アメリカのペット事情~NY発信

アメリカNY州で猫と暮らす主婦が見たアメリカのペット事情色々を報告

スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

CM: --
TB: --

page top

シェルターの犬猫を洪水から救った人たち 

2015/06/11
Thu. 19:01

shelter-animals-800.jpg

たまには読んでハッピーになる話が必要ですよね!
今日はアメリカのThe Weekという週刊誌に載っていた
シェルターのニュースをお届けします。

5月の末、テキサス州オースティンのノーキル・シェルター
(殺処分はない、保護目的のみのシェルター)に洪水に
よる浸水が押し寄せた。
職員たちが必死の助けを求めてフェイスブックに投稿
すると、数時間のうちに動物愛好家たちがシェルターに
行き場を失うところだった犬と猫たちを一時預かりして
あげるために押し寄せた。

shelter-animals-01-800.jpg
犬と猫を預かるためシェルターに並んだ人たち

その日のうちに50匹の犬と30匹の猫が預かりを申し出た
人たちの自宅に保護され、中には実際に里親を希望し、
預かった子たちの飼い主となった人たちもいた。

「なんと211通もの里親希望の申込書があったのよ。」
と職員のアマンダさんは言う。
「これだけ多くの人が犬と猫を保護しにきてくれた光景
には本当に驚いたわ。」

上記の写真をお借りした記事はこちら。
オースティン(テキサス州)の市民の活躍

英文ですみません、今時間ないので、また戻ってきて
加筆するかもしれません。

それにしてもフェイスブックをいつも見てる人たちって
ほんと多いですね(笑)よかった、よかった。


ランキングのバナーを押して応援して頂けると嬉しいです!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村
関連記事

[edit]

CM: 4
TB: --

page top

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2015/06/12 00:25 * edit *

心温まるお話 待ってました^^

やはり アメリカ!
動物を愛する人達の数が違います
ボランティアも 染み込んでいるし
子供がいても養子を迎える アメリカの人達 犬猫の里親も積極的ですし…

私が hope for paws のvideoが好きな訳は レスキュー後 ケアし 預かりさんや里親さんのお宅で しあわせな生活を送っている姿を見ることができるからです

そう言えば youtubeで 猫の保護をされている方のvideo (aflo blue さん)も登録しています
ヨーロッパ?在住の日本人の方です (^.^)優しく 心温まります

ご存知なければ ご覧になって下さい

犬と散歩 #- | URL | 2015/06/12 05:42 * edit *

鍵コメ@6/12さん
何かあったのですか?13時間差で日本のニュースを
見てるので見過ごしてるものも多いんですが。。
まあアメリカでもひどい話を選べば、悪い事はたくさん
あるのですけどね^^;

Mischa #vK9fbjOE | URL | 2015/06/14 13:54 * edit *

犬と散歩さん
アメリカのボランティア人口ってほんと多いと感心しますが
犬猫に関しては住宅事情が恵まれてる件もやりやすさに
繋がってると思います。住宅スペースによって助けてあげたくても
動物を入れてもよい場所が確保できないとどうにもならないです
もんね。
そういえば最近HFPの新作ビデオ見てないなあ・・・
そのヨーロッパの方の検索して観てみますね。
ご紹介有難うございます^^

Mischa #vK9fbjOE | URL | 2015/06/14 13:59 * edit *

page top

コメントの投稿

Secret

page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。