アメリカのペット事情~NY発信

アメリカNY州で猫と暮らす主婦が見たアメリカのペット事情色々を報告

スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

CM: --
TB: --

page top

飼い主の一人暮らし高齢化が問題に 

2014/07/18
Fri. 07:00

まずは、お馴染みのHope For Pawsのこの
ビデオをご覧下さい。




状況は、一人暮らし(?)の飼い主の死去、ペット
の犬が残されたが、遺族は家を売り払っても犬
を引き取らなかった。近所の人が可哀そうに思い、
レスキューできる人を探している間エサを与えていた。
そこに連絡を受けたEldad氏が仲間とレスキュー。
最後は変身した犬が預り宅でひとまず落ち着き・・
と、いつものハッピーエンドのパターンです。
このWoodyちゃん、1年も飼い主が戻るのを待って
いたそう。遺族も冷たい人達ですねぇ・・・・・

しかし、一番大事なのはビデオの最後に収録され
ているこのメッセージ!



ペットを遺言に入れる事を

忘れないで下さい。


日本にいた頃からアメリカが弁護士、契約社会
であるなどとよく聞いてましたが、実際に住んで
みるとそれは本当でした。色んな事に弁護士を
雇うんですけど、遺言も普通に普及してるみたい。
うちは既に夫の両親が死後の細かい決めごとを
書類にしていて、まぁ何というか、こういうところも
アメリカは違うなあと感じるわけです。

さて、ここ2~3年の間に、シェルターに来る犬猫
たちの理由に、「飼い主の死去による」というもの
が段々増えてきました。
これは、日本でも同じじゃないでしょうか?
最近も私の郷里で高齢者一人暮らしの方が入院
とかで猫を手放すケース(引き取り手がいない)が
立て続けにありました。

生涯、猫と暮らしたい私も人ごとではないし・・・・

フェイスブックでこの高齢者問題に取り組んでおられる
方とちょっと書きこみでお話ししたんですけど、その
方が冗談で

高齢者一人暮らしの方に預りボランティアをして
もらうってのはどうでしょうね(^▽^:)

と、おっしゃったんですよ。

それ!

具体的にルール化して、使えないでしょうか?

ランキングのバナーを押して応援して頂けると嬉しいです!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村

関連記事

[edit]

CM: 6
TB: --

page top

コメント

グッドアイデアですよ!!
だって猫や犬と暮らすと元気になるそうですから^^
知り合いが八十を過ぎて生き物は残ったら可哀想だからと
テディベアーを今まで飼っていた犬の変わりに話し相手に
でもやっぱり寂しそうです
子供達は外国に電話や時々帰っては来ても
私も体調がよい時には出歩いたり
今は電話をしていますが
生きる張りがやっぱり違うのですよ
息子が残った子達の面倒は見ると言ってくれてます
お母さんから生き物を取り上げたらきっと抜けガラになるからと
また一時預かりでもするかもね^^
みんなが居なくなったら^^

茶チャママ #Wb6Olee. | URL | 2014/07/18 20:45 * edit *

うちは訳あって、親類縁者との付き合いが無い状態…。
夫婦共々、親は早世しており…。
頼れる人も思い浮かばす…。

もしももしも、しっぽ達より先に自分達夫婦が2人同時に死んだ場合の事を考えると、
恐ろしくて眠れなくなります。( ←これも病的かw)

ちゃんと、そんな時の事も考えなければなぁ…。

どるさく #- | URL | 2014/07/19 03:28 * edit *

茶チャママさん
いいアイデアですよね、具体化できないかなと思ったんですが。
自分の子に出来ないというマイナスはあるけど、必ず毎週預り子の
報告をレスキュー団体にする条件でボラしてもらえれば、逆に高齢者
一人暮らしの方が、誰にも看取られずアパートで死後1ヶ月後に
管理人によって発見。。。なんてこともなくなって相互的によいシステム
と思うんですけど。。。
でも「何歳からが高齢か」という点が、難しいですが。

確かに動物といると、いい波長をもらって健康にいいと思います^^

Mischa #vK9fbjOE | URL | 2014/07/19 16:12 * edit *

どるさくさん
うちも、状況は似てますよ~
子なし夫婦でしかも親戚がめちゃ少ない。。。
新しいペットを入れた時点での自分達の年齢を考えたら、ペットの方が
長生きするかもしれませんもんね。
やっぱり、遺言にレスキュー団体の名を書いて、貯金を残さないと
いけないでしょう!1匹あたり20万あれば、譲渡まで養ってもらえるかな?
なんて、具体的に・・・^^;

Mischa #vK9fbjOE | URL | 2014/07/19 16:16 * edit *

愛護団体は還暦(60歳)からは譲渡しませんよ
子供と同居で面倒見ると言う制約書があれば可能ですが
私も茶チャが最初で最後のワンコです
猫も元が最後と思っていますよ
親兄弟もない三人だけの家族
先行きは考えなければ
遺言に家と土地は息子に
現金は猫の面倒を見る人に
旦那と息子にはしつこく言っています^^
旦那は??
これまでにしっかり譲渡してきたのですからもう良いでしょうね^^

茶チャママ #Wb6Olee. | URL | 2014/07/20 20:06 * edit *

茶チャママさん
60歳から、は厳しいですねi-183
私にはまだまだ若いというイメージですが。
茶チャちゃんが最初のワンコとは知りませんでした。
ずっと犬を飼ってらっしゃったのかと思ってたので・・
息子さん、どこに縁があるかまだ分かりませんよ。
茶チャママさんが旦那さんより自分が先にいく前提で
コメントを書かれたのが少しおかしかったです^^
私も遺産を残す相手は誰もいないので、たまに
そんなこと考えますけどね。。。

Mischa #vK9fbjOE | URL | 2014/07/22 09:12 * edit *

page top

コメントの投稿

Secret

page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。