アメリカのペット事情~NY発信

アメリカNY州で猫と暮らす主婦が見たアメリカのペット事情色々を報告

スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

CM: --
TB: --

page top

アメリカの動物病院のシステムと獣医さん 

2012/05/26
Sat. 14:33

ちょっと本題に入る前に、地元の新聞の「人生相談コーナー」に、ある動物病院の受付嬢
をしている女性からの面白い投稿があったのでそれをご紹介しますね。

そこにはアメリカで動物病院に「患者さん」を連れてくる際の飼い主へのお願いが
載ってたんですが、私が思わず吹いてしまったのは、
「電話で予約をする時に、ビビアンちゃんのママです、とかピギー君のママですって
名のるのはやめて下さいね。ちゃんとご自身の名前を名乗って下さい」という注意が
あったことです。面白いですね。わがやでも猫はかなり擬人化してまして、うちの主人
が帰って来る時には猫たちに「あ、お父さんが帰って来たよ」なんて日本語で話し
かけてしまうんですけど(笑)、さすがに外ではね。。。

ところで、アメリカの動物病院で驚く事は、システム的な面では人間の病院とほぼ
同じように運営されていることなんです。アメリカでは、緊急以外は病院に行く前に
予約をしなければいけません。歯医者と美容院も同様に必ず予約制です。動物病院も
またしかりで、朝起きてペットの容体が急変していたような場合にはERへ連れて行き
ますが、それが出来ない場合、普通の動物病院に緊急であることを告げれば、すぐに
受け付けてもらえる場合もあります。

RRAH-FrontPage.jpg

病院の外観は、上記のようにビルのような建物だったり、また普通の一軒家のように
みえる建物のところもあります。
たいていの動物病院は、二人以上の獣医さんがいて、看護助手数名にまた数名の受付係
で経営されているところが多いようです。日本のように男性の獣医さんが個人でクリニックの
ように開業しているような病院は、こちらではまだ見た事がありません。動物もちょっとした
「総合病院」のような感じです。

まず受付をし待合室で待っていると、助手の方からペットの名前で呼ばれます。
最初に「診察室」へ通され、まずは助手の方が「患者」の体温を計り簡単な身体チェックをし、
飼い主から詳しい症状を聞きます。その後獣医さんが入って来るまで、飼い主とペットはその
診察室で待たされるんです。忙しい時は20分以上待たされますねー。

これはアメリカの病院のシステムの面倒なところなんですけど、助手(人間の病院だと看護師)
の方にさんざん説明しても、先生が入って来るとまた同じ質問されるんですよね

examred.jpg
これはうちの長女が初めての検診でお世話になった病院(サイトから写真拝借)の診察風景。
左の女性の先生が経営者で、右の男性は雇われの獣医さんですね。
アメリカでは、私の住んでる地域のみならず、女性の獣医さんはとっても多いです。
これまで行ったことがある数々の病院は、女性上位な感じでした。アメリカでは、女性がなりやすい
人気のある職業のように感じます。また男性よりも女性が上司になれる職場というのがとても
アメリカらしいと思います。

icured.jpg
これはICU、つまり集中治療室。手術を受けることになった子や、重い症状で一時入院する事
になった子はこういった先生や助手の方たちが常に様子を見れるところへ入れられます。
そういえば、うちの次男が高熱で緊急扱いで入院した時にICUに入った事がありましたよ。

Ultrasoundred.jpg
ウルトラサウンド(超音波)検査室。
すごいな(笑)人間さまと同じ治療が受けられるんですね。動物病院も今は進んでるな~

xrayred.jpg
これはレントゲン写真を撮ったりする放射線治療室となっています。まさに人間なみの
治療ですね。

Dentistryred.jpg
これは歯の治療室ですね。全身麻酔で行うので、治療費が高いです。デンタル専門の医師
がいる動物病院もあり、うちの長男はそこで歯の手術をしました(こちら


labred.jpg
これはラボ室の様子。患者さんの血液や、菌、ノミダニなどを調べています。
一度、うちの子の耳に発生したマイツという寄生虫を先生が「見てみたい?」と聞くので
ラボ室に入れてもらって顕微鏡で見た事ありますが、もう「ギエエ~ッ」と悲鳴をあげて逃げ去る
ほど気持ち悪かったですああいうのが耳の中にうじゃうじゃいると知ってから、こまめに
うちの子達の耳の中をチェックするようになりました

isolationred.jpg
これは、病気の野生動物(野良猫も含む)を、狂犬病などの伝染病がないかどうか調べるまで
他の患者さんから隔離しておく部屋だそうです。野生動物については(こちら)で少し説明してます。

最初に説明したように、人間も動物も病院のシステムはほぼ同じなので、私自身が病院に
かかる時も、同じような段階で進みます。ちなみに、この写真の中の獣医さん(女性の方)は
正真正銘の動物愛護家で、完全なビーガン(卵や牛乳も採らないベジタリアン)だそうです。
競馬や肉体労働に動物を使うことにも反対しておられます。義母の子のホームドクターですが、
猫にも「ミスター」をつけて呼ぶんですよね。尊敬します

関連記事

[edit]

CM: 2
TB: 0

page top

コメント

No title

すごいですね~~!
動物の医療の進み方のすばらしさに目を見張る思いです。
日本もかなり高度な医療器械を完備した病院も増えてきましたが、どこでも、というわけにはいきません。 特に夜間救急病院はまだまだごく少ないです。

jjinny #cL5a7izo | URL | 2012/06/15 23:48 * edit *

No title

jinnyさん

そういえば、日本の地元では緊急用の動物病院は見た事がなかったような・・
そのかわり日本の獣医さんは勤務時間が長いとこ多いですよね?
うちの実家のワンコのホームドクターが確か深夜までやっていました。
アメリカはその点、普通の病院は時間通りにきっちり閉めますよ(笑)

ミャオーン #vK9fbjOE | URL | 2012/06/16 10:25 * edit *

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://mischarl.blog.fc2.com/tb.php/11-515d2de0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。