アメリカのペット事情~NY発信

アメリカNY州で猫と暮らす主婦が見たアメリカのペット事情色々を報告

スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

CM: --
TB: --

page top

譲渡会イベント@Hondaディーラー 

2014/05/05
Mon. 15:35

やっと4月27日(日曜日)の譲渡会の更新です(この続き)。
その前にお知らせ♪
私の預りっこ第1陣にいたスミレちゃん(バイオレット)と、目玉星人
とあだ名をつけたサシ―がそれぞれ先週と今週卒業しました

Violet 1 IMG_2044 (380x400)

めでたい事とはいえ、やはり毎回もらわれていくとしんみりします。
さて今回は予告通り、私の地元では一番規模が大きいホンダディーラー
の場所の提供により行われた、16ものレスキュー団体の合同大譲渡会
の報告です。写真が多いので続きは折り込みへ

IMG_2256.jpg
アメリカで車のディーラーは日曜日は休みなので、ショールームと
サービス工場が貸し切りとなりました。

IMG_2259.jpg
この日はホンダのディーラーと、テレビで気象予報士として活躍してる
Steveさんの動物愛護団体「ペットコネクション」がスポンサーとなって、
猫と犬1匹の譲渡につき、それぞれから25ドルずつの寄付が出ると
いうおまけつきでした。
つまり通常は100ドルの譲渡料が、新しい飼い主が払う金額は50ドル
となり、あとの50ドルはホンダとペットコネクションが負担してくれると
いうわけ。

IMG_2264.jpg
私のグループKAの代表者、ジェイさんまたもや後ろ姿で登場(青いセーターに黒いパンツの人)

その為、オープン前にジェイさんがボランティア達を集めて、この日の譲渡会
ではいつもよりも特別にどんな人のところへ猫が渡っていくのかを慎重に
見極めるようにという注意をしました。そして譲渡料がいつもの半額となると、
猫の安売りにならないようにとのジェイさんの配慮から、成猫のみの譲渡会
となったのです。
(実際、猫のアダプト料なんかに100ドルも出せないけど、半額ならいい
という人達もいるんです。エサ代や獣医代にまともにお金を使わない可能性が
ある人達には、子猫が可愛いからと気安くもらっていってほしくないという
事だと思います)

IMG_2269.jpg
この日のグループの中で一番規模が大きかった、うちのグループのケージ

去年はこの1日の催しだけで34匹も譲渡されたそうです
今年もその期待を込めてみんな張り切っていたのですが・・・・・
あいにくの雨のせいか、人出が思ったよりも少なく、午前中はさっぱり。

IMG_2266.jpg

これはショールーム全体を見渡した様子。
里親募集中の犬達は、下の写真のサービス工場内に集められたのですが、
こうして何匹かは猫舎の方にもリーシュで繋がれてボランティアと一緒にいました。

IMG_2267.jpg

この中のワンコ達は、みんなリーシュにつながれ、各担当者が面倒をみて
います。募集中の子達は「AdoptMe!(もらって!)」とロゴが入った洋服
を着て、時々表に出て走り回ってアピールしていました。

IMG_2268.jpg

これは隣の郡の大きなアニマルシェルターのトラック。
中にもいくつか猫のケージがありましたよ。

IMG_2263.jpg

いつもとは違う会場で、不安そうなうちの預りっこ達。
宣伝があまり行き届いてなかったのか、最後まで思ったほどの人出がなく、
ちょっと残念な結果の譲渡会になりました。ところで、となりのブースにいた
グループから、こんなものを買いました。

IMG_2313.jpg
「命を救おう。去勢しよう」
と書いてあります。Spayはメスの、Neuterはオスの去勢の意味。

IMG_2312 (500x333)
そう、車のマグネット式スティッカ―です
アメリカに来てから、犬や猫好きだとすぐに分かるスティッカ―をはじめ、
米軍の支援とか、乳がん撲滅のリボンとか、「自分の主張」を貼ってる
車をよく見かけるので、私も真似してみたかったんです(^▽^)
これで私の車を見る人達には、私が猫ボラをしている事が分かります。

にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村
応援のクリック宜しくお願いします^^
関連記事

[edit]

CM: 2
TB: --

page top

コメント

日本でも

オートバックスみたいなカー用品店のグッズ売場で山と売られてますよ、リボンがループしたデザインのやつ。ただし、「Hawaii」とか「Aloha」って何の主張だ(笑)、ってのも多いですね。
米国でもAdoption Feeを譲渡希望者からとるのですか・・・日本では「愛誤」を連呼するバカ共が「(野良猫あがりだから元手ゼロの)譲渡ビジネス」などとふかしておりますが・・・こんな率の悪くリスキーな活動がビジネスモデルになるかってえの(苦笑)。ビジネスになってりゃ、今頃野良猫問題なんてとうの昔に解決してるって、ねえ。

ネコンキスタ #vE7Srg3Q | URL | 2014/05/09 20:57 * edit *

ネコンキスタさん
日本でもあのリボンのマグネット式か貼り付け式の車用スティッカ―って
売ってるんですか。私が日本にまだいた頃は「赤ちゃんが載ってます」の
サインくらいしか見た事なかったですが・・・何でもアメリカから来るの早い
ですね。
譲渡料は、もちろん頂きますね(州が補助金を出すようなシェルターでも
やはり手数料があります)。なんといっても全ての猫を去勢、検査、虫くだし
したうえで渡すので、寄付金と自己負担だけだと相当運営が厳しくなると
思います。金持ちの道楽だったら出来ると思うけど、逆に元手がなかった
としても、「タダ」でほいほいあげちゃうのは、怖いですよね。
捨て猫、野良猫でビジネスは無理でしょ~。


Mischa #vK9fbjOE | URL | 2014/05/09 21:19 * edit *

page top

コメントの投稿

Secret

page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。