アメリカのペット事情~NY発信

アメリカNY州で猫と暮らす主婦が見たアメリカのペット事情色々を報告

スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

CM: --
TB: --

page top

こんな猫、見た事がありますか? 

2014/07/16
Wed. 07:00

合成じゃ、ありませんよ。(^◇^)

102539686502689517115971737101226414457114n.jpg
リンクはNorth Shore Animal Leagueより

もっとも、この男性がものすごくちっこい人だったら
話は別ですが(^□^;)。多分、普通体型の人と思います。
男性が少し猫を前に出してて奥行きがあるので、その分
が余計大きく見えてるかもしれませんね。
この巨大猫、捨てられてシェルターへ来ました。
その経緯を説明しましょう。

The epic saga of Pickles, at least the known part of it, begins in an pet carrier abandoned at the side of the road
in Massachusetts. The local MSPCA in Boston responded right away and rescued him. Pickles barely fit in the
carrier. He was over three feet long, had naturally humongous paws and weighed over 20 pounds. This picture
is from near the time of his rescue. He was bigger than a lot of the dogs at the shelter. Pickles turned out to
have the feline version of AIDS known as Feline Immunodeficiency Virus or (FIV+). Pickles is as friendly and
sweet as a kitty straight out of a children's book. Pickles earned the nickname Catosaurus for his amazing
stretching powers. He was adopted during a blizzard and has now become the centerpiece of a young couple's life.
Do you know anyone that has rescued such a big kitty?


マサチューセッツ州の道路の路肩に置かれていた
キャリー。どうにかこうにか、その中に入っていた猫
を見た人が地元のレスキュー団体に通報、すぐさま
レスキューされた。
体長3フィート以上(約80cm以上)、10キロ超え、
この巨大な手足も自然な成長によるもの。この写真
はレスキュー後に撮られたものだが、シェルターに
いる他の多くの犬たちよりも大きかった(驚)。
ピクルスと名付けられたこの猫はエイズ陽性と判明。
まるで子供向け絵本に出てくる猫のように懐いて
いて、その容姿からCatosaurus(恐竜の名?)という
あだ名がついた。

現在ピクルスは若いカップルにもらわれ、彼らの生活
の中心になるほど可愛がられているとのことです。

多分猫エイズだから捨てられたんでしょうね。。。。
でも結果オーライで本当によかったです。それにしても
我が家の次男と3男もデカイけど、この子のデカさは
尋常じゃありませんな私にはどうみても1m、30キロ
に見えます(^^:)


ランキングのバナーを押して応援して頂けると嬉しいです!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村

関連記事

[edit]

CM: 6
TB: --

page top

コメント

ほんとにこれって猫??
思わず?????・・・
でもキャリアだからって棄てるなんて・・・・
保護猫にキャリアが居ましたが最後まで看取りましたよ
でも優しい家族にあえたのですからラッキーな子ですね
ピクルスちゃんノンビリストレス無く幸せに暮らしたら
発症しない事もあるんだから^^
知人の子は十七歳で発症したのですよ
一才ごろ保護して室内で生活していたんですが
我が家の子達も良く遊びに行ってじゃれあっていたのですから^^
家の子感染しなかったんですよ^^

茶チャママ #Wb6Olee. | URL | 2014/07/16 20:45 * edit *

デデデデデデカいっ! Σヾ(・ω・´;)ノ
ワタクシにも1m・30kgに見えます…。

いいなぁ♪ デカ猫大好きなワタクシにはたまりません♪

それにしても…
こんなにも存在感たっぷりのステキなネコ様を棄てる飼い主がいるとは…。
猫エイズであろうが猫白血病であろうが、
大切なしっぽ達・我らが家族なのに。
好きで病気になったワケではないのに。
保護された事は不幸中の幸いではありますが、
このコの来し方を思うと…切なくなります。

とは言え、素晴らしい里親サマが見つかって良かった!
第二の猫生を大らかに楽しく生きていって欲しいものです♪

どるさく #- | URL | 2014/07/16 21:41 * edit *

茶チャママさん
うちの主人が、合成だろ~って言うんですけど、うちの子だってアメリカ体型、
XLサイズ、9キロ、私のひざに収まりませんからね^^
この子はちょっと凄いですけど、獣医さんがホルモンの検査もしたんじゃ
ないかな。

エイズの子を飼ったことないから分かりませんが、ストレスも
発症につながるんですねー。
頭多い飼いしてれば全員に移らないよう、隔離するんでしょうけど
この子を捨てた人は、この捨て方はないでしょう・・・って
思いましたよ。車にはねてほしかったのかしら??!不憫ですよね。

Mischa #vK9fbjOE | URL | 2014/07/17 14:38 * edit *

どるさくさん
私もでかい子、大好きです♪
抱きしめた時の抱き甲斐といい、毛皮のほにゃほにゃ感といい・・❤
日本から連れてきた長男は、郷里ではでかいって言われてたんですけど
アメリカ体型の猫たちの中では横綱から関脇に陥落しました(笑)

しかし、どるさくさん、1泊でも無理はもう重症じゃないですか?
私は里帰りを長期でしますが、大体1週間目くらいから禁断症状が
出ます。家族は実家のペットのセキセインコで我慢しろって言うんですけど
やっぱり四足の獣じゃないと、我慢できません!笑

Mischa #vK9fbjOE | URL | 2014/07/17 14:43 * edit *

何度もコメントしてすみませんw

実は、ワタクシの駄ブログの本日(7/18)の記事で、
こちらで7/6にUPされていた記事の中でオマケとして紹介されていた、
あの2人の女のコのビデオを紹介させて頂きましたのでご報告を…。

事後になった事をお許しくださいませ…。

あのビデオはどこの国の制作なのでしょうか?
英語じゃなかったのでさっぱり分かりませんが、何らかのPV? CM?

そう…ワタクシ重症なのですw
鳥さんも大好きですが…やはり “しっぽ付き” がいいかなぁ〜w

どるさく #- | URL | 2014/07/17 21:22 * edit *

どるさくさん
あのビデオ、私のフェイスブックから拾ったんですが(色々と動物サイト
のいいねボタンを押してるもんで・・・)、ヨーロッパのどこの言語か私も
分かりませんでした(ハンガリーとかルーマニア、ポーランドぽい感じ)

英語の部分は、「この女の子達、ただの車上荒らしだと思うか?実は
違うんだよ」てなニュアンスです。
このワンちゃんの演技が迫真ですね~!あの泡は作りものだと思う
けど、よくトレーナーの指示通りに動いてる^^

ところで、他のサイトさんもシェアしてくれたんですが、これ日本で
やっちゃうと飼い主はとがめを受けず、割った人が器物損害の罪で
訴えられるよね、と話したとこです。

Mischa #vK9fbjOE | URL | 2014/07/18 07:52 * edit *

page top

コメントの投稿

Secret

page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。