アメリカのペット事情~NY発信

アメリカNY州で猫と暮らす主婦が見たアメリカのペット事情色々を報告

スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

CM: --
TB: --

page top

お蔵入りしそうな高価な猫のオモチャ・・・ 

2013/01/17
Thu. 16:41

去年のクリスマスに、以前からほしくてたまらなかった猫の「タワー」を、
思い切ってふんぱつして買ったんです。というのは、うちの子達、とくに
子猫でもらってきた若い子達は高いところに登るのが大好き。

ツリーに登るセナ ツリーに登るセナ2
ツリーに登るセナ

ミニキャットタワー
小さいキャットコンドーに乗る子猫の時のドフィーとミニ

もう3匹ともそれぞれ2歳~3歳となり、子猫ではないんですが、それでもまだ
高いものがあれば喜んで乗るだろうと思って、背の高いキャットタワーを思い切って
買ってみる事にしました。とはいえ、ペットショップにあるようなカーペット生地で
覆われているものはリビングに置きたくないし・・・↓
ペットショップのタワー売り場
(ちょっとインテリアにこだわりがあるもんですから)と思っていると。

主人がネットでこういうお洒落な猫グッズを売っているお店を発見
こちら→ Refined Feline
値段みると、私が一目ぼれしたタワーが400ドル超え・・・
うへ~と思ったんですけど、一旦買えば一生ものだし、なによりうちの子達が喜んで
登る姿がどうしてもみたくて、買ってしまいました。そして品が届き、ちょうど遊びに来ていた
実家の姉と2時間かけていそいそと組み立てて作り、リビングの角に置いてみたんですがっ。


誰も乗らない

。。。。。。



えっ
どしたの?セナちゃん、興味ないの?ミニ、あんなに高いとこ好きだったじゃない、と
無理やり猫たちをつかまえてきてのせてみたんですけどね(←これがいけない)

xmas1 008 (600x800)


すぐに降りようとするんですよ。

003.jpg

なぜのってくれないかというと、レッジ(板)の部分が小さすぎるんですよね。
じゃなくて、うちの子たちが

板よりもデカすぎて 

収まりが悪いからなんです。XLサイズの次男も乗せてみましたが乗っただけで板が揺れ(笑)
しかも乗る時にも全体がちょっと揺れる・・・・
かろうじて体が小さい長女のセナが、たま~に2段目までは板の上にのってくれます。
でも一番上には行かないんですねえ・・・
多分、トップの板が平行でないので、猫にとっては安定性を欠いて心地よくない
からでしょうね。もうがっかり・・・作っちゃったから返品できないし・・・4万以上、ぱぁ?

ところが、うちの子のうち、ミニとセナは毎日のように使ってくれるようになりました。
それはどこかって?
続きを読む
スポンサーサイト

[edit]

CM: 6
TB: --

page top

猫だって、義理固いのだ 

2013/01/06
Sun. 11:37

こんな素敵な記事をニュースで発見しました。リンクせずにはおれません。
猫のお墓参り~亡き飼い主のお墓に毎日お供え

犬猫好きで毎日ニュースを見たりチェックしたりしている方なら、誰でも目に
とめたでしょうね。新年そうそう、微笑ましいというか涙ぐましい気持ちになりました。
ところで、世間一般には猫って「野良猫」のイメージを強く抱いてる人が多いと思います。
人に警戒心が強くて、シャーっと威嚇し、すぐ逃げる。ゴミをあさってはあちこちに
フンをして住民に迷惑をかける。そのため猫が嫌いな人は多いでしょう。
基本的に猫は野生のDNAが犬より強いそうで、外で生きていくためにはこうした猫
の習性は致し方ない事。猫より犬の方が人気があっても仕方ないんだけど・・・

mwzy_auto_d.jpg zcax_auto_d.jpg
夫と新聞を読む(?)長女のセナ                 私のそばにいたがるセナ

q3xy_auto_d.jpg
寝転がると必ず乗ってくる次男と三男

一旦、飼い主を信用し懐いたネコは、おどろくほど飼い主にとっては可愛い存在に
なります。その子の性格にもよるけど、比較的だれにでも懐きやすい犬と違うのは、
猫は「飼い主にだけ」義理堅くなつく傾向があることですかね。
こうなった猫の可愛さは、飼ってみないとわからないでしょう。

ちなみに私、犬も大好きなんです。でも私が犬を飼わない理由の一つは、あまりにも
人間との精神的距離が強くなりすぎて、失った時のショックが大きくなりすぎるのが
怖いから、なのです。二度、愛犬を老衰でなくしましたが、あの時の喪失感と悲しみ
はもう経験したくないというか・・・。猫はその点、精神的距離が保ちやすいかな、と思う。
でもやっぱり、いつもそばにいるような子を失ったら一緒かな・・・

にほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ
にほんブログ村ランキングへ
こちらの方も今年も宜しくお願い致します。

[edit]

CM: 4
TB: 0

page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。