アメリカのペット事情~NY発信

アメリカNY州で猫と暮らす主婦が見たアメリカのペット事情色々を報告

スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

CM: --
TB: --

page top

レスキューの輪を世界に広める 

2014/06/29
Sun. 19:21

このブログでたまに紹介しているカリフォルニアのNPOレスキュー、
Hope For Paws。Pawsとは、犬や猫の足の部分を言います。
彼らの場合は犬のレスキューが主なので、「犬達に希望を」てな
名称ですね。

ビデオの作り方が上手いせいか、彼らのビデオはいまや
世界中で人気があるようです。先日、日本のヤフーで一般の
ニュースをチェックしてたら、彼らのビデオが日本にも上陸してる
事を知りました。
その一例は→虐待されていた犬に愛情が伝わるまで
お~、これで私の作業も楽になるなあと思ったら・・・・
和訳がなかった(" ̄д ̄)

ところでセオ君のお話のところで(こちら)、そこに載せたビデオが
良かったのか?そのログが過去で一番多く拍手を頂きました。
おそらくリンク先のビデオも楽しんでもらえると思うので、あらためて
訳をつけてご紹介しようと思います。



Nala(ナーラ)はLAのダウンタウンに近い溝で野良として暮らしている。
あきらかに男に虐待された過去があるようだ。
男性の声が聞こえただけで、クーンと、か弱く鳴いて逃げ去る。
親切な女性がエサを与えていたが、彼女を恐れてその前で食べる
ことができない。女性が去ってからエサをほうばるナーラ。
ボクは仲間のサラを呼んだ。女性と一緒ならナーラをレスキュー
できるかもしれない。メリッサも協力してくれることに。

ここからビデオ始まる

Eldad氏 「おいで・・大丈夫だよ。いい子だね」
      「さわっても、いいかな」
上目づかいで、不安でしかたがないナーラ。
辛抱強く、暴力をふるわない男性もいることを伝えるEldadさん。

メリッサから抱きしめられ
サラからはチューっとキスされる
2時間後、ようやく通りへ戻る準備ができた。
子供が好きなナーラ。
男性恐怖症も克服した。
ナーラは犬も好きなんだね。
預り宅で暮らしているナーラに、飼い主を見つけよう。

さて先日のセオ君のビデオ(こちら)は、アップロードしてからわずか
2週間で200万をヒットしたそうですすごい人気ですね。
こうしたビデオが世界中の人達の共感を呼ぶことで、世の中の
人達が、ごく当たり前に犬を、動物を大事にする道徳感を持つ
時代になればいいなと思います。

ランキングの応援も宜しくお願いします。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村

関連記事

[edit]

CM: 7
TB: --

page top

コメント

いつもブログみてます。
私もEldadさんの大ファンです。
Nalaのレスキューがお気に入りの一つです。ちなみに、マイリーの動画も同じくらい好きです。

Nalaの信用を得るために、五時間くらい横に座っていたとどこかでEldadさん言ってましたよね。本当に彼はすごい!
フォスターのお父さんにアダプトされたNalaちゃん♥︎幸せになってくれて嬉しいです。

まい #- | URL | 2014/06/29 20:07 * edit *

まいさん
コメントどうも有難うございます^^!
日本でも、Eldadさんの活動が知る人ぞ知る存在になっていて
嬉しいです。私もこのビデオ好きなんですが、なぜかPitbull系のは
ぶさカワな子達の愛きょうのせいか、見ててほんわかしますね。
マイリーは、どれだったか・・・後で探してみますね。

この方は犬だけじゃなく動物全般を愛する筋金入りの愛護家(ビーガン)
なんですが、シザー・ミランなみに有名になってお金持ちになって頂き
たいと思ってます。この人なら、贅沢をせずに私財を使ってでもレスキュー
し続けて犬達のために尽くしてくれそうな気がするからなんです。

Mischa #vK9fbjOE | URL | 2014/07/01 08:37 * edit *

はじめまして。
最近YahooのトピックでHOPE FOR PAWSの動画を見て、こちらのブログにたどり着きました。
飼い主に置き去りにされ、1年間路上生活をしていた犬の動画を見た時はものすごいショックを受けました。
最後元気な姿を見られたので、よかったですが、それでも怯えきってパニック状態で逃げ惑う姿、そして優しく撫でられ驚いて目を見開いてる姿…
何度も何度も見ました。

それ以来、HOPE FOR PAWSの動画を頻繁に見るようになりました。

私自身、2ヶ月前に14年間飼った愛犬を病気で亡くし、色々今までは考えなかった様な事を考える様になりました。
末期ガンだったので、余命宣告後、つきっきりで看病できたのは1ヶ月ちょっとでしたが、それでも自分の時間は全て愛犬の看病に費やし、愛犬の為にできる限りの事はできたとそれなりに思えます。
ただ、やはり動物を飼うということは、世話をする時間、病気になれば高額な医療費もかかり、介護となれば人間同様つきっきりになる…
それに可愛い可愛い愛犬の苦しむ姿は正直トラウマになってしまったので、もう、あんな思いは…今後生半可な気持ちではとても飼えないな…と言うのが今の気持ちです。

でも犬が本当に好きで好きでたまらないのです。

たった1匹を自分が飼うことはできなくても、もっと多くの傷ついた犬を、可哀想な境遇の犬を助けてあげたい、幸せにしてあげたいと、愛犬を亡くしてからは思う様になりました。
一時預かりで里親探しや動物愛護のボランティアなどです。
ただその為には、実際問題それに費やす時間とお金が必要なので、それを蓄える準備をしています。

動物を虐待したり、途中で放棄する人間の気がしれません。
絶対に許せません。
私も処分される動物がいる限り、ペットショップやブリーダーはなくさなければいけないと思います。

ただ私自身、愛犬はブリーダーから購入しました。
当時はこんな現状を知らなかったんです。

だからもっともっと、処分される動物の真実を伝えなければいけないです。
知らない人が多いのです…。

本当に長文になりすみませんでした。
普段なかなかこういった話をできる場がないので、日頃の思いを全て吐き出してしまいました。

このようなブログを作って頂き本当に感謝しております。
一人でも多くの人がこのブログを見て、HOPE FOR PAWSの動画を見て、処分されてしまう動物の事を真剣に考えるようになる事を心から願います。
どうもありがとうございました。

ドラミ #- | URL | 2014/07/06 08:54 * edit *

ドラミさん
こちらこそ、はじめまして。
このようなコメント頂きとても感激しています。どうも有難うございます!。
ドラミさんが書いて下さった事、そのものを私は多くの人に伝えたくて
このブログを更新し続けています。次の更新にそのまま文章をお借りしたい
くらい。

>ただ私自身、愛犬はブリーダーから購入しました。
>当時はこんな現状を知らなかったんです。

我が家も初代(といっても昭和50年代の話です ^^;)の子は
ポメラニアンだったからブリーダーから来ました。昔の保健所には血統書
付きの子なんていなかったですものね。それにくらべ今は、なんと多い事か・・・
この事も、ブログで訴えていきたいんです。
でも、ドラミさんのように、知らなかった。でも知ったら、現状を変えて
いきたい、という心の持ち主の方は、潜在的に多いはず。
そんな方達をもっと増やしていきたい。
そういう思いで書き続けています。
今後も、ペットショップの犬の出どころ・・パピーミルの現状や、悪徳商売、
悪徳獣医、そういった現実も載せていく予定です。

最愛のワンちゃんの死から2か月との事。
まだまだドラミさんにとって辛い時期ですね。
看病の1カ月がどれだけ苦しかったか、容易に想像できました。
でも虹の橋を渡ったペット達の魂は、飼い主を見ているそうですよ。
そのお話も、いつか載せようと思いつつ、更新ネタが多すぎて
追いついていません。

Eldad氏が世界に与えている影響は大きいと思います。
私も彼のビデオが好きで、同じものでも繰り返し見ています。
日本にも上陸して本当に良かった。
これからも彼らのビデオをここで紹介していきますので、またぜひ
見に来て下さいね。
本当に、真摯なコメントをどうも有り難うございます。

Mischa #vK9fbjOE | URL | 2014/07/06 10:04 * edit *

Hope For Pawsへの寄付金

こんにちは。
突然のメッセージでこのようなことを書くのは失礼とは承知の上、私自身もこのHope For Pawsが日本で広がって行く前に、もうすこし冷静に真実を見つめたいと思い、是非、ご意見を伺いたくメッセージをしております。
私も暫くはhope for pawsのビデオに心から感動していました。
時に号泣しながら見ていました。
これを見て、多くの人が犬をシェルターから保護してくれるようになっただろうし、実際に保護しなくても、動物を大切にするようになった事は間違いない功績だろうと思います。彼らの一番の功績はむしろ人々の関心を高めた所にあると思います。賞賛すべき事だと思います。
しかしながら、アメリカに長く住んでいるせいか、用心深くなっている私は、「この手の、人の心を動かして、寄付を募るビデオにはもしかすると、裏があるかもしれない」と寄付をする前に調べました。
すると、やはり出て来る闇の部分。
http://cherylkicksass.blogspot.com/2015/04/is-hope-for-paws-shady-hollywood.html

http://greatnonprofits.org/org/hope-for-paws

私が懸念していた事がそのまま書かれていました。
真実かどうかは分かりません。成功を妬んでこういう事を書く人はどこにでもいます。
ただ、私もこの団体はもしや、ドラマティックなレスキューを数匹に絞って、ビデオをとっているのかな、と思っていました。
近隣のフォスターに後は任せ、一番時間と体力のいるレスキュー後のケアの部分は他団体が行っています。そうなると、彼らの寄付金は実際には他団体にも分配されているのかという疑問が残ります。実際、あれだけの視聴者がいて、その2%でも5ドルの寄付をしていたら、彼らの助けている数える程の犬たちのケアをしたとしても、有り余る金額になります。

レビューを見ると、「自分たちで保護した犬を引き取って欲しくて連絡しても返事がない」といった苦情、他のレスキュー団体の人達は、「ドッグレスキューの現場にいる人間からすると、ビデオ撮っている暇があれば、その間にもっと多くの犬を救える。」というコメントを出していたり。
「彼らは多くの犬を救うより、いいビデオが撮れる数匹にこだわり、寄付を受け取って、捕まえた犬は他の団体に引き渡す」と言われています。
私は、これを見て、ただのねたみから来る批判なのか、それとも本当の事なのか分からず、念のため、寄付は実際にAdoptionを受け付けているシェルター、捕獲後に世話をしている団体にした方がいいのかな、と思いました。

どうおもわれますか?
私もHFPを応援してはいるのですが、寄付をする前に他の方のお考えを聞きたく、こちらにお邪魔致しました。

Susie #lUx.vvQI | URL | 2015/12/16 01:34 * edit *

Susieさん
コメント有難うございます!
アメリカはここまで寄付が日常的な国なので、怪しい団体がいても不思議ではなく、
心配になりますよね。その一方で、有名になると必ず批判をされてしまうのもネット
社会の世界では当たり前になってしまったと思います。

実は私も動物レスキュー関連で検索していると、あのシザー・ミランが犬を虐待して
いるとか(これは彼が特にメキシコからの移民なのでアメリカンドリームを妬むアメリカ人
のやっかみと感じました)、HSUSの代表者、パレス氏の豪華な自宅の写真をYoutube
に載せて、寄付金で贅沢をしているとか、そういった書き込みやサイトに遭遇したことが
あります。
正直なところ、私も「書き込んでる人たちの正体」が分からないと、その噂や評判自体
が本物かどうか分かりません。ここまで有名になった団体や人たちは、おそらくCIA
なんかにマークされてるんじゃないかと思うので、寄付金の使い方もへたには詐欺が
できないんじゃないかと・・・あくまで、私の憶測ですが。。

このHopeForPawsに関しては、頂いたリンク先見ましたが、私は個人的にはそれほど
悪意は感じなかったです。
これほど有名になってしまったので、おそらく彼と妻は、電話もメールにも対応でき
ないほど、多忙なんじゃないかと思います。返事をもらえなかった人たちが、気を悪く
してサイトに★1つの評価をつけるのは、気の毒な気がしました。
彼らの自宅などはFBで見れますが、割と質素で、寄付金の多くは獣医費になってる
んじゃないかなあと・・・・治療費が、ものすごいはずですよね、あんな瀕死の子達ばかり
レスキューしていると。
「寄付を受け取って、捕まえた犬は他の団体に引き渡す」=これも、その寄付金が
ちゃんと使われていれば、他の団体に回す事自体は、面倒見てる犬たちの頭数が
多すぎるのであれば、それでもいいんじゃないかなと思いますが・・・
この夫婦は、そもそも、自分たちの団体を大きくする気はないんじゃないかという印象
を受けます。これも、私の個人的な見方なので、あてにはなさらないで下さいね。

ところでネットで寄付をするのは、そのこと自体が心配ですよね。
最近私はPaypalで詐欺にあい、クレジットカードを作り直しました。
Hopeさんたちは、多分間に合ってるんじゃないかと思うので、その分Susieさんの
地元のシェルターや団体にされたらどうでしょうか。
私も主人とは、大きな団体よりもローカルを支援してるようにしています。
私の意見が参考になれば幸いです。

Mischa #vK9fbjOE | URL | 2015/12/16 12:05 * edit *

お返事ありがとうございます。

唐突なメールにも関わらず、お考えをシェアしてくださりありがとうございます。
Eldad氏の捨て身のレスキューを見ていると、本当に体をはって頑張っているし、心から応援したいのですが、色々読んでみると本当に色々出て来て、明確な答えが自分では出せないので、寄付をする時は小規模なローカルシェルターを選んでしようと思います。
大学の論文を書いた時につくづく思いましたが、ネットからのソースは裏付けが本当に大変ですね(苦笑)
PayPalも安全ではないのですね。。。。気をつけます。

Susie #lUx.vvQI | URL | 2015/12/16 22:51 * edit *

page top

コメントの投稿

Secret

page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。