アメリカのペット事情~NY発信

アメリカNY州で猫と暮らす主婦が見たアメリカのペット事情色々を報告

スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

CM: --
TB: --

page top

猫のジアルジア症(その1) 

2014/03/21
Fri. 12:48

今週もまた預りっこの問題で色々ふりまわされたわ・・・・・・ 死ぬ~(苦笑)
ただいま猫のお産シーズン真っ盛りでレスキューに飛びまわっているジェイさんから、
さすがに直接獣医さんに行ってほしいと頼まれ、今週2回指定の病院へ行ってきました。
おっと、この日記はここからの続きです。


で、大便検査の結果は

Giardia (ジアルジア症)

という、私は初めて聞いた「感染型寄生虫」でした。今度は英語の音に近い日本語で
病名があってよかった~これはウイキぺディアの説明によると、人間でも発症例が
かなりあり、感染してしまうと抵抗力の弱い人はなかなか治らないとあります。

230px-Giardia_lamblia_SEM_8698_lores.jpg  giarzia1.jpg
写真はウイキと中島動物病院さんより


このパラサイトについて私が日米のサイトで調べた事は、誰かの役に立つように、次回で
詳しく書きます。とにかく、結論から言うと、我が家ではこの寄生虫は対応できない。
即刻預りっこ達はすぐにグループで引き取ってもらい、猫部屋を完全消毒させてほしいとジェイ
さんに頼みました。プライベートな事情はあまり書きたくないですが、うちは夫が免疫力が通常
より低い特異体質で、感染症の虫、菌、ウイルスには凄く気をつけないといけないんですよ。


ジェイさんから預け先をすぐに見つけるから待ってと言われ2日たった昨日。
夕方、夕食の準備をしてると、譲渡会担当のエルさんから

今ペットショップにいるから猫を連れてきて

といきなり電話が
ちょっちょっちょっと いきなり今来てって言われても
素っピンだし
料理中だし
今はすぐはねえだろ~~~~


もー、慌てましたよ
着替えるひまもなく、とにかく逃げまくる猫ちゃんたちをひっ捕まえてキャリーに入れて、
薬用意してバッタバッタ急いで2つのキャリーと1つの巨大なキャリーをゼイゼイ言いながら
運び出して待ち合わせのペットショップへ着くと。。。
「私、もう一人の女性とも待ち合わせてるからしばらくここにいないといけないのよね。」
とエルさん。

それを最初に言ってくれ( ̄□ ̄;)

慌てなくてもいいわよ、って言う気が効かない(失笑)
「で、猫はみんな病気なの?」
「これ、感染しますよ。4日であっという間に全員下痢。」
「あっ、そう。」
「人にも移るからサイトで調べた方がいいと思いますが」
「そうねえ」
猫の寄生虫の種類も無頓着なエルさんとの奇妙なやりとりがあって、私の預り第1号と
2号の計5匹が、エルさんちへ移りました。さよなら、またねと別れを惜しむひまもなく、
いきなり去っていったネコちゃん達。。。。
感染症は困るけど、猫ちゃん達自体はすっごく懐いてて可愛かったんです。
これからもこんな風に振りまわされるのかなあと思いながらも、やっぱりやめると言えず、
せっせと次の預りっこ達が来る前に猫部屋を掃除しはじめた私でした


しっかし猫部屋の全てのものを洗い、カーペットシートも貼り直し、消毒液買いに行って・・
しんどいわ、これ

にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村
ぽちっと応援お願いします
関連記事

[edit]

CM: 2
TB: --

page top

コメント

私も始めて聞きました
また詳しく教えてください

茶チャママ #Wb6Olee. | URL | 2014/03/21 17:36 * edit *

茶チャママさん
日本ではあまり発症例がないようですが、子犬が多いそうです。
私もこの機会に勉強になりましたよ。

Mischa #vK9fbjOE | URL | 2014/03/21 20:10 * edit *

page top

コメントの投稿

Secret

page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。