アメリカのペット事情~NY発信

アメリカNY州で猫と暮らす主婦が見たアメリカのペット事情色々を報告

スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

CM: --
TB: --

page top

殺処分ゼロを目指して@福岡 

2013/11/06
Wed. 10:46

いつもはアメリカからニュースをお届けしてますが、今日はフェイスブックで嬉しい日本
のニュースをゲットしたのでそれを報告します♪
情報ソースはこちらへ。そのまま私のブログにも貼ります。

福岡市長

犬猫殺処分:「ゼロ宣言」へ 飼い主説得強化 福岡市

福岡市の高島宗一郎市長は11月4日、犬や猫の殺処分数ゼロを目指す「ゼロへの誓い」を宣言する。市は2009年度から飼い主を説得するなど犬、猫の引き取り数を増やさない取り組みを展開しており、「殺処分ゼロ」への活動を本格化させる。
市の犬や猫の殺処分数は、08年度は3022頭だったが、12年度は558頭に減少。09年度からは、市独自の動物愛護管理推進実施計画に基づき、引っ越しなど安易な理由で犬や猫を処分しようとする飼い主に、飼育継続の説得を続けている。
今年9月には改正動物愛護管理法が施行され、「相当な理由」がない場合は行政側が引き取りを拒否できることになったため、市生活衛生課は「殺処分ゼロに向けた市の取り組みを下支えする環境が整った」と話す。
全国では熊本市の殺処分減少への取り組みが進んでおり、12年度は21頭までに減らしている。こうしたことから環境省は「自治体によっては、単年度の殺処分ゼロはありうる」としている。
また、福岡市は、やむを得ず殺処分する場合、炭酸ガスによる大量処分から動物の負担が少ない個体別の麻酔注射へ移行する方針も固めた。炭酸ガス処分に比べて動物の負担が少ないといい、環境省動物愛護管理室は「先駆的な取り組み」と評価する。
高島市長は4日に市役所西広場で開かれる「どうぶつ愛護フェスティバル」で、「ゼロへの誓い」を宣言し、「人にも動物にもやさしい福岡」を目指す街づくりを市民に呼びかける。

引き取り不可に関するニュースはこちらへ


福岡といえば、これまで犬猫の処分数がワースト1だったところです。この変化はすごく大きい!
この7~8年もの間、地元の地域猫、動物愛護活動家の方々の、なみなみならぬ努力
がありました。私もその一部は知人を通し、ブログを通し見てきましたが、そういった方々の
努力、奉仕、活動がこういった形で実現し、どんなに報われた気がした事かと思います。
殺処分ゼロが一番の目標ですが、しかし何よりガス殺を廃止してくれることを強く望んでいた私
としては、これは大きなニュースでした。


日本の動物に対する扱いが少しでも欧米に近づくことを祈って始めたこの私のブログも、
そろそろその役目を終える時がそこまで来たかな。。。。

にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村応援よろしくお願いします
関連記事

[edit]

CM: 2
TB: --

page top

コメント

No title

お〜、私、福岡育ちなだけに(8才まで)なんだか嬉しいニュースですね。
>「相当な理由」がない場合は行政側が引き取りを拒否できる。
新しい法律がこんな所も変わったんですね。
これで野良犬、ネコが増えなければいいのですが。お話も上手な市長さんです。

yoyo #- | URL | 2013/11/06 11:24 * edit *

No title

yoyoさん
この記事、身近に感じてもらえて嬉しいです^^
拒否できる正当な理由って、私にとっては一人暮らしの飼い主が死んだ、あるいは
重病で入院、くらいしか浮かばないなー。
この市長さん、ウイキ見ると元アナウンサーなんですね。納得?
ビデオも見て下さって有難うございます!

Mischa #vK9fbjOE | URL | 2013/11/06 12:18 * edit *

page top

コメントの投稿

Secret

page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。