アメリカのペット事情~NY発信

アメリカNY州で猫と暮らす主婦が見たアメリカのペット事情色々を報告

スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

CM: --
TB: --

page top

センターの職員さんの気持ちも考えてみる 

2013/06/07
Fri. 21:45



先日フェイスブックで偶然見つけたブログの写真。。。
GumiBearさんの「犬と猫と考える」の記事で見た、この写真が、頭から離れません。


DSC_0024.jpg

このワンちゃんは、一体どこで、何に向かって吠えているのか。。
その真実は、こちらのブログに詳しく記されています。

涙が出て、とまりません。
ガスで窒息しなかったものの、一人ぼっちで冷たいコンクリートの上で死んでいった子。
どんな気持ちだったのかな。。。
病気で、捨てられて、独りで死ぬ。

人間でも、そういう人がいるかもしれませんね。年老いて、ぼけて、家族に厄介扱いされて、
施設で見送られもせず死んでる老人だって、実際いるんだろうし。
でもなんだか、やっぱりそれが物を言えない動物だと、特に人間に尽くす傾向があるワンコ
だと、余計切なくて、哀れに思えてなりません。

うちの母が、言うんですよ。
主人の祖母は今年92歳でホームにいますが、もう完全にボケてしまって、娘も孫もその嫁
の私も誰かわかりません。主人はどうせ会っても分からないんだし、と言うと、私の母が、
「そんなことはない。頭では分かってなくても、お婆ちゃんは魂で、ちゃんと分かってるんだから、
会いに行けば魂は喜んでいるんだよ。」と言うんです。

この子の飼い主は、どうせ痴呆なんだからセンターに入れてもガスで殺しても分からないと
思ったのかもしれませんね。私は母の言ったことを思い出さずにはいられませんでした。
いや、きっと目が見えなくても、頭で理解できなくても、この子の魂は何をされたか知っている。
心がずたずたに傷ついたに違いない。。。。動物には、感情がないと思ってるんだろうか。。



確かに、痴呆になったら動物も大変でしょうね。排せつや、鳴き声や、コントロールできない
ことが沢山あって。飼い主もノイローゼになるでしょう。それなら、安楽死しかないのかも。
私もGumibearさんの意見に賛成です。いつの間にか注射で眠るように逝くほうが、目から火
が出そうな地獄を味わって殺されるよりもよほどマシではないか。。

センターへ持ち込んでも、病気でしかも老犬の子達を、職員さんたちだってどんな気持ちで
処分しなければいけないのか、考える人はいるでしょうか。
ちょっとタイトルの本筋に来るまでに長くかかりましたが、私はいつも、センターで働く方たち
の気持ちも考えてしまいます。何ともない人もいるだろうけど、好きでしてる人はいないと思う。
もし私生活でも動物が好きな人がいたら、毎日苦しくてたまらないんじゃないでしょうか。。

人事異動で、ここへ行けと辞令が下ったら、いやだからといって簡単に仕事はやめられません。
センターで一体、すき好んでこの仕事をしている方が何人いるか。
誰もいないはずなんですよ。

アメリカへ移住する前に、地元のセンターの取材がニュースでありました。
ステテコ姿のようなみっともないオヤジが、なんと孫娘を連れて病気の老犬を連れてくる。
犬は、見ただけで病気とわかる。ガンの末期?膿が出て、息がハアハア喘いでるんです。
職員さんが「この子はちょっと・・」とたしなめると、顔がモザイクで隠してあるオヤジが
なんと悪態をついたんですよ。
このバカが、お前達だって毎日殺してるじゃないか、
俺を説教しやがって!


今でも忘れません、その光景。


こんな人間がペットを飼う限り、不幸は終わらない。
人間じゃないよね、ほんの少しでも良心がある人ならば、できるはずもないこと。
何年も家族のように暮らして・・・たとは、限らないか。ただの防犯道具だったのかも。
ペットを飼ったあとに、失業や大病や、破産などになって、病気の犬を診れなくなる人も
いるかもしれませんが。。こんな末路だけは歩ませないと必死になる人だっているのに。

私が子供の頃、父の転勤で引っ越し。入った社宅はペット禁止。
私の両親は迷いもせずに、ペット可の家に移りました。
一家4人の引越し代は、当時バカになりませんでした。
でもワンコ1匹のために、両親は迷いもせずに大金使って家を移りました。

私の長男の銀次郎。
まだ押し入れ猫だった彼と、アメリカ~日本を2往復。
移住した後、老齢のため歯の治療も2回。
彼には、総額30万位かかったかなぁ。。。旅費も検査も治療も。苦渋の決断でしたよ。
私だって結婚でお金がいる時期だったし。彼はいっこうに懐いてくれなかったし。。。
でも、やっぱり置いては行けませんでした。


動物と暮らすって、家族になることだと思うんです。最後まで一緒にいるのが義務だと思う。
生半可な気持ちでペットを飼う人が、あまりにも多すぎる。
センターへ持ち込む人たちがいなくなれば、職員さんたちの仕事だってもっと楽になるはず。
日本のセンター事情、残酷なケースが多すぎです。


にほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ
にほんブログ村
関連記事

[edit]

CM: 4
TB: --

page top

コメント

処分してる側から一言

ありがとうございます。

私は毎日アニマルシェルターで動物たちを処分してました。
毎日、毎日、理不尽な理由で人間たちは動物をもってきます。
アニマルシェルターにも限りがあるんです。

病気や、行動問題がひどい場合は、眠らせます。
そして、ピットブルというだけでも、ほとんど処分のリストです。

大好きな動物をSAVEしたくて、アニマルシェルターで働いてるのに、SAVEどころか、KILLのほうが多いじゃないかっ!と自分で自分を悔やみました。

そして知らない人はいいます。

”動物殺し”と。。

じゃ、言わしてもらいますが、処分のリストの動物たちをあなたはひきとれるんですか?

今私が飼ってる犬猫13匹、2匹除いて、処分のリストから引き取った子たちです。
これ以上は無理。。毎回そう思いながら、処分していってました。

日本の動物愛護センターなんて名前はやめて、処分センターと名前を変えたら、人々はどうおもうのかな。
日本ののセンターは決して愛護センターではありません。
長々とおじゃましました。

Gumi Bear #tHPzONPw | URL | 2013/06/08 17:03 * edit *

No title

GumiBearさん
そうか、やっぱり処分する子の数の方が、もらわれていく子より多いんですね。。CA州のレスキューは他の州より成績いい印象があったんですが、私の勘違いかな。。うちの子たちも3軒のレスキューからそれぞれもらってきていて、施設の印象は良いですが、実際に中で働いてみると、やっぱり処分せざるを得ない頭数は結構あるのかもしれませんね。。

うちの地元のシェルターの獣医さんが一頭ずつ注射で安楽死をさせると新聞に「ペットを捨てにくるな」という投書の中で書いてたんですが、それはCA州でも同じですか?ちょっと聞きにくい質問ですが、私は事実を知りたいんです。ただ、もしそうだとすれば、日本で、まるでゴミ焼却のようにガスでまとめ殺ししてしまうよりは、はるかにマシじゃないかと思います。あれはまさにナチの大量虐殺と同じ。。。

ブログ、今少しずつ読ませてもらってますが、私が知りたかった事などがたくさん書かれていて、のめり込みそうな感じで読んでいます。私がシェルターでボラしてみたくても出来ないと思った理由と疑問に対する答えが、Gumibearさんのブログの中に書いてありました。ほんと、そうだな。。。って思います。貴方のブログは、日本の多くの方に読んでほしいブログですね。私のような弱小ブログで紹介するのがもったいない。

ピットブルはそちらでも人気ないんですね。。うちもですよ。
繁殖させなければいいのに、と思う。老犬も。老犬を捨てる人の気がしれません。
そうそう、私も「動物愛護センター」の名称は、あんまりだなと思っています。そして捨てに来る人には、必ず中を見せて、捨てられる子たちがどんな目に遭うのか見せるべきだと思っています。ただ、そこで働く職員さんの中には、割り切れずに自分で必死で里親を探そうとしたり、苦しんでこの仕事をしてる人もやっぱりいるんですよね。「愛護」ではないけど、処分センターにすると今度はそういう職員さんの立場が可哀そうだし。せめてガスってのは、やめてほしいですよね。こういうとこに税金をもっと使えばいいのに。。。

Mischa #vK9fbjOE | URL | 2013/06/08 19:36 * edit *

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2013/06/24 16:56 * edit *

Re: No title

鍵コメ@6/25さん
ほんと、見るのも辛い写真なんですよね。動物好きな方達ばかりが
見て下さるブログでこんな事訴えて何になるのかとも思うんですけど(ため息)。
私、祖母の痴呆を体験したことあるんですけど、脳が働かないと、かなり
行動がめちゃくちゃになりますね。犬も似てるんじゃないかなぁ・・・・
あちこち排泄したり、吠えたり、飼い主の手に負えなくなると思う。
だからこそ、このワンちゃんの死に場所がこの場所ってのが、辛すぎます。
どうして飼い主が、今まで家族に愛と喜びを与えてくれた彼女に最後の
尊厳を与えてやれなかったのか、残念でたまりません。

Mischa #- | URL | 2013/06/24 20:13 * edit *

page top

コメントの投稿

Secret

page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。