アメリカのペット事情~NY発信

アメリカNY州で猫と暮らす主婦が見たアメリカのペット事情色々を報告

スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

CM: --
TB: --

page top

10年も愛されなかった野良犬がついに・・ 

2013/09/11
Wed. 12:42


ここのところ、借り物ビデオ記事が続きますが、この感動はぜひブログでシェアしたい
と思います。

10年以上愛されることがなかった野良犬が・・・
1235107_10151594075815658_1626623099_n.jpg

ビデオはこちらへ
説明:JenniferがHope For Paws(LAのアニマルシェルター。サイトはこちら。飛ぶと音楽が
流れます。悲惨な状態の子達がレスキューされて幸せになっていくビデオがいくつもあり、感動します)
に、グーグルマップのストリートビュー(写真で場所を見るサービス)に(でさえ確認できるほど、
いつもそこにいる、という意味)写ってる子がいる、と教えました。その子の名は、ソニア。

半年前、パトリックという男性がソニアにえさを与えるようになった。

しかしパトリックとジェニファーは、ソニアをどうしていいか分からなかった。
Fionaのビデオ(このレスキュー団体)を見た二人が、僕たちに連絡をしてきた。

近所の人が、10年はこの犬がここにいる(誰かにもらわれるのを待っている)と教えてくれた。
10年も!!

チーズバーガーを与えてみたが、ソニアはすぐに興味を失った。この日の気温は華氏100°
(摂氏38度くらい) よろよろと歩きだすソニア。

ソニアが左手角のパーキングに入っていけばよいのに・・・と僕は思った。
(思惑通りソニアが入っていったので)
僕はあわてて出口をふさいだ。

逃げられないと観念したソニア。(そこで男性になでられ、安心したソニアは車に乗る)

ペットグルーマーのジュディがヘアカットをしてくれるそうだ。
毛玉を取り除くと、やっとソニアのでき物や、内部に成長した曲がった爪、折れた歯といった
手術が必要な部分を確認することができた。

手術とケアを終え、ソニアはペットらしくなっていった。
今はジョアンが里親として預かってくれている。

ビデオの最後で、ソニアが1日も早く飼い主を見つけられるように、このビデオをシェアして
下さい、とありますが、こんな可愛い子ならもう見つけているかもしれませんね。
ところでこの子を捕まえた男性、見覚えありますねえ。こっちのビデオに出てた人かな?
レスキュー団体の人だったんですね。どうりで慣れてると思った。
こういう男性と結婚したいなあ(私は既婚者ですが



自宅を開放し、天国のようなアニマルシェルターを運営する女性
1000602_10151593088810658_111506308_n.jpg

ビデオはこちらへ
こちらは、離婚後、女手一人で自宅(6エーカーの土地=7345坪)を開放し、ケージも
安楽死もないノンプロフィットのアニマルシェルターを経営してる女性のお話。
200頭以上の動物のうちほとんどが猫のようですが、どの子も家の中と外を自由に出入り
することができ、まるで彼らにとっては天国のようなシェルターです。
この女性は最初15頭くらいから始めたようですが、途中獣医さんに勤めたりして動物の
ケアを学んだようです。基本、寄付金で成り立ってるようですが、この方自身の収入で
やってるんでしょうね。
私が野良猫になったら、ぜひここに入りたいと思いました^^。しかし、こんな生活を味わった
猫は、貰われていっても、ここに戻りたいと思うんじゃないかなあ。。。

にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村
リンクもフリ―です。アメリカの動物愛護事情を広めて下さい。

関連記事

[edit]

CM: 2
TB: --

page top

コメント

No title

こんにちは!素晴らしい話です!!FBでも広くシェアしますね。リードをかけるまでのシーンに感動で胸が熱くなった・・・おびえて固ま利ながらも、やさしい手に、少しずつ身体をゆだねていって・・・噛んだりせずにリードをかけられたら、安心したようについてくる可愛いソニア・・・車にも自分でのったんですね・・・

猫のシェルター・・・日本なら・・・きっと他力本願な人たちに次から次に猫を持ち込まれて、崩壊しそうなパターン。。。人の善意でノーキルシェルターがこんな形で実現する国は素晴らしい。

今、こちらは、あちこちで多頭崩壊や、飼い主が亡くなり残される犬猫たちの問題があふれてて・・・受け皿がなさ過ぎる現実を痛感しています。アメリカのいろいろな事例、とても参考になり、考えさせられます。ありがとうございます。

TAMA #KtOtvm9U | URL | 2013/09/17 21:07 * edit *

No title

TAMAさん
ご無沙汰しています。
このレスキューの男性は、本当に犬を愛し、理解してる人だなあというのがビデオを見ていてよく分かりました。彼が辛抱強く待って、撫でてやると、ほとんどの野良犬が心を開くみたいですね。アメリカで「その人となりは、犬に判断させろ」というような事を言う人がいますよ。犬が懐く人というのは、概して良い人だ、という意味だと思います。

このCA州の女性が運営する野外解放のシェルターにもおそらく他力本願で持ち込む人たちがいるだろう、と憶測しますが、こういう敷地があることがまず好条件ですよね~。
アメリカで無責任な頭多飼いをして、十分なケアをしていないと判断させると罪に問われます。日本では、レスキューの人たちが結局尻ぬぐいしてますよね。。。これはもう犯罪扱いするべきと思います!

Mischa #vK9fbjOE | URL | 2013/09/18 12:17 * edit *

page top

コメントの投稿

Secret

page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。