アメリカのペット事情~NY発信

アメリカNY州で猫と暮らす主婦が見たアメリカのペット事情色々を報告

スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

CM: --
TB: --

page top

里親募集を助けるスポンサーたち 

2013/07/31
Wed. 11:14


この写真、一体何だと思いますか?

wtm3_auto_d.jpg

拡大すると分かりますが、私の地元の新聞が2カ月おきくらいにこうした動物シェルター
の里親募集の広告を大々的に掲載するんです。ローカルなので発行部数が大手に比べ
れば少ないとはいえ、一面を使っての広告費はいくらぐらいだろうと思っていたら・・・。
あるシェルターが募集していた広告掲載の寄付が一枠100ドル(約1万円)。
この一枠が、一匹あたりか、一枠何インチというサイズなのかは分かりませんでしたが、
やっぱりそのくらいしますよねぇ。

anud_auto_d.jpg

で、こうした広告には大抵、地元のお店とか車検整備工場、レストランなどの事業主
の広告も載っているので、おそらく彼らが広告主なんでしょうか。

なぜこういった事が可能かと言うと、アメリカは基本的に「ボランティア」「寄付」大国
なんです。彼らの日常生活の中にボランティアと寄付はあたりまえに存在するんですね。
私もこっちへきてから、家計簿の項目に「寄付」を作ったくらいです。人間に関して言うと、
アメリカは貧困層の深刻な問題、戦争での怪我や精神的病で働けなくなった退役軍人、
子供たちの難病奇病の治療費といったところに寄付が寄せられるんですが、こうした犬猫
の寄付も盛んなようです。先日スーパーへ買い物に行くと、地元のシェルターの募金箱
がおいてありました。そういえば、東北震災の時もあちこちに募金箱があったんですよ。

アメリカでいいなと思う事は、このように個人だけでなく、企業やお店が動物愛護に協力
してくれるとこですね。日本でも随分、地域猫活動家の方々が団体を組織していくように
なったようですが、スーパーやお店でもその活動を支援してくれたらもっといいだろうにと
思います。

にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村
関連記事

[edit]

CM: 2
TB: --

page top

コメント

No title

日本もこうなってくれたらいいのに
まだまだ遠い話です・・・
知り合いが「ペットショップでこの犬が可愛いから買おうかと^^」
思わず「性格はどうなの?」「可愛いから・・・大人しく抱かれてたよ^^」
そんなので決めていいのかな??
先に保健所や愛護団体の犬達も見ておいたらと言いたかったです
ショップの子達は狭いケージに入れられ親から何も習っていないだけにしつけが大変でしょうに
ショップで犬や猫を展示には反対な私です

茶チャママ #Wb6Olee. | URL | 2013/08/05 01:47 * edit *

No title

茶チャママさん
企業がスポンサーになってくれるとほんと活動の場が広がりますよね。
ペットショップの件は私も同感です。犬種の性格を知った上で選ばないと
飼った後でしまったと思う人が多いから、センターに純血種の子達が
いるんだと思います。特にシーズーとかダックスとか、えっと思うような
子達がね。。。

でも先日、近所で唯一生体を売ってるペット屋に私が大好きなペキニーズ
がいて、もう成犬になってしまってるようで、出して出して!と吠えてた
のを見て、思わず飼ってあげたくなりました。ペット屋で買わないって
ことは、あの子たちも救ってやれない、矛盾。ペット生体販売が早く
なくなる事を祈ってやみません。

Mischa #vK9fbjOE | URL | 2013/08/06 10:27 * edit *

page top

コメントの投稿

Secret

page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。