アメリカのペット事情~NY発信

アメリカNY州で猫と暮らす主婦が見たアメリカのペット事情色々を報告

スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

CM: --
TB: --

page top

飼い猫には、なれそうにない猫 

2014/05/28
Wed. 09:03

さて、私が3日間だけ預った猫に話を戻します。
よその小さなレスキューグループの人がTNRのため捕まえたオスの黒猫
(推定8カ月)が人慣れしていたため、去勢した後保護することになったが、
保護スペースがない為私のグループが引き取る事になりました。

そこでジェイさんに頼まれ私がその黒猫を預りに行ったのが、5月8日の
木曜のこと。

IMG_1692.jpg

木曜日(初日)
まずはウンチを確認しないといけないので猫部屋に1匹で入れる。
私がソファに座るとひざに飛びあがってきて喉をゴロゴロ。
お、可愛いじゃん?と思うと、ぱっと離れ、あとは独りがいいみたい。
部屋を出る時、必死で後を追う。名前がまだない為、私がDanny
(ダニー)と名付けた。

金曜日(2日目)
この日は主人と二人でダニーの部屋に入ってみる。気まぐれに
ひざにのって甘えるが、やはりぱっと離れる。
私達が部屋を出ろうとすると、また必死で自分も出ようとする。
私が捕まえたその時・・・・

ガブッーーーー
なんと、肉に歯が食い込むくらい激しく私の手首を噛んだのです。
これがまた超、痛かった
慌てて部屋を出ると、今度は独りトライしようと残った主人の、
物凄い叫び声。

ギャーッ
夫の脚にも噛みついて、すねから血がダラ~っと出ている。。
とにかくその晩は、ダニーを部屋に入れておいた。

土曜日(3日目)
去勢してまだ2日しかたっていないのに、ジェイさんが譲渡会へ
連れてきてよいと言うので、ダニーを譲渡会へ。
どうやら私がいない間にも、ボランティアの女の子の手を噛んだようだ。
ジェイさんが、2・3日では判断できないというので連れて帰る。

その日も、猫部屋に入れると狂ったように出たがるので出してあげた。
我が家の「猫トイレ」は地下室にあるので、そこへ通じる猫ドアの
使い方を教えてあげなければいけない。

IMG_2447.jpg

まずは地下室の方に入って、ドアのところでダニーの頭を少し押して
あげて、ドアが開くのを教えるが、なかなかできない。そのうちフラスト
レーションがたまってきたのか、う~う~とうなり始めた。その時・・・

ガブーッ

ギャーッ

今度は突然私の脚に噛みついたんです!その攻撃的な事と言ったら・・
痛ったいのなんのって
よくよく観察していると、
家の前の道を通る人達を見てう~っと唸る。
他の猫達を見ても、う~っと唸る。近づくと、ガーっと攻撃。
どうやら、自分の思い通りにならない事がある時に噛みつき、
身の危険を感じると、怒りだすということが分かってきました。
しかし、たった今ご機嫌だったのに、次の瞬間にまた噛みそう
な時もあります。

いつ噛まれるかまったく予想ができず、私の中にすっかり恐怖心
が芽生えてしまって、ダニーのそばに寄るのでさえ怖くなって
しまいました。これではとても一緒に暮らせません。
............................................................................................................................................

日曜日(4日目)
グループの中でも特に猫吉なエスさんがBFと一緒にダニーを
引き取りに来てくれました。彼女自身、猫みたいな顔した猫の
ベテラン。ダニーが飼い猫になれるかどうかを判断するため、
彼女がしばらく様子を見る事に。もしダメだったらダニーはどう
なってしまうのかと主人が心配して聞くと、
「その時は納屋猫(注1)として暮らすよう、エサやりの人がいる
安全な場所にリリースするから大丈夫だよ」とエスさんたち。

次の譲渡会でエスさんにダニーがどうしているか聞くと・・・・・
「しょっちゅう2回の窓から脱走してるわよ。逃げてはエサに戻って
きての繰り返し。うちの猫にも攻撃的ね。」とのことでした。

ああ、うちの猫部屋から必死に出たがったのは、外に戻りた
かったからなのか・・・。産まれて8カ月近い野良生活で、きっと
ほかの野生動物からも身を守って生きてきたのだろう。
こんな子を、無理やり飼い猫にしても幸せなんだろうか?

NYの冬は零下20度を超える。外にいれば寿命はせいぜい3年位。
細く、長く生きて幸せな飼い猫がいるように、
自分の思うがままに太く、短く生きて幸せな猫がいて
もいいと私は思う。

(注1)
アメリカには畑や小さな牧場を持った人達の納屋があちこち
にあり、そこで「ねずみ退治」をするために雇われている「納屋猫」
という猫たちがいます。彼らはそのお仕事の報酬にエサをもらう
という形で飼われているそうです

ランキングの応援どうぞ宜しくお願いします。
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村
関連記事

[edit]

CM: 4
TB: --

page top

コメント

ニューヨークは外ネコさんは三年ですか?
日本では五年とか・・・
本当に寒いところなんですね
気性の激しい子って我が家にも居ますよ
二カ月前の子猫を保護したのですが
思い道理にならないと噛み付いたり引っかいたり
挙句には自分の毛を引っこ抜いて禿を作るんですよ
神経使いまくって私の方が何度寝込んだことか><
獣医さんいわく
「ほっときなさいよ><環境その子に作り変えられないのだから」
猫も犬も人間すら気に入らない子なんですから><

茶チャママ #Wb6Olee. | URL | 2014/05/29 01:59 * edit *

そりゃまたなんと・・
ニャンコの目つきが本気モードだもの。
痛かったでしょ。
そんなやつ私もちかずけないわ・ (ノω=;)
Mischaさん、ボランティア始めてから色々大変ですね〜。
ガンバレ〜〜

yoyo #lIyKC2Ww | URL | 2014/05/29 17:30 * edit *

茶チャママさん
野良でも条件がよければもっと長生きできると思うけど、
うちの義母がえさやりしている黒猫軍団、14匹まで増えた
のが、いまは4匹位に減ってしまいました。
子猫のうちから保護しても難しい子がいるんですねー
ストレスがあると毛をぬいてハゲにするって、私の実家のインコ
もそうですよ(苦笑)

Mischa #vK9fbjOE | URL | 2014/05/29 20:25 * edit *

yoyoさん
そーなんですよ~ なんか、私んとこにばかり問題ありの子達が
来るような気が。。。今いるSmokeyは、2か月たってもうちの子
たちをフーシャー追い駆け回ってますよ^^;
このDannyはリリースされるだろうと思ってます。
人がケガするくらい噛むってのが、やはり問題ですね。。
トレーニングできれば、別ですけど・・・

Mischa #vK9fbjOE | URL | 2014/05/29 20:28 * edit *

page top

コメントの投稿

Secret

page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。