アメリカのペット事情~NY発信

アメリカNY州で猫と暮らす主婦が見たアメリカのペット事情色々を報告

スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

CM: --
TB: --

page top

人間と動物の共存とは何か 

2014/09/30
Tue. 16:11

これはアメリカの動物愛護団体が公開している、
ある畜産業の仕事の一部を写したビデオです。

暴力とか、屠殺を想像させるようなシーンは
一切ありません。そういう意味では安心して
スタートボタンを押して大丈夫です。






でも、最後の方で、母親から引き離されここへ
連れて来られた子ヒツジ達が、状況が飲みこめず
怖がってメェ~と鳴きながらぐるぐる走るシーンが
印象に残ってしまいます。

私は真実を知ったからといって、なかなかビーガン
になる決意ができないんですよね。
弱肉強食という世の仕組みを自然だとは思って
いるけれど、最近は、どうにかして、人が動物に
対し、やましさや罪悪感を感じずに生きる方法
はないものかと、考えずにいられません。


ランキングのバナーを押して応援して頂けると嬉しいです!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

[edit]

CM: 6
TB: --

page top

起きてよ、私をおいて逝かないで 

2014/09/23
Tue. 12:58

Facebookでシェアされてたビデオです。
リンク元は
こちら




なんか、BGMの効果もあるんだろうけど、
胸が張り裂けそうになる光景ですね。
猫にも感情があるということを、端的に
証明しているビデオだと思います。

実際は、犬猫だけじゃなく、サーカスにいる
象にもライオンにも、屠殺場へ向かう牛や豚
にも、水族館の水槽から出た事がないイルカにも、
動物園の中だけで生涯を終わるキリンにも・・・・

感情はあるんですよね。

以前、うちの周りにウサギが大量発生した
ことを書きましたが(こちら)、いやな事に
ちょうど我が家の前で3匹も車にひかれて
死んだんです。それ以来、いつ飛び出てくるか
わからないので、もし当たっても怪我しない
ように、家の近くはゆっくり、ゆっくり徐行
するようにしました。気短なドライバーの
うちの夫でさえ、歩くようなスピードに落とす
んです。でも同じ宅地の人達は、そんな気を
つかってはくれない。

こういうビデオを見ると、動物にとっても、
死ぬというのは、こういうことなんだよな、と
思わずにいられません。


なんだかなあ。。



ランキングのバナーを押して応援して頂けると嬉しいです!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村

[edit]

CM: 6
TB: --

page top

メス犬を獣姦した男の判決がついに 

2014/09/19
Fri. 08:34

先月載せたこの話題、覚えてる方いますか?

メス犬を獣姦した男の判決は

アメリカ時間の今日、13:30に公判が始まります。
いよいよですね~
フェイスブックでは招待を受けた約6300人中、2100人
が参加の予定となってます。そのうち何人が傍聴席
に座れるか分かりませんが、おそらく大半は外で
待機するんじゃないでしょうか。

rose 1

ローズちゃんは現在預りボランティアさん宅で
同居のお友達もできて、すくすくと回復してきて
いるようです。その様子はRose's Road to Recovery
で見る事ができます。

アメリカは性犯罪に厳しい国なので、これが
動物相手だとどう出るか?フロリダ州の動物
愛護法がどの程度なのかも含め、ちょっと
興味がありますね。
速報を知りたい方は、英語ですが

Justice For Rose

でリアルタイムで追う事ができるでしょう。

.........................................................................................................................

判決結果出ました。
5年の懲役刑だそうです。
フェイスブックに次々載せられた写真やコメントを
見ると、皆さんこの判決に大満足のようですね。

rose 2
ガッツポーズをとる支援者たち(FBより)

私はマサチューセッツ州のDoeちゃん事件(こちら)
が60年の実刑判決だったので、もう少しいくかな
と思ってたんですけど。。思ったよりあっけない
判決結果でした。

これで支援者たちが大喜びしていると言う事は、
男が書類送検のみ、あるいは無罪放免になる
可能性があったという事かもしれません。

現在、この男は62歳だそうで、刑期を終える頃
はまだ60代後半です。性的異常者としては、
まだ現役でいけそうですなぁ。。。

私、アメリカでも日本でも、こういう動物虐待の
例を見ていると、こう思わずにはいられません。
もしこの被害者が世間でいう「たかが犬」でなく、

子供だったら?
老人だったら?
政治家の娘だったら?
あるいは、
その国の要人だったら?

判決結果が、被害者によって変わってくる
可能性があると思います。動物だったら軽い、
子供だったら重いということではなく、

裁かれるべきは加害者の犯行内容そのもの
でなくてはならないんじゃないか、と思うのです。
相手が人間か動物かは関係ないんじゃない
かと。
日本の皆さんは、この判決結果をどう見た
でしょうか。


ランキングのバナーを押して応援して頂けると嬉しいです!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村

[edit]

CM: 8
TB: --

page top

NYテロ911レスキューに命を捧げた犬達 

2014/09/12
Fri. 15:27

昨日、ここアメリカは2001年9月11日に起きたテロの
記念日で、あちこちのメディアで当時をしのぶ報道が
ありました。
この日は動物好きの人達にとっては命がけでレスキュー
に参加した犬達の追悼の日でもあります。

911 dog 2
写真はこちらのイメージ集でもっと見る事が出来ます。

調べていると、当日消防隊員や救急隊員たちと
現場にむかった350匹の訓練を受けたプロの
犬達の他に、約100人の勇気ある市民が自分
たちの飼い犬を人命サーチのために連れだした
とあります。

911 dog 1

何匹の犬がその日に犠牲となって死んだかは
分からないんですが、事件直後にツインタワー
に消防、救急隊員たちと一緒に入っていった
犬たちは、タワーの崩壊とともにパートナーと
その運命を共にしました。
私が行きつけの動物病院にも、合衆国のヒーロー
として、その犬達をしのぶ絵が壁にかけられて
いるんです。

10534525_10202473801436733_3847680301248420516_n.jpg

あれから13年が過ぎた今、当時活躍した犬たち
は、2011年には12匹生存していたものの、現在
は皆他界しているようです。
驚いた事に、その死は過労や毒性の塵や埃を
吸ったことによる病気ではなく、ガンで死んだのは
数匹で、ほとんどの犬たちは加齢により死んで
いるようなのです。

研究者たちは、マスクも付けず人間でいえば裸の
ままの犬達がなぜ助かったのかは、おそらくその
長い鼻(鼻くう)のおかげで塵埃が肺に届かなかった
ためだろうと推測しています。

フェイスブックのコメントで印象的な事を書いて
る人がいたので要点だけ紹介します。

この世に、パピーミルやシェルターで、一度も
愛されず、ただ死ぬために生まれてきた犬達が
一体何匹いることだろうか。
彼らの存在をもって考えると、この救助犬たちの
ライフには大きな意味があり、その死にも大きな
意味があった。
彼らが虹の橋を渡った時、アメリカの国旗がなびく
歓迎を受けたことだろう。


ランキングのバナーを押して応援して頂けると嬉しいです!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村

[edit]

CM: 6
TB: --

page top

やばい。。。 

2014/09/09
Tue. 09:09

ご無沙汰しました!
べークセールの週以来、急に忙しくなったんですけど、
それ以外に実は来月から里帰りを3年ぶりにするので、
その計画と準備で頭が一杯になってしまって、この
ブログ作成になかなか集中力が持てませんでした。
その割には料理ネタは沢山あるんですが・・・


お留守の間もランキングを応援して下さった方々
どうも有り難うございます。しっかり私のモチベ継続
に役立ってます

ところで・・・・
IMG_2744.jpg

このペチュニア(左)とベッシ―の姉妹が我が家に
来て、ペチュニアが先に譲渡された後に、
彼女たちの同じ腹子のきょうだいである、この
アンガス君がベッシ―のルームメートとして、うち
に来ました。
IMG_2804.jpg

この、「明日のジョー」の前髪が風に吹かれて
分け目が変になってしまったような前髪が
チャームポイント(笑)。6匹きょうだいの中で
一番人懐こいのがこの子。

IMG_2898.jpg

人の体の一部に触れているのが好きで、
座って抱きかかえて側に置くと、こんな風に
甘えてじっとしています。カワユス・・・

IMG_3070.jpg

お父さんにも、この通り
我が家の雄猫どもは、私にしか抱っこさせない
のに、アンガスは誰にでも懐きます。

ところでアンガスって変な名前だけど、彼の
男きょうだいの名は他にホルスタインとジャージー。
在米の方は、ピンと来ますよね。
そう、この6匹には「牛の種類」の名前がつけ
らてたんです。母猫の模様が乳牛みたいだった
からだって・・・
しかしこの顔にアンガスって似合わないと
思いませんか?

もう、可愛くて可愛くて、この間の抜けた
お顔に似合う名前を勝手につけました。
サミーちゃんです(サミュエルの愛称) 笑

ところで、タイトルの何がやばいかって・・?
それがサミーちゃんのこの懐き方が私の
ツボに、すっかりはまってしまって、もう
手放したくなくなってしまいました
しかし我が家でこれ以上引き取るのは無理

そう思い始めた矢先に・・・・・・
サミーちゃんに着けてた「首輪」が、いつの間にか
口にはまってしまってて、よだれで首輪の色が
溶けて毛に染みついてしまったんです。

IMG_3090 (300x225)

ギャーっと思って、慌ててシャンプーしたけど
全く色が落ちず、ネットで調べても染まったシミ
を取る方法が出てこない。。。。
案の定、そのまま譲渡会に連れて行っても
欲しい人が現われない。このシミのせい?

そうこうしてるうちに、心ひそかに、このまま
引き取り手が現われずにいてくれたら・・・・・
な~んて思い始めてしまったぃ


完全に、ボランティアの目的から

逸脱しておりますな



やばいぞ、私


ランキングのバナーを押して応援して頂けると嬉しいです!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村

[edit]

CM: 4
TB: --

page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。