アメリカのペット事情~NY発信

アメリカNY州で猫と暮らす主婦が見たアメリカのペット事情色々を報告

スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

CM: --
TB: --

page top

レスキューの輪を世界に広める 

2014/06/29
Sun. 19:21

このブログでたまに紹介しているカリフォルニアのNPOレスキュー、
Hope For Paws。Pawsとは、犬や猫の足の部分を言います。
彼らの場合は犬のレスキューが主なので、「犬達に希望を」てな
名称ですね。

ビデオの作り方が上手いせいか、彼らのビデオはいまや
世界中で人気があるようです。先日、日本のヤフーで一般の
ニュースをチェックしてたら、彼らのビデオが日本にも上陸してる
事を知りました。
その一例は→虐待されていた犬に愛情が伝わるまで
お~、これで私の作業も楽になるなあと思ったら・・・・
和訳がなかった(" ̄д ̄)

ところでセオ君のお話のところで(こちら)、そこに載せたビデオが
良かったのか?そのログが過去で一番多く拍手を頂きました。
おそらくリンク先のビデオも楽しんでもらえると思うので、あらためて
訳をつけてご紹介しようと思います。



Nala(ナーラ)はLAのダウンタウンに近い溝で野良として暮らしている。
あきらかに男に虐待された過去があるようだ。
男性の声が聞こえただけで、クーンと、か弱く鳴いて逃げ去る。
親切な女性がエサを与えていたが、彼女を恐れてその前で食べる
ことができない。女性が去ってからエサをほうばるナーラ。
ボクは仲間のサラを呼んだ。女性と一緒ならナーラをレスキュー
できるかもしれない。メリッサも協力してくれることに。

ここからビデオ始まる

Eldad氏 「おいで・・大丈夫だよ。いい子だね」
      「さわっても、いいかな」
上目づかいで、不安でしかたがないナーラ。
辛抱強く、暴力をふるわない男性もいることを伝えるEldadさん。

メリッサから抱きしめられ
サラからはチューっとキスされる
2時間後、ようやく通りへ戻る準備ができた。
子供が好きなナーラ。
男性恐怖症も克服した。
ナーラは犬も好きなんだね。
預り宅で暮らしているナーラに、飼い主を見つけよう。

さて先日のセオ君のビデオ(こちら)は、アップロードしてからわずか
2週間で200万をヒットしたそうですすごい人気ですね。
こうしたビデオが世界中の人達の共感を呼ぶことで、世の中の
人達が、ごく当たり前に犬を、動物を大事にする道徳感を持つ
時代になればいいなと思います。

ランキングの応援も宜しくお願いします。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

[edit]

CM: 7
TB: --

page top

必ずどこかに縁があると信じて 

2014/06/26
Thu. 07:00

レスキューをする人達にとって、里親が見つかるかどうかは、
不安な事の一つだろうと思います。しかし私がボラするグループ
の人達は、アメリカ人という大らかな国民性もあってか、わりと
楽観的な人ばかりなんです。たとえ一生里親が見つからなくても、
預り宅にいさえすれば猫達は普通に幸せな暮らしができると
思ってるからでしょうか。

さて私が初めて預った5匹の猫達(こちら)のなかで、うち2匹の
行く末がいつも心配だった私。。。それはこの

Spencer 1
スペンサーと


Litha 2
リサ(写真はどちらも私がペットファインダーに載せていたもの)

ともに当時1歳の兄妹。
一緒に来た他の3匹がとても人懐こくて、私がソファに座ると3匹
がわさわさと寄って来るのに対し、リサは隠れたまま。スペンサー
はいつも遅れて、さりげなく近づいて来て、気がついたら私の横に
座っていた、というような子。

2匹ともいつも出遅れて、他の子達におもちゃを取られてしまう。
リサはいつまでたっても懐かないが、スペンサーは他の子が
来れば自分もそっと来るような、奥ゆかしい懐き方をする子でした。
ただでさえ白黒の子は、貰い手がなかなか見つからないのに、
とっても人懐こいです♪とウソの宣伝をするわけにもいかないし、
こんな調子で大丈夫かなあ、この子達・・・と思っていたのです。

そうこうしてるうち、ジェイクはもらわれ、エイダンをうちで引き取り、
新しくブレイズとキャメロンを迎え又5匹になった時に、例の
ジアルジア症が理由で、よその預り宅へ5匹とも移しました(その
経緯はこちら

ところで5匹を渡しに行った時、エルさんに「スペンサーはどの子?」
と聞かれたんですよね。なんでもコネチカット州(以下CTと略)の人
がスペンサーに興味があると連絡してきたそうで・・・・・
CT州?なんでわざわざ隣の州の人が、と変に思ったのを今でも
覚えています。
.........................................................................................

ところで、このジアルジア症の治療は1カ月で終わりました。
しかし譲渡会に戻って来たのはキャメロンとバイオレットの2匹
だけ(ブレイズは元いた家に戻る)。あれ?スペンサーとリサは?
それ以来、すっかり姿を見なくなってしまったんです。
毎週欠かさず譲渡された子のリストを見ても名前がない。
そして先月、ペットファインダー(里親募集のサイト)からも、2匹
のページが消されていました。

忽然とグループから消えた2匹。

そういえば、先月グループ内でジステンバーのため3匹の猫が
死んだとメールがまわっていたが、もしやもしや・・・・・

IMG_1701.jpg Litha 1

胸騒ぎがして譲渡リスト担当のジェニーに聞いてみても知らない
と言う。リーダーのジェイさんに聞いてみて、って言われたが・・。
今年の春だけでも保護しすぎて、100匹以上も保護猫を抱え、
ひっちゃかめっちゃかになってるジェイさんに聞いたところで
分かるわけなかろう( ̄▽ ̄;)

そこで、もしやと思いながらもフロリダへ引っ越した、スペンサー
とリサの元々の預り主だったエフさんに連絡してみると・・・・・

「あの子達はね~、CT州の男性が引き取っていったわよ~
と、相変わらず、のんきで明るいエフさん(笑)

なぜ、わざわざ遠方の人が?
以前、サイトの募集が元でまわりまわって男に虐待されたDoeちゃん
こちら)の事が頭をよぎります。するとエフさんは

「スペンサーは、この男性が以前飼ってた猫にそっくりなんだって。
それで欲しがったんだけど、リサが可哀そうだから一緒にって
お願いしたのよ。2匹一緒に引き取ってくれて、時々写真も送って
くれてるから、あなたにも今度見せてあげるわね。」

そうだったのか・・・・
大好きだった猫が忘れられなくて、また似てる子をもらう人達は
よくいます。そんな理由で遠くからでももらってくれるなら、きっと
大事にしてくれてるでしょう。本当にほっとしました。

こんな性格で大丈夫かなあ・・・と思うような子でも、縁というのは
一体どこにあるか分かりませんね。だから、レスキューがやめられ
ないのかもしれない。


ランキングの応援頂けると嬉しいです!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村


[edit]

CM: 2
TB: --

page top

以前載せたこのログ、「こんな凄い捨て犬見た事がありますか」
(→こちら)。このビデオが載るのを待っててくれた方いるかな?
やっとアップロードされたので、ここでシェアしますね。
これは英語が分からなくても非常に分かりやすいビデオなので、
要点だけ訳をつけます。
前半はこのワンちゃんの姿に涙がでますが、後半は見てよかった
と思える作りになってますので、ぜひご覧ください。



最初に広告が流れます。
仲間のアニーと僕はトレーラーの下に隠れている犬を見つけた。
近所の人によるとこの犬は、1年も前に飼い主が引っ越した時、
ここに置き去りにされたそうだ。
長い間の厳しい野良生活で、すっかり人間を恐れるようになって
しまった犬。

通常は、犬を逃げられない所に追い詰めたら辛抱強く時間をかけて
犬が大人しくリーシュを首にかけさせるのを待つEldad氏ですが、今回
は珍しく強引にレスキューしています。これは犬が表に出て車にひか
れてしまうのを防ぐためと、一旦見失ったらこの犬が二度と同じ場所
へは戻ってこないのではないかと懸念したからじゃないかと思います。

アニーがセオと名づけようと提案した。
トリムの後、心が壊れてしまったようにうなだれるセオ。
セオのため、仲間のMuttが預りボランティアを紹介してくれた。
2週間後・・・・・
ここで預かり宅のワンちゃん達と楽しく遊ぶセオの姿をうつして終る。


ビデオの最後の方、少し毛が伸びて見違えるように変身してます。
私こういうビデオを見るたびに、捨てる飼い主は、捨てた犬や猫が
その後どんな目に遭うのかを見届けるべきだと思うんですよね。。
それが保健所の殺処分のシーンであっても、他の人にあとの始末
なり世話なりを押し付けるのって、これは法律で罰するに値する
行為だと思えてなりません。


バナーを押して応援して下さると嬉しいです!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村

[edit]

CM: 2
TB: --

page top

ほめられFBの写真とペットに向かない猫のその後 

2014/06/20
Fri. 12:39

私がボラ活するグループでは、フォスター(預り)達はグループの
フェイスブックに預り猫を宣伝する義務が与えられています。
どうもグループの中に「猫は飼えないけど猫と暮らしたい」人がいて、
そんな人がボラ活の本来の目的を果たさず猫レンタル状態になって
しまう可能性を防ぐ意味もあってか、最近は「FBに載せない人は
譲渡会に参加させませんよ」といったようなお達しが頻繁にまわって
くるようになりました。


私ですか?必死で頑張ってますよ~(^□^;)
FBの管理者の人に、私が載せる写真がいつも素敵だとほめられた
ので、俄然はりきって写真を撮ってます
今日は私がこれまでFBに載せてきた現在の預りっこスモ―キ―
の写真集を披露します。

IMG_2519 (500x375)

長くなるので続きは折り込みへ
続きを読む

[edit]

CM: 4
TB: --

page top

競馬はお好き?馬が辿る惨めな末路の真実 

2014/06/18
Wed. 17:46

たまに、犬と猫以外のお話もさせて下さいね。
私が住んでる街から1時間ほどのところに、競馬で有名な市があります。
今、レースシーズンに入っているので、新聞やメディアによく情報が出ます。

実は私、そこで一度だけ、レースを見た事があるんです。
夫が趣味でやってるバンドが余興で、そこでコンサートをしました。
見たくなかったですよ、馬達がお尻を叩かれ、喘ぎながら目を白黒
させて無理やり走らされる姿など。。。。
でもその時は、夫の友人に今私が感じている動物愛護の精神をふり
かざす事もできず、何かしらけさせたら悪いと思ってついていきました。

正直、もう二度と見たくはないですね。
あんなに苦しい顔して走らされていたとは知らずにいたなんて・・・・。
馬が好きだという人達が、競馬の馬達が美しいなどと言う、その神経が
どうにも理解できませんでした。犬が好きだと言う人が、バイクに乗って
犬の首輪を掴んで引きずりまわして走らせたりするでしょうか?私には、
それと同じ矛盾を感じます。

闘牛にしろ、闘犬にしろ、人はお金をかけると、動物が苦しみあえぐ姿
にでさえ興奮してしまうものなんでしょうね。
競走馬たちが華やかな表舞台の裏で、どのような目に遭っているのか
GumiBearさんがブログに書いてますので、ぜひ見てみて下さい。

競走馬から馬肉へと

いきなり怖い写真などは出ませんので、安心して下さい。
以下は、ブログ記事からの抜粋です(ビデオは自動再生しません)。
このビデオでもあるように、一頭の馬が走ってるときに銃にうたれたような
音がした馬がいましたね。馬の前足の骨が折れた音です。スローモーション
でみると、前足が折れて骨まで見えてるのがわかります。


コメントにもありますが、私も日本にいた頃、「尊馬油」という商品を使った
ことがあります。何で商品名に「馬」がつくんだろうと不思議にも思わなかった
ことを今は後悔している私でした。


私のメッセージを少しでも多くの人に伝えるお手伝いをお願い致します。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村




[edit]

CM: 5
TB: --

page top

アメリカのシェルター内を写したビデオ 

2014/06/17
Tue. 12:35

今日は、アメリカのシェルターの中を写した貴重なビデオ(そうでも
ないかな?)をご紹介しますね。これはアイオワ州の、典型的な、
レスキューが目的の人道的なシェルターと思われますが、うちのNYの
近所の大きなシェルターにも少し似てると思いました。興味がある方
はちょっと見てみて下さい。



ところで、このビデオの主旨自体は、収容されてる母犬が子猫を育てる
面白さにあるんです。ビデオの中ほどでも、異種の動物が赤ちゃんの
世話をする面白い組み合わせが紹介されてます。ストーリーは

このバーリントン市のアニマルシェルターに妊娠した母犬が収容され
6匹の子犬を産んだ。仔犬たちはすぐに飼い主を見つけた。その後
母猫がいない8匹の子猫が収容されたが、ほ乳瓶で育てるのが大変
で困っていた職員さんが、「あの母犬がもしかしたら・・・」と思い
ついた。案の定、子犬を母乳で育て上げたばかりの母犬と子猫を一緒
にさせてみたところ、母犬が子猫を育て始めた。

というものです。ビデオの途中であちこち違う画面に飛びますが、
シェルターに画面が戻ると、大きな水のボールで溺れそうな子猫を
助ける献身的な母犬の「お母さんぶり」が写っています。
母性というのは、動物もまったく同じなんですね~。


ランキングバナーを押して応援して下さると嬉しいです!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村


[edit]

CM: 0
TB: --

page top

手違いで殺処分された犬と・・・ 

2014/06/13
Fri. 09:38

しばしご無沙汰しました!
ここのとこ、私自身の猫ボラ活動に大きな変化がないので、しばらく
アメリカのニュースを更新していきます。今日は切ない犬の話を2つ、
ご紹介しましょう。。。

助かるはずだった犬の悲しい末路

92ebea743051bbfda79809c4f6caa1e6.jpg

ニュースソースはこちら
アメリカはサウス・カロライナ州のコロンビア市にある、自治体運営の
アニマルコントロールに野良として収容されたこの雑種のシェパード。
写真のように、完全に心を閉ざしコンクリートの地面にうつぶしたまま
けして動かなかったこの子の収容期限は5日間だけ。
どうやらこの施設は日本の保健所に似ていて、保留期間内に飼い主
が探しに現われなかったら殺処分になるようです。
レスキュー団体が保護できるのは、その5日間の期限が過ぎたあと
だそうです。以前、ペット先進国のアメリカにも、動物愛護のレベルが
低い州があることを書きました(こちら)。残念ですがSC州は低い
方に入っており、ハイ・キルシェルターと呼ばれる殺処分数が多いシェル
ターが存在するのも不思議ではありません。

しかし日本と同様に、どの州にも熱心なレスキュー団体は必ず存在
するもので、このワンちゃんも動物愛護家達の努力によって期限が切れる
寸前に、レスキュー団体の保護スペースを確保することができました。
ところが・・・・・

5日目の、「死刑執行」の日。レスキュー団体が到着すると、手違いで
このワンちゃんはすでに殺処分されてしまっていたそうです。。。
これって、ああ、ごめん。じゃ済まない話ですね!
レスキュー隊員たちの、行き場のない怒りと悲しみ。
しかし、一番大事なことが、最後に書かれてあります。

We are devastated and heart-broken at this terrible turn of events. Even as we mourn
this loss of this boy, we are reminded that he is only one of the more than 12,000 animals
who lose their lives each and every year for no other reason than homelessness. We did
everything we could to get this boy a positive outcome, but for him and so many more,
it simply wasn’t enough.

我々は途方もない憤りと悲しみに暮れた。しかし忘れてならないのは、
この子が、毎年その尊い命を奪われる1万2千匹近い犬達の1匹に
すぎない事である。我々がこの子を、他の何匹もの子達を救うために
どんなに努力しても、まだ足りないのだ。

同感ですね・・・こうして1匹の子に焦点をあてると、ものすごく可哀そう
に思いますが、同じ目に遭っている子達が、世界中に何万匹もいる事を
忘れてはならないと言う事。


息子の家族に引き取られた犬

a0e3f2ab6388a9c6852df813c5c78145.jpg

お次は、海兵隊の従軍犬のお話。ニュースソースはこちら
この写真にうつっている青年は、もうこの世にはいません。
そう思うと、なんだか切ない写真なんですが、このDiaz海兵隊員と、
「爆弾探知犬」のDinoはペアを組んでアフガニスタンにいました。
この青年が戦死したときに、そばにいたDinoは助かり、他の隊員が
ペアを引き継いだそうです。

通常、戦地で働く犬達はその軍に属するもので、自動的に隊員が
所有できるわけではないようですね。この青年の家族がDinoを
形見に引き取りたいと申し出た時は、まだDinoが引退できる年齢
ではなかったため、軍から断られていたそうです。

それが、その後Dinoの引退にともない、青年の家族のもとへいく
許可が下りたとのこと。犬にも戦地での恐怖経験によるPSTDが発症
するそうで、このワンちゃんも色んなテストを受けてペットになる事
ができることを証明されてから、遺族のもとへと行きました。
その遺族の写真はこちらにあります。
Dinoがどんなに可愛がられるか想像つきます。末長く、長生きして
ほしいですね

バナーのクリックで応援頂けると嬉しいです!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村

[edit]

CM: 2
TB: --

page top

中国で食肉になる犬達を救う署名 

2014/06/06
Fri. 08:44

以前、タイで食肉になる犬たちを救う署名を出しましたが(こちら)、
今度は中国での同様の署名を求めるサイトが出てます。

DSC05604_164791.jpg

それによると、中国Guangxi 省Yullin市(南の方だそう)に集められた
犬達は、身動きもとれないケージに詰め込まれ、水も食事も与えられず
死を待つ。他の犬達の目前で、1頭ずつ殴られ喉を切られて殺される。
と言う事です。
アメリカに住んで以来、大量生産型のファクトリー工場の牛や豚の
飼育方法と、屠殺に至るまでの過程もかなり残酷で悲惨だという事を
私はこの数年学んできました。日本の皆さんが食べているアメリカ産の
肉も同じなんですよ。いつか詳しくご紹介します。しかし、この東南
アジアにおける食肉用の犬達の状況の方が、正直いうと、もっと過酷
に感じます。これは地獄以外のなにものでもないですね・・・・

署名はこちら
......................................................................................................
記入例(日本の場合)
Country    Japanを選択
First Name   Hanako
Last Name   Yamada
Address 1   2-5-19 Honcho Minami
City       XXXXXX shi
Province / State / Constituency とばす
Postal Code  1230050 (エラーが出たらとばしてみてください)
Email Address *  これは適当でもOKです
<その下の英文>
レポートメールを受け取りたくない人はチェックをはずす。

Submitボタンを押すと署名完了します。自動的に募金のページへ移りますが、
そこで出る写真をうっかり見続けていると、犬を殺してる写真が出てきそう
な感じになったので、私は途中でやめました。
......................................................................................................
ももこひめさんのブログでは、インドネシアにおける食肉用の犬のことが
引用されています。「屠殺場」へ辿りつくまでの過酷な状況での旅。。

ひとまとめの犬

なんとかして、こういう現実を変えたいと思います。
ネットでわずか1分、署名をするだけで変えられる事があります。
どうぞその1分を、この犬達の為に使ってみませんか。

関連ニュースの追記:犬肉祭りで1万匹が食用に
「本物の犬肉だと証明するために業者が客の目の前で犬を殺すため」
と記事中にあります。おぞましい限りの神経ですね、言葉になりません。。。

クリックで応援頂けると嬉しいです!。
このログのリンク、引用で署名集めをご協力出来る方は宜しくお願い致します。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村

にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村

[edit]

CM: 9
TB: --

page top

因果応報~犬だって「倍返し」! 

2014/06/03
Tue. 09:37

アメリカで国民が熱狂するスポーツといえば、アメリカンフットボール。
その華やかなスター選手達の中で、一人「動物愛護法違反者」として逮捕
され、悪名をとどろかせた男がいます。

mikevick620400.jpg

NYジェッツのクオーターバックをつとめる、マイケル・ビック。この男が何を
したかというと・・・・

vicks2.jpg

この広大な自宅の敷地内の裏庭(写真の上の部分の小屋のような建物が
ある辺りと思います)で、プライベートで犬達を囲い「闘犬」をさせていた。
おそらくギャンブルの為と思いますが、この時は動物虐待で逮捕され、22匹の
犬達はレスキュー団体に引き取られました。
この写真のリンク元ソース(こちら)では、救助された犬達の、その後の幸せな
生活ぶりを伝えています。ところで以前書いたこちらのログの中で、アメリカの
女優ジェニファー・アニストンのことをちらっと書きましたが、彼女はこのビック
の犬達を救助したレスキュー団体からこの子犬を引き取ったそうです。
jeniifers dog
リンク元は→ピットブルを飼ってる有名人達より

ところで・・・
「闘犬」は日本にもあると思いますが、アメリカではHSUSが全米の闘犬場
(おそらく個人の違法闘犬場)から犬達をレスキューする活動をしています。
闘犬と聞いてもピンと来ない人もいると思うので、それがどんなに犬達に
とって苛酷で残酷であるかを垣間見ることができるビデオをご紹介します。
これはある闘犬場から、HSUSの男女の職員がレスキューしたSamという
ピットブルに焦点をあてたビデオで、彼らが普段小さなケージに閉じ込められ、
大きな重いチェーンで繋がれている様子を写しています。
残酷なシーンは一切ありませんので、安心して観て下さい。



ビデオは、幸せな飼い犬となったSamを、救助した職員たちが再会しに
行くとこから始まり、救助した時の様子の回顧録、そして最後再会した
Samが彼らを覚えていて喜ぶ場面で終わります。
ビデオの中でこの職員たちが、闘犬場にいる子達がどんな場所で暮らし
ているかを見て心が砕けたと語っていますが、私も闘犬をさせられる犬達が、
こんな姿、顔になってしまうのを見ただけで心が砕けました。。。。

さて!
肝心のタイトルの意味です。
今年の3月、Metlifeスタジアムから出てきたビックに、野良犬のピットブル
が急に襲いかかり、彼の左太ももに食らいついて攻撃。45針も縫う大けが
をしたというニュースが出ました(ソースはこちら)。
おそらく、残念ですがこの犬は捕まってたら殺処分になっていると思います。
愛犬家と思われる人達が「ざまぁみろ」「フットボールやめろ」など色んな
コメントしてますが、どこかに「カルマ(因果応報)」と書いてた人もいました。
自分がすることは、良くも悪くも自分に返って来ると信じたいですね・・・。


ランキングの応援頂けると嬉しいです!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村

[edit]

CM: 0
TB: --

page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。