ませんでした・・・
話には聞いていたのですが・・・
大切な命を物として扱うのに憤りを越えてしまって
ブリダーやショップの人たち全員ではないと願いたいです
あるブリーダはダルメシアンなどは白い子は生き埋めにしてしまうと聞きました
人間のエゴでこんな悲惨なことが横行しているのをもっと知ってほしいです

茶チャママ #Wb6Olee. | URL | 2013/11/30 23:47 * edit *

No title

茶チャママさん
いきなり眼にとまるとこに悲惨な写真貼ってごめんなさい。
でもアメリカに来てこのブログを始めて以来、色んなサイトを調べるようになってから、
普段知らずにいた動物たちのあらゆる犠牲について知るようになりました。
ネットが人に与える影響は大きいです。影響されて動物愛護に関心を持つようになる
人の数も、たとえゆっくりでも、確実に増えていっている事を実感しています。
その結果、日本でも、熊本や先日の福岡のように、保健所のやり方も少しづつ改良
されてきてますね。少しでも犠牲になる子達が減っていく事を願って、今後も暗い
話を載せていきますが、茶チャママさんのブログに関連できるものがあったらどうぞ
ご利用ください。

Mischa #vK9fbjOE | URL | 2013/12/01 11:12 * edit *

No title

はじめまして。

いつも読ませて頂いています。
事後になってしまい申し訳ありませんが、こちらの記事、転載させて頂きました。
私自身、数年前まで知らずにいて、とてもショックでした。
もっと広く知ってもらって、日本でもいつか、せめてショップでの展示販売が禁止になって欲しいです。
「かわいい!」ばっかりで、動物の権利がなかなか認識されない日本ですが、みんなが知れば、きっと変われるはず。
時々、私がおかしいのか!?、と思うこともありますが、諦めずにやっていこうと思います。

ブログもリンクさせて頂きました。
猫ちゃんたちのこと、アメリカや外国の情報も、これからも楽しみにしています。

shoester #- | URL | 2013/12/07 06:29 * edit *

No title

ひどい現実があるのですね・・・。
アメリカでもこのような事があるのなら、日本はもっとひどいのでは・・・?と、苦しく思います。

うちのコは・・・ペットショップで買ったコです。
正直、この子を迎えるまでは里親を待ってるコや、地域猫などのことも全く知りませんでした。
知人から引き取ろうとした白猫ちゃんが他所に縁ができてがっかりしていたところで出会ったのが、売れ残ってお店に居たうちのコでした。

猫親になってから初めて色んな事を調べるようにもなりました。
「誰かが買わなければどうなるの?」とか「繁殖用に耐え難い環境に置かれるのでは?」と、売れ残っているコを買って助けてあげなきゃ?と思った事もありました。
我家は夫婦共働きで2匹目は簡単には迎えられませんが、次迎える時は
家族を求めてるコにしようと思ってます。

長くなってすみません。

chomo #- | URL | 2013/12/07 11:04 * edit *

No title

shoesterさん
リンクどうも有り難うございました!一人でも共感して頂ける方が増えていくと、私がこのブログを続ける励みになります!!。ただアクセス数の結果を見るだけでは、人がどう思っているのか、私にはさっぱり分からないんです。
ブログ拝見し、イギリスの翻訳者の方のブログもここにブックマークしました。
ペットショップのショーケースにいる仔犬、子猫たちを見て、可愛いほしいとだけ思う人達に、その裏で一体何が起こっているのかを知ってもらうには、こうして同感する人達の数を増やして情報を広げていくしかないと思ってます。
最近ネットでの訴えでも、世の中を少しづつ変えていくことが出来るのを実感してきて、諦めずにがんばろうーと思っているところなんです。
「私はおかしいのか?」なんてことないですよ。私達が、まともなんです。
どうぞ今後とも宜しくお願い致しますね。

Mischa #vK9fbjOE | URL | 2013/12/07 12:09 * edit *

No title

chomoさん
コメントどうも有り難うございます!
おっしゃるとおり、ペット屋にいる子も、すでに生まれてしまっていて、シェルターにいる子達と立場は同じなんですよね。。誰かが買わなければ、業者は処分していると思います。。一体どこで殺しているのか?日本の警察が検挙してくれないと、真実は闇のまま。ペット屋ボイコット、不買運動を起こしても、法律が生体販売そのものを禁止してくれないと、この悪循環は止まりません。ジレンマですよ。

私自身、地域猫活動家の方々と知り合いになってから、ペット産業、シェルターの裏事情を知るようになりました。もっと多くの人に現実を知ってほしいと願ってます。
少しでもChomoさんのように感じてくれる人たちが増えるように、頑張ります。

Mischa #vK9fbjOE | URL | 2013/12/07 12:19 * edit *

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

# |  | 2016/11/24 01:42 * edit *

page top

コメントの投稿

Secret

page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。