アメリカのペット事情~NY発信

アメリカNY州で猫と暮らす主婦が見たアメリカのペット事情色々を報告

スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

CM: --
TB: --

page top

猫の怨霊は恐ろしいのだ。 

2013/04/09
Tue. 11:51


いきなり、こわ~いタイトルでおどかしてすみません
相も変わらず、世の中、のら猫にいたずらしたり動物虐待のニュースは絶えませんね。
それに関連し、最近ある「動物霊」の話を聞いて、思い出した事があります。
このことを知ったら、動物虐待なんて誰もできなくなってしまうのでは?と思う話なんです。
今日のお話は、霊魂とか目には見えないものの存在を信じる人に読んでほしいです。
科学で実証された物しか信じない人は、どうぞ通り過ぎていかれますよう。
では、いきますよ。



私がまだ20代でOLをしていた頃、職場を通じて知り合った友達がいました。
支店が離れていたのでやがては疎遠になってしまったんですが、その方は特異体質の人
でした。霊視ができるんです。ただ、彼女いわく、どんな霊でも見えるわけではなく、
自分と波長が合う霊はかなりはっきり見ることができ、逆に合わないと、ぼんやりと
しか見えないそうです。

私は死後の世界を信じる人間。でも仏教の国で、お盆の習慣などで育った人なら
ある程度は信じてないとおかしいですよね。彼女の話に興味津津で、次第に仲がよくなり、
ある時一緒に京都へ旅行に行こうということになったんです。

彼女はA地方から、私はB地方から向かい、京都で待ち合わせ、それが二人の初対面(笑)
でも電話ですっかり仲がよくなっていたので、なんの違和感もなく3日間過ごしましたが、
霊が見えてしまう彼女との京都の旅行は、それはそれはオドロオドロしいものになって
しまいました。なにせお墓や古いお寺や古戦場や、霊魂がうじゃうじゃいる観光地へ行ったの
ですから、彼女に、「そこにいる、あの木の上にいる」と教えてもらうたび、ギャっと
飛び上がったものです。ところで、彼女は霊視が出来ても、「徐霊をする力」はなかった
そうで、墓地や、昔の武士同士の切りつけ合いなどがあったような場所へはとても行きたく
ないと言うんですね。(怨念をからってしまうようです)私は以前も京都へは旅行したことが
ありましたが、知らぬが仏とはこのこと、知らなければどこでも行けたものだと思ったんです。

そこで、私が彼女に「今までで一番怖かった霊は何か」と聞くと、何とも恐ろしい答えが
返ってきました。それは・・・・・

続きを読む
スポンサーサイト

[edit]

CM: 4
TB: --

page top

猫の習性の不思議 

2013/04/07
Sun. 14:28

このブログ、随分とご無沙汰しました。最近はもっぱら料理ブログの方に
時間をさいております。
さて。最近、我が家の猫にあることが起こり始めたんです。といっても全員
ではないんですが・・・。ある日、家の中でいつもと違う何かを発見
思わずカメラを掴んで小躍りしてしまった何かとは・・・

fnzp_auto_d.jpg

我が家の4男坊がっ・・・・

9u0r_auto_d.jpg

お蔵入りしたかと思っていたキャットコンドー(こちらで説明)に、自主的に
乗ってたんです~しかも、くつろいでいる様子
涙がちょちょ切れるほど嬉しいとはこの事!この日を境に、ミニはちょくちょくコンドーの一番
上で休むようになりました。一番下のベッドの中にも彼はよく入ってるんですけどね。
やっぱりミニのためだけのタワーになっちゃったかと思っていると・・・

cat condo3 026 (600x800)

それから数日後、今度は3男坊のドフィーが
またもや小躍りして写真をばかばか撮ってしまいました。そしてまた不思議な事に、それ以来
ドフィーもちょくちょくこのコンド―に(それもなぜか2段目だけ)乗るようになったんです。

aauj_auto_d.jpg

けしてコンド―に近寄らなかったドフィーでしたが、ミニが乗っているのを見て安心したのか、
はたまた影響を受けたのか?それにしても購入してから4カ月もたってから使うようになってくれる
なんて。ただの「使わない家具」で終わると思っていたので、やっとこれを買った甲斐がある
と思いました。

それにしても、たかだかこんな事にビックリしたり喜ぶなんてバカね~と思うでしょう。
猫とは言え、買った物を気にいって使ってくれることほど飼い主として嬉しい事はありません。
(大げさか

猫って、不思議と思いませんか?
猫を飼っている方なら、一度は経験するでしょう。猫って、「マイブーム」みたいなのが
あるんですよね。一度あるオモチャや、寝床、お気に入りの場所ができると、ずっとそれを
使ったり、そこにいたりするんですが、ある日飽きてしまうと、ぱったりとやめてしまう。
そしてまた新しくお気に入りの物を見つけると、しばしそれを楽しむ、みたいな。。。。

ちょっと人間に似てませんか。
ちなみに我が家の猫達には、けして「飽きないもの」があります。
それはこのオモチャ。

セナとミニ

これは2011年に他界した義父が、2007年に私が日本から連れてきた長男の
ために、一人では退屈だろうと買ってくれた想い出深いオモチャなんです。
それから1匹、また1匹とシェルターから猫を引き取るたびに、みんなが使い始め、
今でも1日に1回は誰かがボールをぐるぐる回す音が聞こえます。
義父の残した想い出、いつまでも飽きないでくれるうちの子達に感謝しています。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ
にほんブログ村


[edit]

CM: 4
TB: --

page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。