アメリカのペット事情~NY発信

アメリカNY州で猫と暮らす主婦が見たアメリカのペット事情色々を報告

スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

CM: --
TB: --

page top


schoep 1

以前、こちらの記事でご紹介した、この印象的な
写真を覚えていますか?今までに見た飼い主と
犬の写真の中で最も感動した写真はどれかと
聞かれたら、私は迷わずこれを選ぶでしょう。

大切な「愛息子」のショープを失ってから、ジョン
さんはかなり辛い日々を送ったそうです。
そのジョンさんが約1年半後、あらたなパートナー
を得たというニュースを見ました。

Schoepのパパ新しい犬の飼い主に

adopted dog1

リンクによると、ショープとはジョンさんがうつ病と
戦っていた時にシェルターで出会い、引き取った
日からショープに助けられた。その恩に報い、
ショープの関節炎の治療に全力を捧げたのだそう
です。

ビデオでは、この写真で一躍有名になったジョン
さんを励ます全国の人たちからの手紙、ショープ
の遺灰が入ったツボの前でペットロスを語る氏、
あらたな出会いを求め、リサーチを重ね、ついに
シェルターで「運命の新しい息子」クマちゃんと
出会った時の様子を語るシェルターの職員さん
などが紹介されています。

ジョンさんにとって、犬は「ペット」ではなく人生の
パートナー。どこにでもいる犬ではなく、運命の
犬でなくてはならなかったんでしょう。
今ジョンさんとクマちゃんは、お互いを知りながら
どこかぎこちないスタートを切っているようです。

ここにまた、その生涯を約束された、幸せな1匹の
犬が誕生しました。


ランキングのバナーを押して応援して頂けると嬉しいです!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

[edit]

CM: 6
TB: --

page top

犬を踏み台にする政治家のFB炎上 

2015/01/04
Sun. 17:03

追記:The weekというアメリカの週刊誌にも
この一件が掲載されましたが、それによると
なんとこの犬は坊やのサービス・ドッグ(介護犬)
として飼われているそうです。
犬が動かないならいいじゃないかといったFB
の多数のコメントが、またさらに残念になりました。


日本では、数年前に大統領選の際に有名
になったサラ・ぺリンというアメリカの共和党
政治家。覚えてる人いますか?

何かとおバカで傲慢な発言等でお騒がせ
する人ですが、今度はこんな写真を自身の
フェイスブックに掲載したことで、物議を
かもし出してしまいました。


10906533_10152984575808588_4085646624293598803_n.jpg 10904413_10152984575863588_4940457743799636064_o.jpg

自分の息子が流しに届かないので
飼い犬を寝かせ

そこに横たわっていた犬にのって
↑ちょっと勘違いがありました、誤訳お詫びします
後片付けを手伝ってくれた

10900246_10152984575838588_3607892519249206294_o.jpg

最後は、得意顔の息子のショット。
このあどけない子供に罪はありません。

しかしこれを見た私の第一印象は、
この年齢の子供じゃ、

重すぎるだろ

この犬の背骨にかなりの重圧がかかってる
のが容易に分かります。
これが彼女の元旦のフェイスブックに載ると
あっという間に2万を超えるコメントが殺到
しました。ほとんどは、愛犬家ならびに常識
ある人達(民主党が多数?)の批判のよう
です。

しかしながら、この子供がダウン症である
ことから、いいじゃないか、この子にも同情
しろと言った声もあります。
子供の障害と、動物への配慮は、別問題
と私は感じましたが。。。。

これに対し、サラ嬢の回答がこちら。

サラ・ぺリンのフェイスブックに非難殺到

まあ、そうカッカしなさんな、PETA(動物愛護団体)よ。
息子はなにも犬を喰ったわけじゃないのよ。
それじゃ、エレン(この人、動物愛護家でビーガン)
のこの写真はどうなの?
↑リンク先の、赤ちゃんのような女の子が犬
の背に載った写真のこと。

と、反撃しています。

人の感じ方はそれぞれですが、「基準」がこうも
違うと、恐ろしささえ感じます。
このお方が息子に毎日これをさせたとなると、
いつ犬の背中に歪みが生じるか心配ですね。

この写真を見て不快感を感じた方は拍手
ボタンでお知らせ下さい。

ランキングのバナーを押して応援して頂けると嬉しいです!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村

[edit]

CM: 15
TB: --

page top

可愛すぎるモグラたたきゲームに賛否両論? 

2014/08/21
Thu. 08:05

これちょっと観て下さい。
めっちゃ可愛いです





皆さんはどう思いましたか?私は普通に受けて笑いました。
ところが、コメントに一部の猫好き、アニマル擁護派な感じの
人達が、猫をおもちゃにするな!これは行き過ぎた冗談だ、
みたいなことを書き込んで、そうは思わない人達との間で
ちょっとした炎上みたいになってるんです。
どの位の時間をかけて作ったビデオかは分からないけど、
優しく頭をつついてるだけで、穴から出る子を無理に戻して
はいません。子猫ってこういう穴が開いた箱が大好き。
私にはむしろ子猫たちも楽しんでるように見えるんですど・・・・

日本でもこれ見たら、これは猫虐待だ!って思う人いるかな?
10人が見るとそう意見は分かれないだろうけど、これが
100人、1000人となると、色んな人が出てきますね。
いやはや・・・・

てか、もぐらたたきゲームってアメリカにもあるのね



ランキングのバナーを押して応援して頂けると嬉しいです!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村

[edit]

CM: 8
TB: --

page top

我が仔の最後の誕生日に 

2014/07/01
Tue. 09:05

私が時々見ているアメリカの、とあるコミュニティサイトで、
毎日質問が出され、それに読者たちが答え討論する場が
あるんです。随分前に、この質問が出ました。


あなたにとって、
ペットは、家族ですか?


ペットを飼ってる大多数の人は「イエス」と答えましたが、
8%の人は、「ノー」を選んだんです。理由は、動物が人間
と同じ立場になることはない、とか、家族の誰かとペットが
溺れたら先に家族を助けるとか・・・・屁理屈も含め、様々
な回答が寄せられました。
理由はどうであれ、私が「アニマルシェルターは、この8%
の人達に捨てられた犬や猫でいっぱいだろう」と書きこんだら
その時間に見た数人の人が賛成してくれましたよ。
その事情は、日本も、他の国も同じだろうと思います。


今日は、ペットが家族だと思っている人の、感動のビデオ
を紹介しますね。

ピットブル、Wallaceの11回目の誕生日に
血管腫(悪性のガン)と診断されたワラスは、放射線治療
をしなければ、余命2週間~3カ月と宣告された。
しかしその宣告から放射線治療なしに7カ月がたった今、
ワラスは11回目の、最後の誕生日を迎える。

最初にバースデーケーキ。
大きなプレゼントの箱に入っているものは、なんだろう?
わくわくするね、ワラス!



ビデオは明るく編集されてるんですけど、私このビデオ観てて
涙がでました。犬でも我が子と同じ・・・・。飼い主の方が一体
どんな気持ちで最後の誕生日を祝ってあげたのかなあと
思うと、箱を開けて嬉しくてたまらないワラスの姿が切なくて
仕方ありませんでした。このワンちゃん、もうすぐ1周忌だそう
で、飼い主さんは今でもワラス基金としてシェルターなどの犬
たちを助けているようです。

ワラスのフェイスブック Wallace The Pitbull


バナーを押して応援して下さると嬉しいです!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村

[edit]

CM: 2
TB: --

page top

主人をけして忘れない犬 

2013/08/19
Mon. 09:48


ちょっとこのビデオを見て下さい。
アメリカでは、軍人さんが仕事で何カ月、海外の場合は何年も家をあけるのは
普通で、通常家に帰ると子供がいる家庭は子供が飛び出してきて、お父さんに
こうするんですよね。

1175014_10151552544420658_1436110279_n.jpg
写真はWimp.comより

この「お父さん」は、7か月も家を留守にしていたそうです。
ワンちゃん達、興奮しすぎてなかなかジャンプがやめられませんね(笑)40秒くらいで
ビデオが切れてるけど、実際は何分興奮し続けたのかな。私も実家でシーズーを飼って
た時は、玄関で飛び上がって興奮しすぎてよくオシッコちびってましたが
犬はけして忘れないんですよね~ご主人さまを。だから犬、飼いたいんですけど、
私が長く里帰りするのでうちは飼えません。

それに比べて猫。。。
うちなんか、私が1カ月家をあけて帰ってきても、
誰一人迎えに出てきませんから

猫~~こんなニャロ~~~~~。
これが猫と犬の最大の違いですかねえ・・・・
ちなみにこのサイト、FaceBookを持ってる人はLikeすると説明と写真つきでビデオ
の更新が随時見れます。感動するものばかりですよ。お勧め。

にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

[edit]

CM: 2
TB: --

page top

職場にも、仕事中にも。 

2013/08/16
Fri. 13:28


まずはこのテレビ番組を撮った写真からご覧下さい。この女性は不動産会社の人で、家を
買う人たちに売り家の中を案内してるところなんです。で、この女性のバッグに注目。
何だと思いますか?

cup cakes 008

仕事中なのに、バッグの中身が気になって仕方ないみたいですね。

cup cakes 009

何が入っているかというと・・・




cup cakes 010

愛犬

そうなんです。仕事中に、自分の愛犬を連れて来てるんですねぇ。

cup cakes 011

次の日も愛犬と一緒。


cup cakes 013

そして次の日も一緒


cup cakes 012

実に大人しくバッグの中に入ってます。
私初めて職場(主に、小さな事務所とかですが)に犬を連れてきてる人をテレビでも実生活
でも見た時は、びっくりしました~。託児所がないので子供連れ、はなんかありそうだけど
犬、ですよ?(笑)こういう片時も愛犬と離れないで仕事してる人って、日本ではちょっと
考えられませんね。
先日、この番組を見ていて、「うちの子(犬、です)がもう9歳で足腰が弱くなったので、
階段がない1階建ての家を希望します」と、ワンコのために家を買い替える人が出てきて、
これまたびっくりしましたけど。もちろん、アメリカは家の売買が日本よりもはるかに頻繁に
行われているという社会背景があります。しかし、ワンコが年取るたびに、家買えないでしょ~。

ちなみに、これだけの愛犬家が大きな毛皮のコート着てるってのがなんだか違和感あります
が、それはそれとして。。。。基本、アメリカには「人に迷惑をかけなければよい。人目は
気にしない」という風潮があると思います。まあ私もOL時代には、当時の愛犬が後追いして
仕方なかったので、会社に連れて行って、机の下に段ボール置いてその中に入れておけ
ないかなと思った事はありましたけどね。

なんとも、大らかな国であります。

にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村


[edit]

CM: 0
TB: --

page top

アメリカでもペットはわが子 

2013/07/22
Mon. 08:24


微笑ましい話題を何回か続けてご紹介しようと思います♪
私が毎日使ってるアメリカのお買いもの・検索サイト(要はそこを使っていると換金できる
ポイントが貯まるサイト)にスワグバックスというものがあって、その中に「毎日のアンケート」
というコーナーがあります。そこで先日、面白い質問がありました。リンクはこちら
リンク先は真ん中辺りのカレンダーでJuly2013の19日をクリックし、View Pollという
ボタンを押すとそのアンケートを見る事ができます。


 Q あなたはペットに赤ちゃん言葉で話しかけますか?

 A  いつも  15%
    時々  37%
    周りに人がいなかったら  5%
    けしてしないよ!   16%
    ペットは飼っていない  24% 


なんと、回答者のうち57%もの人が、なんらかの形でペットに赤ちゃんのように話しかけると
答えています。飼ってない人が飼ってたら、の憶測も含めるともっと増える可能性があり
ますよね(笑)ちなみにこのサイト、女性の方が会員が多いと思うのでこのような結果が出て
るとは思いますが(男性は元々あまりしない・・・か)、それでもイエスが多いかなと思いました。
ちなみに、他の統計ではアメリカでペットを飼っている世帯、人は全体で46%という結果が
出ています。日本と比べると、どうでしょうかね?

ところで我が家ですが・・・
cbhk_auto_d.jpg
「お父さん」からご飯をもらう末娘(笑)のセナちゃん

もちろん、私もたまに赤ちゃん言葉で話しかけますよ。でも長女にだけ、かな。彼女はメスの
中でもさらに小柄な方なので、顔とかもちっちゃくていまだに子猫みたいに見えるときがある
んです。私が地下室へ猫トイレの掃除に行く時は、必ずついて来て、なぜか床に寝転がり、
ゴロゴロ回ってみせるんですよ。これって、愛情表現のひとつなんでしょうか??

そして可笑しいのは主人の母。。セナは、義父が他界した約2ヶ月後の、義母の誕生日
の日に我が家の庭に野良猫としてひょろっと入ってきたところを、あまりに人懐こかったので
私が家の中に入れた子。その日は義母の誕生日会をするためにちょうど義母もうちに呼んで
いました。私がいつも三毛猫をほしがっていたので、この子は皆で亡くなった義父からの
贈り物じゃないかと話し合ったものです。

うちは子供を授かる事ができなかったので、義母にとっては「孫」みたいな感じなんですかね?
義母がうちへ来ると必ずセナが迎えに来て、ニャーと甘えるんです。
その時に必ず義母が赤ちゃん言葉で話しかけるんですよね。まぁ~セナ!
チュチュチュチューとか、うにゅにゅにゅ~みたいな、文字で表しにくい音(笑)
人間の赤ちゃん抱っこする時によく女性が言うでしょ?な感じ。それがなんだか可笑しくって・・・

私達がセナを見つけたのではなく、彼女が私達を選んだので、こうのとりが運んできたと
思って大事に大事に育てている私達なのです。

にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村ぼくの肉球押してね^^

[edit]

CM: 2
TB: --

page top

ペットたちのハロウイン 

2012/10/31
Wed. 12:13

アメリカは季節の行事やお祭りが大好きな国。
今日はハロウインですが、この時期はペットショップでも犬用のハロウインコスチュームが
店頭に並びます。


ペットショップハロウイン衣装売り場1

真ん中の黒いのは、スパイダーですね。パンプキンとか、ペンギンとか蜂とか色々あります。


ハロウイン2

小さいサイズから大きいサイズまで沢山あります。
日本でもペットの洋服は人間なみに色々あるけど、この時期だけはアメリカ人もペットを
おもちゃにしちゃうんですねぇ。ちなみに、猫用はさすがにありませんでした。

こちらは新聞記事に掲載された動物たちのハロウイン。

jvff_auto_d.jpg

写真が見えるでしょうか?
飼い犬たちに色んなコスチューム着せて、ハロウインの行進に犬たちも参加して(させられて?)
いるんですが、ワンコたちも楽しんでるんでしょうかね?

yb2a_auto_d.jpg

下の記事は、「ハロウインパーティで動物たちもワイルドに」と題がついてます。
この場合、ワイルドとは大胆に、というんニュアンスですが、こんな色んなもの着せられちゃって。。
真ん中の子なんかトラ模様にペイントされちゃってますね!

NYから、動物たちのハロウイン報告でした。

にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村
最後に応援のクリックを宜しく。

[edit]

CM: 0
TB: --

page top

大きな庭で走り回るアメリカの飼い犬たち 

2012/05/17
Thu. 09:12

アメリカでは、住宅専門のテレビチャンネルがあって、私はお昼に毎日一般人が
家を買うハウス・ハンターズという番組を見ていますが、その中で犬を飼っている
人たちが大きな庭とフェンス付きの家を探すシーンがよく出てくるんです。


どこの国にも、良い飼い主と悪い飼い主はいるものですが、アメリカの場合「良い飼い主」
の「良い」度は、ハンパないです。犬が(猫も)ほぼ擬人化していて、人間の家族と同じ様
に扱われているケースをよく見かけます。例えば、この番組では、こういった愛犬家たちは
必ず大きな庭とフェンス付きの家を条件に探しています。そして不動産屋さんと物件を見て
まわる時は、犬の名前も覚えている担当の人が「ここはジュークの部屋になりそう?」など
と言うと、飼い主も「いいわねえ、ここに彼のベッドを置きましょう」と真剣にやりとりする
んですね。
猫の場合も、ここはミーアの部屋にしよう、などと家の中を見ながら言う人もいます。
ペットも部屋を持てるとは、なんちゅう贅沢(笑)。でも、ペットも家族の一員として当たり前の
ように家を買う条件に入っているのが微笑ましいです。

主人の友人に、数年前に犬を飼ったんですが、すっかり息子として育てている夫婦がいます。
子供さんがいないので、うちと同様、ペットが子供なんです。そちらのワンコの溺愛ぶりも
ハンパなく、犬がきてからご夫婦は庭にフェンスを建てました。

June10-10 003 June10-10 004
June10-10 005 June10-10 006

これらは、その「ご子息」の1歳のお誕生日会に呼ばれた時の写真です。
小さくて見えずらいですが、近所の愛犬家たちも招待されていて、それぞれに愛犬を連れて
きています(矢印の先)。友人夫妻の場合は、特にその犬種が好きだと言う事で血統書つき
をブリーダーから買ったそうですが、近所の方々の犬達はみなシェルターから引き取られた
犬たちでした。
こうして、広い庭で近所の犬達が思い切り走りまわってて楽しそうです。
こんな国土の広い国で、愛犬家に飼われている犬達は本当に幸せだなあと、つくづく思います。

私がまだ日本にいた頃、アパートの近所の通勤途中に、大きな「番犬用の犬」が短いつなで
玄関に繋がれたままの一軒家がありました。いつそこを通っても、かなりの老犬なんですが、
目からはヤ二が流れ、自分の垂れ流しの上に寝ているんです。可哀そうでたまらなくて、
そこを通るたびに玄関まで行って家主になんとかしろと言いたくなる状況でした。
しばらくすると、その犬は姿を消していました。おそらく老衰したんだと思います。ところが、
2~3ケ月後、その家の玄関にもっと若い新しい犬が、同じようにつながれていたんです。
また可哀そうな犬が犠牲になっている・・・と思っていたら、その犬もやがて姿を消しました。
私は、憶測ですけど、飼い主が何かの理由で気にいらなくなったのでセンターへ連れて行った
んだな、と思いました。犬はその家の人間にとって、ただの防犯の道具。生き物ではなかった
と思います。
アメリカだと、この飼い主は近所の人に通報され、おそらく飼育違反の軽犯罪か、あるいは
動物虐待と認められると重罪になっていた可能性があります。一日に何度も散歩をさせていた
証拠が必要になるかもしれません。でも日本では、玄関につながれたままの犬はよく見かける
光景だったと思います。

日本の住宅事情を考えると、飼い犬に自由に動き回れるスペースを与えてあげられないのは
分るんですが、あんなに短いツナでつなぎっぱなしでは、犬が感じるストレスは相当なもの
だと思います。私の友人の愛犬家は2頭の大きなワンコを飼っていますが、彼らは家の中
で飼われているので、自由に動き回る事もできるし、友人が長い散歩をよくさせているので、
飼い犬として幸せだと思います。本当に犬が好きなら、そういう飼い方も出来るんですよね。

アメリカで愛犬家たちに飼われている犬を見ていると、人間もペットも生まれる国で明暗を
分けてしまうなあ・・・と思わずにはいられません。限られたスペースの中でも、最大限に
ペットを幸せにしてやれる工夫をしたいものです。

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。