アメリカのペット事情~NY発信

アメリカNY州で猫と暮らす主婦が見たアメリカのペット事情色々を報告

スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

CM: --
TB: --

page top

動物病院からの心温まるお悔やみ 

2014/04/03
Thu. 09:02

義母の猫、クローバーが天国へ逝ってしまってから、10日後にたまたま
うちの長女セナの眼の様子がおかしかったので、動物病院へ行きました。
その時に引き取ったクローバーの遺灰が入った壺です。



こんなに小さくなって、私達の元へ帰ってきました。

ae9i_auto_d.jpg

後ろの紙バッグには、ちゃんとクローバーのフルネーム(名前と私らの姓)が
貼ってあって、人間と同じように扱ってもらったのが嬉しかったです。
そしてこのカード。

一度もクローバーの診察はしたことがない病院ですが、病院長のドクター(女性)
をはじめ、看護師、受付の方みんなが寄せ書きをして下さっています。
これを見て、思わず目頭が熱くなりました。

b170_auto_d.jpg

アメリカでは、イギリスや他の西洋の国と同様に、何かの機会があるたびにこうして
カードを出し合いますが、お悔やみ用のカードももちろんあって、誰かが亡くなると
その家族あてにこういったカードを郵送するんです。クローバーのこのカードも別途
郵送で来ました。ペットも人間と全く同じように扱って下さるとは思ってもいません
でした。


ところで、よそのブログさんで、猫の火葬が3万3千円と見たんですけど、
それは高い
ひょっとしてお葬式代とか諸々の経費も入った値段なんでしょうか?
クローバーのこの分は150ドル(プラスNY州の消費税8%)でした。
参考までに。


ブログの字を大きくしてみたんですが、この方が読みやすいという方は
ランキンボタンの後、拍手ボタンでお知らせ下さい。
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村
関連記事

[edit]

CM: 2
TB: --

page top

コメント

火葬とお骨壷に骨壷ケース付きでそうですよ
まとめてお骨にしての葬儀にお経・永代供養どもやハリそれぐらいだとか
我が家はお骨は裏のくちなしの木の下に葬っていますが
いつでも居間が見えるので
長い間の治療費にお骨にと馬鹿にはならないのですよ
ブランケットで包んでそのまま埋める人も居ますが
都会では埋めるスペースが無い人達は合葬などされているようです

茶チャママ #Wb6Olee. | URL | 2014/04/03 19:03 * edit *

茶チャママさん
物価の違いとはいえ、去勢代も火葬費用も日本は倍以上ですね。
高いなあ・・・。ある意味ペットを飼うというのは、ある程度の余裕を
みておかないと、出来ませんね。それゆえ、捨てる人もいるんでしょうか。
このクローバーのは、骨壺は安いプラスチックなんですが、プライベート
火葬してもらったので高くつきました。他の子達と混ぜて火葬してしまうと
遺灰が引き取れない代わりにもっと安かっただろうと思いますが、
どうしてもクローバーを義父母の家の庭に埋めてやりたくて。。。
魂はとっくにあの世へ旅立っていってるから、後は飼い主の自己満足
なんでしょうけどね。

Mischa #vK9fbjOE | URL | 2014/04/03 19:15 * edit *

page top

コメントの投稿

Secret

page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。