アメリカのペット事情~NY発信

アメリカNY州で猫と暮らす主婦が見たアメリカのペット事情色々を報告

スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

CM: --
TB: --

page top

アメリカのペット事情(1)ペットショップ編 

2009/02/24
Tue. 10:51

ヤフーニュースでちょっと目についた記事をUpしたくなったので、
今日はもひとつ更新。ちょっと長くなります。

捨て犬・猫処分減らせ 保健所イメチェン 
国が支援、ペットとの出合いの場に

2月5日8時4分配信 産経新聞


動物愛護センターや保健所を、捨て犬や捨て猫と飼い主の“出合いの場”に。
環境省は平成21年度から、動物収容施設の新改築の支援に乗り出す。
動物とのふれあいスペースなどを整備することで、ペットを探す訪問者が
増加し殺処分される犬猫を減らすのがねらい。支援対策費として、新年度
予算案に1億円を計上した。(・・たったの1億円・・・。働いてない天下りオヤジ達に
計上される給料の何分の1もないと思うけど・・・)



10年ほど前からは、ペットブームなどの影響で、流行感覚で犬の買い替え
(えっ?車のこと?)
をする人が増加。都心部を中心に、チワワやコーギーなど小型犬の純血種が
引き取られるケースも多いという。収容期間は施設によって異なるが、一定
期間を過ぎても新しい飼い主が見つからない場合は、殺処分される。

同省の統計では、平成18年度に全国の施設で収容されたのは犬が約14万
2000匹、猫が約23万2000匹の計約37万4000匹。このうち、約34万
1000匹が殺処分となった。
不妊・去勢手術の普及などにより殺処分率は
16年度が94・4%、17年度が93・1%、18年度が91・2%と微減傾向に
あるものの、依然としてほとんどが処分されているのが現状だ。


以上、ニュースの抜粋なんですが、もうこういう記事見るたびに腹が立って
仕方がないです。飼えないなら買うなよってのもあるけど、誰にでもペットを売るな
って、そっちの基本がめちゃくちゃと思う。「処分」て言葉自体が、いかにも
ゴミ扱いで情けないですね。


・・・といって、アメリカのペット事情なんて題にしたけど、正直なところ
具体的な国全体の愛玩動物への取り組みは私もよく分かっていません。
でも近所のペット屋が、鳥・ハムスター・魚といった小型動物のみを販売していて、
犬猫は売っていない。また常に行き場のない犬猫の里親探しをしている点は、日本の
ペットショップよりも何倍も好感が持てます。
(注)大手ペットショップでの里親探しは猫のみ。犬はシェルターで管理されています。
なお、アメリカにも犬猫の生体販売をしているペットショップは巨大モールの中など
に存在しますが、私の住む地域では確認できるのは一軒のみ。日本と比べると非常に
少ないと思います。


これはPetocoというチェーン系のペット屋さんの、里親探しコーナーの写真。

007.jpg

比較的大きなスペースのケージに1頭ずつ猫が入っています。

005.jpg

大きく伸びをするにゃんこ。こんなでも、うちの主人なんか「可哀そう」
と言います。小さなケージやケースに入っている鳥魚でさえ、彼は
可哀そうだと言う。日本でもP2とか大手のペットショップのケージは
大きいけど、個人経営のショップなど、まさにキャリーサイズのケージに
入れられてる犬猫は本当に気の毒です。

ここにいるネコたちは1頭ずつ名前がちゃんとあって、性格もある程度
把握されてるようだ。

006.jpg

僕の名前はHugastine。人間が大好きなんだ。
飼い主さんのひざにのって、1日中のどを鳴らして
いることもあるんだよ。でも他に猫がいたらイヤ
だなあ。
僕の飼い主は、引っ越した時に僕を置いて
いっちゃったんだ。


もちろんアメリカにだって、こんな人間いますよね。捨てられてもなお
人間を信じようとする動物を見ると健気すぎて涙が出る。。。

ここへ来るたびに「もう1頭ほしいなあ・・」と誘惑にかられる私ですが、
主人に「でも銀次郎が可哀そうになるよ。」ととがめられ、決心できないままで
います。やっぱり銀次郎は一人っ子じゃないとダメだろうなあ・・

最後に、私が一番感動したドイツのペット保護事情、お時間ある
方は見てみて下さい。もうスゥバラスィ~の一言でした。
生まれる国で明暗が分かれるのは、人間もペットも同じですね



関連記事

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://mischarl.blog.fc2.com/tb.php/1-08f508c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。