アメリカのペット事情~NY発信

アメリカNY州で猫と暮らす主婦が見たアメリカのペット事情色々を報告

スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

CM: --
TB: --

page top

甘く見てはいけない猫の白癬、真菌、疥癬 

2014/10/02
Thu. 13:33

今月の19日に日本へ里帰りするんですが、
今回は途中から夫も来るので、猫をどうするか
随分悩んだあげく、私のボラ仲間に預けること
にしました。

ところが私が「じゃお願いします」と彼女に言った
後で、他の仲間が「あの子の家今リングウォーム
があるわよ」と教えてくれたんです。
そのリングウォームというのを調べてみると・・・

これ↓
Ring - worm

ギョエ~~~ッ

リンク先のウイキに飛んだら、そこから日本語版へ行けます。

で、その教えてくれた人が「11月までには収まる
んじゃないかしら?」というので、私も頼むと言った
手前、引き受けてくれるSさんには遠まわしに「うち
は菌類は夫の体質で無理なので、猫の病気が
あれば教えてね」とメールしました。が、Sさんからは

返事なし( ̄~ ̄;)  

こういう大事なメールを無視されると不信感が
湧いたものの、Sさんしか預けられるとこがない
ので、仕方なく待ってました。そんな時、
フェイスブックでたまたま保護猫の「真菌」と格闘
してる方の投稿を発見
(白癬、真菌、疥癬といった菌による皮膚病
は大体似たようなもののようです。詳しくは
各自で調べてみて下さい)
それによると・・・
(写真と文章の一部は投稿主さまからお借りしました)

106496823245001310563632996561611394509441n.jpg
要点のみ抜粋
●猫、犬、人にもうつる(猫から人へ、猫同士で)
●まめにシャンプーするがシャンプーで二次感染も
●飲み薬は副作用が強い
●接触がなかった犬猫同士でもうつった
●耳の中や足の付け根など目立たないとこに
あると気がつきにくい

12362953244997910563973082832468474474144n.jpg
おりこうさんにシャンプーされてる真菌猫ちゃん

やっかいな事に、これは完治するのに結構
時間がかかるようです。
怖いのは、動物~人間間でわりと簡単にうつって
しまう事ですね。いやー、Sさんちに預ける前に
この投稿を見て良かった
情報下さったMさん、どうも有難うございました。

で、
うちの子たちはどうするかって?
結局、キャットシッターさんを雇う事にした
んですが、2週間も家の中が猫だけと思うと
家に帰るのが怖いわ。。。。タラっ(^▽^;)


ランキングのバナーを押して応援して頂けると嬉しいです!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村
関連記事

[edit]

CM: 8
TB: --

page top

コメント

こちらのボランティアさんも、真菌で格闘中の方がおられます
後・・・・バルボ
子猫5匹のうち、残念ながら3匹の子が亡くなってしまい
今、必死で2匹の子の命を守っています

うちの子は、病院とは無縁の子だったので
猫にも、色々な病状、症状があるのだと
大変、驚いるのです

愛猫ちゃん達は、やはりご自宅でのお留守番が
一番かもしれませんね^^

テンテン #- | URL | 2014/10/02 19:25 * edit *

S さんから メールの返事が無い…
今後の関係が 心配ですが 猫ちゃん達の健康が一番ですね
ペットシッタ―まであるとは 流石にアメリカですね

我が家は 以前 Englishbulldog 現在はFrenchbulldog を飼っています
短毛種で 皮膚病を患いやすい犬種です
シャンプーも 気にしていますが シャンプーでは 真菌は除菌出来ないと思ってます
我が家の常備薬は ポビドンヨード剤の イソジン軟膏です
真菌関係には イソジンしか無いと思っています

動物の薬は 人間用の転用と聞いています
犬で言えば 犬用に作られた物は 狂犬病ワクチン 混合ワクチン フィラリア予防薬のみだそうです

イソジンは 病院の薬に比べ ステロイドを含まず はっきりと結果が出ます
600円くらいと お値段も安く 犬にも 痒みのストレスを与えず早く治してあげられます (病院によっては わざと時間をかけているという話もあります)

イソジン軟膏がアメリカに無いとは思えませんが
帰国された際に 是非 お求めになるといいと思います
ドラッグストアーにあります …回し者ではありません (^^;

犬と散歩 #- | URL | 2014/10/03 08:58 * edit *

テンテンさん
そうですか・・バルボはたまに聞きます。
外で生まれた子たちの運命は過酷ですね。
処分機に押し込まれて死ぬよりは、人の手の中で死ぬ方がマシだけど。。

うちの子、2週間もお留守すると、したい放題しそうです。
寂しくても、その間彼らの天国ですね 笑

Mischa #vK9fbjOE | URL | 2014/10/03 12:14 * edit *

犬と散歩さん

そうなんですよー
この人、都合が悪いメールには無視するんです。でもきちんと教えてくれないと
我が家は猫だけじゃなく、主人がわけあって免疫が低いので、病原菌を持ち込む
と人間の命にもかかわるほど困っちゃう。

イソジン!
懐かしい響き(笑)
短毛種の子って皮膚病にかかりやすいんですね。
鼻が短い(低い)子は呼吸系も用心ですよね。飛行機には乗れないし。
いびきがすごいでしょ?うちはシーズーがいたので^^
色々教えて下さって有難うございました。
このFBの投稿主さまにも言ってみようかな。

Mischa #vK9fbjOE | URL | 2014/10/03 12:21 * edit *

疥癬まだいいですよ
元がコクシジュウムその前は疥癬でしたが
疥癬のほうが楽でしたよ^^
二週間で完治^^
コクシジュウムの元はそれから次々と回虫と疥癬の繰り返しでで一ヶ月
倉庫に寝泊りしてダルマストーブで着ていたものを熱湯消毒
感覚が一週間二匹にはさすがに私も倒れました><
消毒もアルカリ性と酸性の正反対の消毒
熱湯が一番でしたよ頑張ってね

茶チャママ #Wb6Olee. | URL | 2014/10/04 06:39 * edit *

イソジンは 軟膏 と液体があるので 情態を見て使います
ふわふわ猫ちゃんの場合は 患部の毛を剃った方がいいと思います

犬の場合 足の指間や肉球の間が 真菌に犯されやすく 足先が赤くなっている犬は 真菌、マセラチアです 顔も剥げたりします

イソジンは 目に入らなければ 安全だと思います
人間の手術の際に 術部の周りを大きく消毒する時に使っているのはイソジンです
もっと手軽に使っていいと思います

うちのフレブルには ブツブツが出たら その都度患部に塗っています
ただ やはりどんな物 でも 合わない場合が有ります
(ハープでも-たとえばティーツリーも ) 承知の上で使用します

愛犬 愛猫の 菌性の皮膚病に悩んでいる方に 是非知って頂きたいです

ステ

犬と散歩 #- | URL | 2014/10/04 07:46 * edit *

茶チャママさん
うちは大丈夫なんですよ~。
白癬がいるのは、Sさんというボラ仲間の家。
うちの子たちに伝染性の病原菌が移ったら、えらいこっちゃになりますi-203

疥癬というのは、割とすぐ治るんですね?
茶チャママさんも色々経験なさったんですね~!

Mischa #vK9fbjOE | URL | 2014/10/04 19:37 * edit *

犬と散歩さん
詳しく教えて下さって有難うございます。
うちはまずかからないように注意しますが、このブログを消すことはない
と思うので、このコメントは永久保存ですね^^

>犬の場合 足の指間や肉球の間が 真菌に犯されやすく
そうみたいですね、
なりやすい病気とかちゃんと知ってないと、可愛いだけでは
動物飼えませんよね。

Mischa #vK9fbjOE | URL | 2014/10/04 19:40 * edit *

page top

コメントの投稿

Secret

page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。