アメリカのペット事情~NY発信

アメリカNY州で猫と暮らす主婦が見たアメリカのペット事情色々を報告

スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

CM: --
TB: --

page top

タイで食用になる犬たちを救おう! 

2014/01/31
Fri. 13:04

署名および拡散等で協力できる方を募っています。
どうぞ続きをご覧ください。
続きを読む
スポンサーサイト

[edit]

CM: 6
TB: --

page top

ママ猫が授乳している赤ちゃんとは・・(驚)! 

2014/01/31
Fri. 10:16

年末、念願だった「里親募集する猫の預かりボランティア」に応募した話し(こちら
をしましたが、や~~~っとレスキューさんから連絡が来ました。どうやら今は妊娠
中のママ・キャットの保護はなく、かわりに去勢手術をしたばかりのティーンズ4匹
(実際、レスキューのJさんは人間みたいに「10代の子達」と呼ぶんです)をうちで
預かる事になりました月曜日に来るので、詳しくはまた後日に報告するとして・・・


今日は、ちょっと(いや、かなり?)珍しいものをご紹介します。
リンク元は、Wimp.com(1月31日のタイムライン)



1620676_10151867753280658_1168932586_n.jpg


ん?なんか変、とすぐに気がついた方。

一番下の赤ちゃんに注目(笑)


そーなんです、この、自分の赤ちゃんを産んだばかりのママ猫。リスの赤ちゃんの面倒も
見てるんですね~。犬の母親が母性を発揮してブタとか違う動物の赤ちゃんに授乳するお話
はよくありますが、猫で、しかも野性のリスは、超珍しいです!

このママ猫は、内外自由に飼われてるようで、自分のお産の翌日に外へ出たところ、この
赤ちゃんリスに気がつき、自分でリスをくわえて中に入れ、面倒を見始めたとの事。
飼い主の人がこの光景を見た時、「なんか違うものがいる!」と、びっくりしたそうです。

そして又、ママ猫は2匹目の赤ちゃんリスも引き受け、面倒を見ているということです。
飼い主の方が獣医さんに電話して相談したところ、「お産をしたばかりの猫なら、他の動物の
赤ちゃんの面倒を見る可能性はありますよ」と言われた為、そのままリスも母猫に任せること
にしたそうです。


将来、子猫とリスが変な組み合わせのきょうだいとなって、共に遊び暮らしていく姿を見るのが
楽しみですね。今週末から来週半ばまで、ちょーっとバタついてますのでしばらく更新が
鈍ると思いますが、ランキングの応援どうぞ宜しくお願いします。今日のお話リンクしたい方は
ご自由にどうぞ

にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村




[edit]

CM: 6
TB: --

page top

福岡発!ねこ60匹飼育放棄 緊急SOS 

2014/01/27
Mon. 09:12

先日書いた猫の多頭飼い崩壊の記事の中にちらっと引用したケース。福岡または近隣でご協力
出来そうな方、ブログにリンク出来そうな方、遠方でも物資の提供にご関心頂ける方いましたら
下記に詳細があります。宜しくお願い致します。
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村応援のクリックありがとうございます!
続きを読む

[edit]

CM: 0
TB: --

page top

犬の信頼を必ず得る魔術師の技! 

2014/01/26
Sun. 13:22

カリフォルニアで主に犬のレスキュー活動を夫婦でしているNPO団体Hope For Paws
この男性、Eldadの方はドイツからアメリカに来て結婚し活動してるようですが、素晴らしく
犬の扱いがうまいのです。過去に載せたビデオ(カテゴリーのHopeForPawsをご覧下さい)
を見ると分かるんですが、どんなに人間不信となってしまった犬でも、彼がひざにのせて
しまうと、とたんに犬達が心を許してしまうんです。それはまるで魔術師のようなワザ。


今日は、その事を5分で描写しているビデオを紹介しますね。




Eldadは、1本の電話で現場へ行きます。捨てられ、極度に怯えた犬がいるが、どうしようも
ないので、電話の主が彼にレスキューを頼みました。
Eldadを見るとぶるぶる怯えて、歯をむきだしにして威嚇するワンコ。
彼が辛抱強く撫でて、やっと「ラッキー・リーシュ(幸運のツナ。団体が商品化しているグッズ)」
を犬の首にかける事ができるまでに20分かかったそうです。


そこからが、彼の勝負。ひざにのせる事さえできれば、この魔術師は犬の全信頼を一瞬に
して得る事ができるんですねぇ。驚きです。どんな凶暴化したネコでもしつけができて
しまうジャクソンさんと似てますね。


犬の心を持ってるんじゃないかとさえ思ってしまいます。彼らのレスキュービデオは、必ず
レスキューした犬の幸せな変貌ぶりで終わるので、安心して見ることができるのです。


にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村
応援のクリックありがとうございます。

[edit]

CM: 3
TB: --

page top

心を病む元米兵を救うシェルターの犬達 

2014/01/24
Fri. 21:33


毎年、イラクやアフガニスタンから多くのアメリカ兵がケガや重度の心的外傷後
ストレス障害(PSTD)を患って帰還しています。戦死して無言の帰国をした場合は
国の英雄のような扱いを受け、地元の新聞の一面を飾ったりしますが、こうした
肉体的、精神的障害のために戻ってくる退役軍人達が報道されることは滅多に
ありません。彼らの除隊後は国から出る補助金も少なく、社会復帰もできずにその
多くは苦しい生活を送るはめになると聞いた事があります。


PSTDを患った元米兵の症状として有名なのは、
枕元にピストルをおいてないと眠れない、あるいは睡眠障害になる
小さな物音にも過剰に反応する
酒におぼれる
ウツになる
幻覚を見る
後ろに人がいるとおびえる
街に出るのが怖い
そして、最悪は自らの手で、命を絶つ事。。。
PSTDの5人に1人が自殺または未遂をしているそうです。


そんな彼らが救いを求めてやってくるのが、このK9s For Warriorsというリハビリ施設です。
ここで彼らを助けるために働いているのは看護師でも精神科医でもなく。


IMG_5268-e1363967302173-970x450.jpg


シェルターから介護犬になるために引き取られてきたワンちゃん達なのです
この施設の創始者のご夫婦の息子さんが、元々PSTDを患っていたそうで、その時に介護犬の
育成と患者のリハビリを思いついたのが始まりだとか。しかも夫婦は犬を繁殖させるのではなく、
シェルターから介護犬になる素質がある子達を引き取ることで社会貢献もしているんです。


全米から申し込んできた患者さんを「訓練生」と呼び、彼らにパートナーとなる訓練を受けた
犬を与える。そして3週間、施設内の家に犬と住まわせ、訓練生に介護犬の扱い方を教え込みます。
盲導犬と利用者がトレーナーについて訓練を受けるような感じと思って、このビデオを見てみて
下さい。一人のPSTD患者に焦点をあてながら、訓練風景(ホームセンターへ行く、街に出る)、
創始者の女性の話し、施設内の様子などが出てきます。最後は、最終テストに合格した介護犬
と訓練生の感動の「卒業式」です。





このビデオでは、パートナーの犬とともに卒業生たちが感謝を述べています。




ちなみにPSTD患者の介護犬がどんな仕事をするのかというと、
患者が落ち込んだ時に寄り添い、いやしを与える
帰宅時に、玄関で家の中に誰もいないかチェックしてあげる
薬を飲み忘れたら教えてあげる
患者の後ろに誰も来ないように見張ってあげる
など、つねに「安心感」を与える仕事をするのだそうです。


一度は人間に捨てられてシェルターへ持ち込まれても、やっぱり犬は人間の役に立ちたいんですね。
この介護犬として引き出せる犬種には限りがあるそうですが、1匹でも多くの犬が、こうして生きる
機会を与えられるといいなと思います。


にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村
応援のクリックをお願いします!



[edit]

CM: 0
TB: --

page top

捨てる飼い主が知るべき真実 

2014/01/23
Thu. 09:15

フェイスブックでシェアするより、ブログの方が閲覧者が多いのでこっちにリンクします。


a001.gif


飼い主として絶対に知っておくべき事
いぬログさんより


鉄格子の中にいるワンコ達の姿を写真で見るだけで胸が苦しくなります。
どの子も、どうして自分がそこにいるのか分からず当惑してる顔。。
ビデオは、私は今回はもう見てません。何も知らずに処刑場へ入っていく
後ろ姿だけで、十分だと思いました。何の罪も犯してないのに、処刑
されるんです。


「どうせ捨てる人」に買わせない、いい方法はないんでしょうか。
保健所で、このビデオをまず持ち込んでくる人に見せるべきだと思うんです。
これを見たら、さすがに誰でもやましいと思うに違いない。
でもそうすると、今度は山に捨てに行くのかもしれない。


アメリカは、逆かもしれません。
シェルターへ持ち込むと、即刻安楽死でないところは、里親探しをしてくれます。
その事を当てにして捨てる人も多いかもしれない。
でも、逆に「安楽死」(注射であっという間にバタンと死ぬ)だから、気軽に
持ち込む人がいるのか?
もし日本が注射を採用したら、どうせ即死するからと、逆に持ち込み数が増えて
しまうでしょうか??


子供を無計画に産んで育てられずに捨てたら、育児放棄の罪で捕まる。
動物だったら殺して良い。自分の手で殺したら罪になるけど、公的機関で殺せば
罪にはならない。
やっぱり、変です。


にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村
普通のペットブログを持っている方、出来ればリンクお願いします。

[edit]

CM: 2
TB: --

page top

イギリス在住の方のブログで驚くべき内容の記事を発見したのでリンクします。
今年は何千匹の犬が最後の7日を収容所で暮らすことになるのだろう

イギリスにも日本と同じような収容所があり、収容期間が7日間しかない。
8日目にさっ処分される(注射による安楽死のようす)ということを、初めて知りました。

ところで私が驚いたのは、その記事の下の方に書いてある、広島県の話し。
署名の期限は今月末だそうです。
アメリカから印刷して送っても間に合わない可能性の方が強いので、これはここで
リンクして、日本国内の方に見てもらおうと思います。
関連したブログ記事をリンクします。
広島の動物回収トラック NPO法人 アニマルウイングさんより
日本通運が犬殺しに加担しています


もう、なんとも言えません、の一言です。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村

[edit]

CM: 4
TB: --

page top

多頭飼い崩壊の責任は誰がとるべきか 

2014/01/21
Tue. 15:09

以前、アメリカの私の近辺で起きた猫の多頭飼い崩壊の件について書きました。
ちなみに病的に異常な数の猫を飼い集める人の事を英語でキャット・ホーダ―と言います。

アメリカの動物愛護の光と影 猫を捨てる人々

アメリカで動物虐待は重罪です

この2件のケース、いずれも地元のアニマルシェルターがその無責任な飼い主の尻拭い
をしました。理由はなんにせよ、飼い主がペットの健康管理を怠った結果にそのペットが
肉体的苦痛を感じれば、虐待としてバスターズ法により(NY州の場合の話し。州により
動物法に違いがあるので他州は分かりません)飼い主を逮捕できます。
しかし、問題は、多頭飼いが崩壊しても全部の子がその時点で健康で問題がないと(ここ
では1番目のケース?)飼い主がどう罰されるのか、残念ながらリンク元を貼ってなかった
ので今となっては確認できません。

参考
NY州で別のキャットホーダ―の家に警察が入った時のニュースです。
cat-hoarding.png
ニュースビデオはこちら(最初にCMが流れるかもしれません)


結局、こういうケースは、アニマルシェルターにしわ寄せがいくんです。アメリカの場合、
多くは寄付で運営されてますから、個人でレスキューしてる人だけに負担がいくわけでは
ありません。どっちにしろ、飼い主は逮捕されなければそれまで。

日本ではどうか。

また多頭飼い崩壊が起きてしまいました。
レスキューフード支援のお願い
この飼い主たちの理由が、あまりにも身勝手で開いた口がふさがりません。
経緯はこちらに書いてあります→緊急 里親募集!


ネットのおかげで、私も地球の反対側に住んでいてもフードを送る事が出来ました。
しかし・・・・
これを法律で規制することはできないんでしょうか?
もしかしたら、世の中には、
別に助けなきゃいいじゃない。
全部センターで殺せばいいだけなのに。
と思う人がいるかもしれません。
そこまで、先進国の人間が野蛮になっていいのか?と私は思います。


杉本彩さんがこの問題について書いているブログがフェイスブックにリンクしてあった
ので参考に貼ってみます。もう3年も前の記事なので、もしかしたら何か変化がある
かもしれませんが。
アニマルホーダ―


猫が好きなレスキューさんたちが責任を負わされるのは間違ってはいないでしょうか。
こういった飼い主が罪の意識もなくのほほんとしていると思うと、世の中の不条理を感じ
ずにいられません。


にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村

[edit]

CM: 0
TB: --

page top

死んだ飼い主を待ち続けるイタリアのハチ公 

2014/01/16
Thu. 10:03

昨年末、ハチ公に関する記事を載せたばかりですが、今度はイタリアの「忠犬ハチ」
をフェイスブックで見つけました。感動でまた涙が出ます






(英文の転載はペット商品オンラインショップのこちらから。メンバー登録画面がポップアップ
されたら×印のクリックで消して下さい)
Most of us have experienced the loss of a pet. But there are times when a pet loses his human.
That’s what happened to Tommy. According to the Daily Mail, Tommy is a 7 year old German
Shepherd living in Italy. He was adopted as a stray by a woman named Maria. The two were
super close – Tommy even went to church with his mom! Maria died two months ago, and
Tommy showed up at the church without anyone bringing him to the funeral. What happened
next is a tribute to the undying love between pet owner and pet. Please watch and share
with all pet lovers – if you’re a dog lover, please look below the video. Make sure you click the
SHARE links above.

(要約)
ペットを飼っている人のほとんどはペットを亡くす経験をする(殺す人いるが。あ、余計な皮肉
を書いてすみません、これは原文にないです)。しかしペットが飼い主を亡くすこともあるのだ。
それがトミーに起こってしまった。ディリーメイルの報道によるとトミーはイタリアに住む7歳の
ジャーマン・シェパード。野良犬だった彼はマリアに飼われ、「二人」はとても仲が良かった。
マリアは2か月前に死んでしまったが、誰に連れて来られるわけでもなく、トミーは教会の彼女
の葬式に姿を現した。これは、飼い主とペットの間の絶える事のない愛情の物語である。ぜひ
ビデオを見て愛犬家の間でシェアして下さい。



ビデオの内容は、アナウンサーのアクセントにちょっとクセがあって聞き取りにくいんですが、
「トミーはマリアの死後も連れだって通っていた教会に足を運び、ミサを信者と共に過ごしマリア
を待っている。彼は毎日教会へ通うが誰も苦情を言わず、トミーにエサと水を与えている。(中略)
飼い主の受難に付き添い離れない犬、仲間の犬を助けようとする犬。犬の美談はつきない」
といった事を言ってます。


犬を捨てる人、殺す人がいなくなる世の中にしたいですね。
これ以上、こんな犬達を裏切り続けて、いい事などあるはずがない。


にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村ポチっとお願いします。

[edit]

CM: 0
TB: --

page top

Facebookの連携プレーで極寒の犬達を救う! 

2014/01/13
Mon. 13:39

一人ではできなくても、皆が力を合わせれば出来る事がある。
そんな事を考えさせられる事件が、私が住むNY州で起こりました。
この1月に、NY州をはじめ北アメリカが数十年以来の寒波に見舞われた事は、皆さんも
ニュースで見てご存じでしょう。外の空気に触れると通常は「ひりひり」するのが、この
大寒波が来た1月初旬に関しては

ひりひりではなく、じんじんしました。

5分も外にいたら凍傷になるのではないかと思うほど、空気が冷たかったのです。
そんな時、フェイスブックでこんなトピックを発見。

1546038_560834550666520_1621391506_n.jpg
写真はFBのポスティングから

なんとこの極寒のNY州の、とある町で、ボーダーコリーの繁殖業屋が外に閉じ込めた犬
たちを放ったままにしているという。この光景を見たある青年が、HSUSに助けを求めて
連絡をし、HSUSが彼らのフェイスブックで公開したのです。
写真をクリックで拡大してピンクのマル印で囲ってあるところを見て下さい。小さな仔犬たち
がケージ内にいるのが分かります。こんな冷たい空気にさらしておくとはなんという拷問

1535735_561180423965266_2006513269_n.jpg
これがこのブリーダーの敷地と思われる全光景。
FBにポストした青年はどうやらこの近所に住んでいるようで、すでに2匹の仔犬の死体も
発見しています。私が住む州でもやはりこんな事があるのか、と気にとめていたところ・・・。


bes3_auto_d.jpg

青年の3日のポスティングから1週間もたたない9日のローカル新聞のトップに、「ブリーダー
から犬達を保護」という見出しでニュースが載りました。おやっと思っていると、これはその
問題のブリーダーではありませんか。うわー、あんな小さなフェイスブックの問題提起がこんな
結果をどうして出したのか?ビックリしましたねえ。
その背景には、フェイスブックでの見事な市民の連携プレーがあったのです。ぜひ続きをご覧
下さい。

続きを読む

[edit]

CM: 2
TB: --

page top

うちの子達の変な名前の由来 

2014/01/04
Sat. 23:02

皆さま、明けましておめでとうございます。
今年もこのブログを、どうぞ宜しくお願い致します。
さて、普段あまり書くことのないうちの子について、年明け第一段の話題にうちの子達の
名前の由来をご紹介しようと思います。それ以前に紹介自体した事がないような気が・・


ginziro 003
長男:銀次郎

私がアパートでひとり暮らしをしていた時に預かりボラとして初めて預かったのがこの銀次郎。
保護主さんはペーターという可愛い名前をつけていたが、どうも洋風の名前が彼の風貌と
「ダミ声」にピンと来ず、映画「蒲田行進曲」の銀ちゃんにあやかって、銀次郎と命名。
ところが数年たって、映画の銀ちゃんの名前が実は銀次郎ではなく、銀四郎
であったことが判明し愕然とした。今更銀四郎と改名するのも面倒なのでそのまま銀次郎
と呼んでいる・・・。



nekos 006
次男:インスペクター・トンプソンズ・ガゼル

この超長くてふざけた名前は、モンティ・パイソン(イギリスの古典的なコメディ)のマニアック
なファンである私の夫が、シリーズの全集でわずか2~3回しか劇に登場しないキャラクター
の名前からとったものである。ちなみにこれはトンプソンズ・ガゼル探偵という人間の名前で、
このトンプソンズ・ガゼルというのは実在するこんな動物↓ 
220px-2009-thom-gazelle.jpg
日本ではトムソンガゼルとして知られている様子。

そしてその「トンプソンズガゼル探偵」が登場する、数少ないシリーズの一部がこちらのビデオ。
探偵は5分14秒目に二人目の探偵として登場するので、物好きな方は見てみて下さい(笑)





Sept22-09 014
3男:ドフィー (英名 Dolphy)

顔も性格もファンキーな彼はこの口の下のあごひげみたいな模様が特徴。シェルターから引き取り
家に連れて帰る途中、夫と車の中でふと手元に合ったジャズのCDジャケットを見て「これにしよう!」
と決めた。そのCDジャケットに載っている主は有名なジャズのサクソフォン奏者のEric Dolphy
リンク先を見るとわかるように、彼のあごひげにあやかって、名前を頂戴したわけです。



minitom 013
4男:ミニ

シェルターではダニー君という可愛い名前がつけられていたが、生後3カ月でうちにきた当時は
あまりに小さく(今思うとすでにいた銀次郎とトンプソンがあまりに大きかったため小さく見えただけ
またダニーという男らしい名前も似合わないということで、私が単純に「小さい」の意味でミニ
と命名。今ではすっかり筋骨たくましいデカさに成長し、もうミニではないのでダニーに戻そうかと
思っている(笑)



senna3 - Copy
長女:セナ

2011年の秋、我が家の裏庭にひょっこり入って来たのがこのセナ。TNRされて外にいた子だった
けど、あまりの可愛さに即決でうちの子に。名前をつける権利の順番は私にあったが、以前から
次の子には元F1レーサーのアイルトン・セナにあやかってセナと名付けたがっていた夫が無理に
命名権を私から奪いセナと名付けてしまった。通常日本人は事故で亡くなった人の名前など、と
縁起を担ぐものだが、アメリカ人というのはどうも縁起とかジンクスとやらにはあまり興味がないらしい。


これからもたまに登場するうちの子達を、宜しくお願いしま~す

にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村


[edit]

CM: 0
TB: --

page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。