アメリカのペット事情~NY発信

アメリカNY州で猫と暮らす主婦が見たアメリカのペット事情色々を報告

スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

CM: --
TB: --

page top

全ての動物に愛情を注ぐ人たち 

2012/09/29
Sat. 10:12

アメリカで一番大きいと(団体が自称している)動物愛護団体の活動内容を
宣伝するビデオがありますので、ご紹介します。
彼らの愛情や慈悲が、犬と猫だけでなく、全ての動物に向けられているとこ
が感動的です。どうぞご覧下さい。

ほんの一部ですが、やせ細った馬や毛皮ハント(殺す場面は出ません)が
出るシーンが写りますが、1秒ほどで場面が変わっていきます。




メンバーたちが保護した動物にキスをする時の優しい顔、犬や猫だけでなく
野生動物や、時にはカエルでさえも助ける姿に感動しました。
動物というと、やはりペットとしての犬や猫だけに注目しがちですが、
こうしてみると人間は色んな動物と同じ地球に共存しているんですよね。

最後までビデオを見ると、いかに人間が多くの動物から利益を搾取しているか
が分ります。毛皮、競馬や労働用の馬、遊びで動物を撃つハンターたち。
世界中のあちこちで、こんな動物虐待が日常的に行われているのかと思うと
気が重ーくなりましたが、こういう活動をしている人たちの存在を知るだけでも
わずかな希望を感じます。

少しでも多くの人に読んで頂きたいのでランキングに参加しました。
応援よろしくお願いします♪

にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村
関連記事

[edit]

CM: 8
TB: 1

page top

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2012/10/06 13:32 * edit *

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2012/10/11 02:18 * edit *

ブログランキングNo1さん

ブログの訪問ありがとうございます。
サイト拝見させて頂きますね。

ミャオーン #- | URL | 2012/10/11 10:12 * edit *

No title

I 様

ブログの訪問有難うございました。
メール致します。
こちらこそどうぞ宜しくお願い致します。

ミャオーン #vK9fbjOE | URL | 2012/10/11 10:54 * edit *

No title

私はWWFにも長年参加しているので、ア二マルレスキューとは、動物たちすべてに救いの手を差し伸べる活動だ、と認識しています。
地球上のすべての命はその一生を無事に生きるために一生懸命です。
しかし彼等には自分の体に備えられたものだけにしか頼れません。
人間の繁栄を追い続ける行動のなかで、いかに彼等を追い詰め、傷つけているか、を思うとき、深い愛情と理解と、辛抱強さでもって彼等を救うことがどんなに重大な意味を持つかはかりしれません。
すばらしい映像に、心温まる思いをしました。
わたしたちももっともっとがんばろうと、改めて誓いました。

jinny #- | URL | 2012/10/14 19:07 * edit *

No title

Jinnyさん

コメントどうも有り難うございました。
ほんと、そうですよね。動物は、犬と猫だけではないとあらためて考えさせられたビデオでした。こういった大きな団体にもっと力や権力をもってもらって、家畜の残忍な殺し方や、遊びの射撃目的の動物ハント(アメリカでは合法なのです・・・・)、毛皮ハントや競馬やその他ろばなどの過激な労働を、なんとか少しでもなくしていく事ができたらなあ・・・なんて思っていますが、世の中には、こういう事なんとも思わない人が多いですよね。
全ての人間が同じように感じないことが、残念に思います。

ミャオーン #vK9fbjOE | URL | 2012/10/14 19:16 * edit *

No title

とてもいいビデオ。
わたしも犬猫だけでなく、産業動物、野生動物の生き方生かされ方にもいつも心を痛めています。
今日も熊が人里に出てくるニュースがあっていた・・・
住処を奪ってバランスが壊れるから、犠牲になる動物たちが日本では本当に多いです。

TAMA #KtOtvm9U | URL | 2012/10/16 20:22 * edit *

No title

TAMAさん

うちの近所も、最近うらに住宅が建ち始めて、野生動物が住む場所を
追われています。去年まで14羽もいた七面鳥が、今ではわずか1羽
だけになってしまい、その1羽がひとりでエサを探しに来るのを見ると
切なくなります。
どうにかしてもっと、動物と適度な共存ができないかな、と思いますね。

ミャオーン #vK9fbjOE | URL | 2012/10/16 21:14 * edit *

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://mischarl.blog.fc2.com/tb.php/15-5b7db46c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【全ての動物に愛情を注】

アメリカで一番大きいと(団体が自称している)動物愛護団体の活動内容を宣伝するビデオがありますので、

まっとめBLOG速報 | 2012/10/23 07:41

page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。