アメリカのペット事情~NY発信

アメリカNY州で猫と暮らす主婦が見たアメリカのペット事情色々を報告

スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

CM: --
TB: --

page top

犬は知っている、自分が殺される事を。 

2013/08/08
Thu. 13:58

ちょっとこのビデオをご覧ください。
英語なので少し説明します。うまく飛ばない場合は下のURLへ。
http://www.wimp.com/neededhug/

1004929_10151531966085658_189376425_n.jpg


これは、アメリカのあるシェルターで安楽死される予定だったこの子を、その前日に
この男性が救い出した(引き取った)時の映像です。男性が、友達のブラウインさん
からある電話を受け取りました。内容は、「エディという、明日安楽死される予定の子
がいるのよ。この子に生き延びてほしいんだけど、ものすごく怯えているの。もしよければ、
エディを動物病院に連れてきてるから(あなたに引き取れるかどうか)見に来てみない?」
というものでした。

ここでビデオが始まる。男性を怖がるエディの様子。
途中から、同じシーンを、違うカメラで再度写します。

男性に無理やりひっぱられ、抱っこされた途端に安心するエディちゃん。
もう尻尾を振り始めます。

次のシーンは、(男性が引き取ることにしたので)毛をカットするシーン。
最後にエディと男性との触れ合いがあって、ビデオが終わります。
もう何度見ても涙が出る・・・
犬は、ちゃんと殺される事を知っていたんですねぇ。。。。。

最後に、
シェルターにいる子たちは、特にこの子みたいに5キロ以上のサイズにもなると
(それだけ頭脳がいいので、という意味だと思う)みんな怖くてたまらないんだ。
シェルターにいる子たちは、みんなこの子と同じなんだよ。
どうか彼らの命を軽く扱わないでくれ。みんな、抱きしめてもらいたいと思っているんだ。
(プラス、このビデオを作るのに協力してくれた人たちへの感謝の言葉)
というメッセージで締めくくられています。

感動的な音楽がBGMとして流れるので余計胸にぐっときますが、映像だけを見ても
涙がでます。ビデオの最後でこの子が心からこの男性を信頼し、甘える姿が救い
です。でもこの子のお話が、何万頭、何100万頭も処分を待っているうちの中の、
1頭にすぎないことを忘れてはなりません。。。

ペットショップで買った犬を処分センターへ持ち込む人たちに、見てもらいたいと思います。
もし彼らが、人間のまっとうな良心を持っているならばの話ですが・・・・。

にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村
情報を広めるお手伝いをお願いします。
関連記事

[edit]

CM: 4
TB: --

page top

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2013/08/09 17:40 * edit *

No title

鍵コメ@8/9日さん
猫ちゃん、心配ですね。食よくがある限り回復しそうですが、多頭飼い
してるとなかなかトイレもどの子が使ったか分からないし、どの子がどの
位食べてるか分からないし、発見も遅れるんですよね。。一日も早く
よくなりますように。
日本にいる時TVで見ましたが、人間が(その動物の)死を連想すると、
そのイメージがその動物にも伝わるそうです。このビデオのワンちゃんは
そうして自分が殺されると分かったんでしょうね。いま処分センターに
いる何万頭もの子達の気持ちを思うと切なくなります。
連絡あって、良かった。ぜひ、掲載されたら教えて下さいね!楽しみに
していますから。

Mischa #vK9fbjOE | URL | 2013/08/09 19:19 * edit *

うれしくて泣けました。
自分がエディになりました。

シェルターにいる世界中の動物たちにエディの奇跡が訪れますように。

エリン #- | URL | 2013/08/29 07:45 * edit *

No title

エリンさん

有難うございます。共感して下さる方が一人でもいる時、このブログを
書いてる甲斐があると感激します。

私も、最後のエディの笑顔が見たくて何度も何度も繰り返しこのビデオ
を見ては、泣いてしまいます^^

Mischa #vK9fbjOE | URL | 2013/08/29 09:30 * edit *

page top

コメントの投稿

Secret

page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。