アメリカのペット事情~NY発信

アメリカNY州で猫と暮らす主婦が見たアメリカのペット事情色々を報告

スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

CM: --
TB: --

page top

またもや、ペットとの別れについて考えさせられる
ビデオに出会ってしまいました。ちょっと英語を
読みながら観ないと分かりにくいと思いますので、
全訳をつけますね。




OlBoyは野良として生まれ、家庭の温かみを
知らずに育った
お店の人がくれる残飯でその日をしのいで生きてきた
Olboyはある日怪我をして動けないところを発見された
3日間も痛みで這いつくばった後にやっと・・・

自分の排泄物の上に寝ころんだまま
助けを求めていた
発見した時には体中にダニがくいついて腫れあがり
その体からは腐敗したネズミのような異臭がした

獣医に診てもらうといくつもの問題があった
ダニ感染症、体力の消耗、そしてガンの可能性・・・
もう立つ事すらできない

歯の状態は最悪
血中ヘモグラミンも最低値を示した
何百ものダニが取り除かれたあとに
ダニ感染症と輸血の処置がとられた

アニマルコミュニケ―ターに来てもらうと
Olboyは伝えたい事があると言った

ボクはもう死ぬ
もう時間があまりない
ものすごく苦しい

だけど安楽死させられたくない
自然に逝きたいんだ
そして出来るなら、ボクをおうちの中で死なせてくれないかな・・・
一度でいいから家庭の温かさに触れたい
愛を知りたい

僕たちはOlboyの願いを叶えてあげるため
家に連れて帰った
彼はあきらかに喉が渇いていたけど、
もう起き上がる事が出来なかった
僕たちはOlboyのそばにいて
苦痛で鳴くたびに撫でてあげた

家族・・・そして愛される事
それがOlboyの望みの全てだった

僕たちは一瞬も目を話さずそばにいた
それは人間も犬も一緒だな
(彼らの愛犬も心配そうにOlboyを見守っている)

朝の2時、Olboyは体を起こした
そして最後の水を自力で飲んだ
4時に静かに永眠した

(ここで見送った彼らの犬がOlboyの亡きがらを
フンフン嗅いでシッポを振り別れを告げる)

Olboyからの、もう一つの最後の願い・・・
それは火葬して
広い野にまいてもらうこと
Olboyは死ぬ少し前に、コミュニケ―ターの方に
「海」のイメージを送っていた
そここそが
Olboyが、ついに自由に走り回れる場所

野良イヌたちは贅沢なものもお金も名声もいらない
ただ人間に愛され、理解されたいだけだ
生きる事の尊厳と、そして自然に元いた場所へ戻る事
(輪廻転生を意味している)

自由になれ
もう二度と、野良犬なんかに生まれてくるんじゃないぞ


......................................................................................................
映画「ひまわりと子犬の7日間」の原案者である
ゆみさんが、宮崎県で保健所に持ち込まれた老犬
たちの最後の死に場所に尊厳を与えたいと、
老犬のホスピスを作るために頑張っておられます。

ガスで殺されると知っていてもここに持ち込まれたと
いうことは、飼い犬として人間と暮らしていながら、
一度も愛された事がなかった犬達なのだということ
なんだと思います。

私はこのOlboyのビデオを観て、ゆみさんが自分の
人生を老犬たちに捧げる覚悟をなさった気持ちが
分かる気がしました。

老犬ホスピスの概要と計画はこちらの記事へ
最後を看取ったレオン君の記事はこちらへ

ブログをお持ちの方へ
私と一緒にゆみさんの支援の輪を広げませんか?
リンクはフリーです、どうぞお持ち帰りください。


ランキングのバナーを押して応援して頂けると嬉しいです!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

[edit]

CM: 10
TB: --

page top

余命短い老犬に注いだ飼い主の無条件の愛 

2014/07/21
Mon. 07:00

これまで安楽死をテーマにしたログで、何度か、ペットが
病気になるとすぐに諦めて安楽死させてしまうアメリカ人
の話をしてきましたが、例え少数派でも、こんな人もいる
のだという紹介を今日はしたいと思います。


John Unger

シェパード・ミックスのこのワンちゃん(名はSchoep)が1歳
の頃、不幸な事情でシェルターへ入った彼を引き取った
のが、この写真のジョンさん。
Schoepが年老いて関節炎が酷くなりはじめてからは、その
脚を癒すために、こうして水温が適度なうちは毎日近所の湖
でリハビリをしてあげたそうです。関節が痛んで眠れない
Schoepも、水中では浮力で痛みが楽になり眠れるので、ジョン
さんは1時間近く水につかる日もあるそう。もうあと少ししか
生きる時間が残されていないSchoepのために、何でもして
あげようと誓ったそうです。

この様子を見たプロのカメラマンの女性が感動して撮った
この写真をフェイスブックに載せると、瞬く間に人々の感動
を呼び世界に広まったそうです。
その後ジョンさんとSchoepは有名になり、多くの報道関係者
からも取材を受けました。リハビリの様子はYouTubeでよりも、
このサイトのビデオが一番分かりやすいので、リンクを辿って
観て下さい。皆さん、ハンカチの用意はいいですか?




Wimp.Comでのビデオはこちらへ
上記での再生が出来なかった方はこちらを試してみて下さい。

Schoepはその後、20歳の誕生日を迎えた1ヶ月後の、
2013年7月に、無事、老衰で昇天したそうです。
JohnさんとSchoepのファンになった人達が、集めた写真
を元に色々とメモリアルビデオを作ってますが、その中
でこれが良かったのでここにシェアしますね。



Schoepが死んだ後のインタビューでジョンさんが、
微笑みながらこう語ったビデオがありました。
「相棒がいなくなって寂しくないですか?」
「もちろん、寂しい。
けれど僕たちは愛に満ちた日々を一緒に過ごした。
彼は僕にとって大きな贈り物だった。
だから僕は彼を送り出しても幸せなんだ。」

この前向きさ、私も見習いたいと思います(^-^)。
..........................................................................

愛しているからこそ、生かし続ける。
愛しているからこそ、逝かせる。
この境目を、どこに置くかが、時としてとても難しい。
けれど、それが本物となった時に、
人々の感動を呼ぶのだと思います。


ランキングのバナーを押して応援して頂けると嬉しいです!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村

[edit]

CM: 6
TB: --

page top

これは、末期のガンに侵された犬と、彼を愛する家族が過ごした
最後の一日の記録を写真で追ったものである。
リンク元 I Died Today


I die today.
今日、ボクは逝く

dukey (1)

And I ate a lot of hamburgers. We had a party.
ボクはハンバーガーをいっぱい食べた
みんながパーティを開いてくれたんだ


続きを読む

[edit]

CM: 18
TB: --

page top

天国の愛犬が遺してくれたメッセージ 

2014/04/19
Sat. 08:35

もうすぐ逝ってしまうかもしれない愛するペットと、話が出来たらいいのにと
思った事がある人はいますか?
動物とコミュニケーションがとれる不思議な力を持った「ともこさん」と、私が
ブログを通して知り合ったのは数年前になります。彼女はその特異な能力を
お仕事にされていて、日本とアメリカでアニマルコミュニケ―ターとして活躍
されています。

その彼女が赤ちゃんの頃から飼っている秋田犬の愛犬「モモ」ちゃんが、10歳
のある日、突然天国へ旅立ってしまいました。ほんの昨日まで、彼女のフェイス
ブックでモモちゃんの日記を見ていた私は、その突然の訃報を知って、もう
「なんで、なんで??何が起こったの?」とびっくりを超えて、唖然としてしまった
のです。しかもそんなに急だったのに、ともこさんの日記はなぜか明るく、モモ
ちゃんの「旅立ち」をすがすがしく見送ったかのような印象でした。

10176238_10200696168646037_1291199885_n.jpg
在りし日のモモちゃん(ともこさんのブログより)

ともこさんのブログに、私が「なぜ?」と思ったその答えの全てが書いてあり
ます。今回、ご本人様からリンクの許可を頂いたので、ご紹介しますね。
桜のように。

モモちゃんは、1カ月ほど前から自分の死を予感していて、ともこさんにそれを
教えていたんですね。。。というか、別れが悲しくなるから避けていたのかな。
ところで、先日ペットの安楽死について私が考えた事を書きましたが(こちら)、
動物のメッセージを受け取る事ができるともこさんは、動物との交信の中でこの
問題をどうとらえているのかなあと気になって聞いてみたんです。
すると、ブログの中で既にそれについて書いていたという事でした。

安楽死について
あらためて、動物の死について、考えさせられました。

ペットは、やはりちゃんと飼い主の事を思っているんですね。肉体を失っても、
ペットの魂は存在している。いつまでもペットロスを克服できないでいる人が、
たまたまこの記事を読んでくれたら、天国にいる愛犬や愛猫に心配かけないよう、
頑張ってほしいと思います。

.....................................................................................................................................................
彼女のブログを読んで、ご自分のペットの気持ちやメッセージを読み取って
欲しいと思う方がいらっしゃる場合は、ともこさんが定期的にされているセッション
に申し込んで参加できると思います。お仕事についての詳細は、彼女のブログ
内でお確かめ下さい(所在地は東京)。私自身はお仕事内容について把握
していませんので、詳しい事は分かりません。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村

にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村
応援ポチお願いします♪

[edit]

CM: 2
TB: --

page top

安楽死の本当の意義 

2014/04/04
Fri. 10:18

先月、アメリカ人と日本人の安楽死についての考え方の違いについて書きました。
詳しくは
ペットの最後を看取る時
クローバーのその後
クローバーと過ごした最後の3日間  へ。

あれから、よそのブログさんで「治す事ができない重症末期」の猫や犬のお世話を
している方々の記録を読む機会があり、また安楽死の意味について考えていました。。
実をいうと、私はクローバーの一件以来、少しづつ考え方が西洋寄りしています。
クローバー自体は老衰だったので、これはもちろん「治せない重症」の犬や猫
がすぐには死なない場合(おそらく数カ月以上にわたって)の話です。

そしてもちろん、アメリカ人のように「獣医に連れていったその場で決心」などと
極端な話ではなく、悩んで悩んで悩みぬいた末に安楽死を選ぶことを前提とした
話をしたいのです。
追記:その場で即決しなければならない場合もある事、教えて頂きました。
誤解を招くような表現になった事、ご容赦下さい。


私は肉体的苦痛をペットに負わせたまま生かし続けることが、飼い主の愛情なのか
それとも自分が単にペットを失いたくないエゴなのかについて考えていました。
その難しすぎる問題をどう表現していいか分からない私に、ものの見事に説明
してくれた獣医師の記事を「私に何の関係があるのだ」さんのブログで見つけ
たんです。これを読んだ時、私が言いたい事はまさにこれだと思いました。

愛する犬や猫が、どのような肉体的苦しみを長時間にも渡りかかえてもなお、
安楽死を絶対的に盲目的に選択しないと思っている人にぜひ読んでほしい。

安楽死=Good Death ~ ベンジャミン先生の手紙

私は飼い主によって考え方の違いがあっていいと思います。
しかしながら、私が特にこの先生の手紙で共感した部分をコピーします。

動物にとって不必要な苦しみは何の得にもなりません。
動物はいかなる状況に置かれても
苦しみを良いことだとか望ましいことだと思うことはありません。
ただただ苦しみのみです。
安楽死を「自分の決定がこの動物の命を絶つ」というネガティブなものではなく、
長引く無用な苦しみを愛する動物に味あわせてはならないという愛情の行為である
というポジティブなものとしてとらえてみてはどうでしょうか。

私は動物の立場にたって考えることにしています。
飼い主にとって苦しい選択である「安楽死」は
ペットを苦しみや痛みから解放することができる救いなのです。
致死量の麻酔薬を投入する痛みのないものです。
不要な痛みを取り去って見送ることができることは
私たちのありがたい特権だと考えています。
自然に死なせるということは必ずしも早く痛みのないものではありません。
ときとして残酷にもゆっくり 、呼吸困難や痙攣を起こしたりと
悶絶の苦しみを味わうこともあります。


飼い主が負うのは「精神的な苦しみ」
ペットが負うのは「肉体的な苦しみ」
どちらも同じなのでしょうか。
動物虐待を「愛のない拷問」とするなら、
無理な延命は「愛のある拷問」にならないでしょうか・・?
動物にとっては肉体的苦痛に変わりはありません。
飼い主が、ペットの苦しみを取って変わってやる事が出来ない。


正直、将来万がいち、自分がうちの子で安楽死か自然死かの選択を迫られる
ようなことが起きた時には、どうするか想像もつきません。
獣医にもう治せないと言われたら、私は決心できるだろうか?
だから今はただ、自分の考えを言ってみただけにすぎないのでしょう。
しかしながら、私は自分が悩むがゆえに、うちの子に苦痛を負わせたまま
にする期間はせめて1週間・・2週間以内にしようという覚悟はしておこうと
漠然と思っています。



ところで、このような話題をふると必ず反対意見があると思いますが、
「殺されるために生まれてくる命などない」
とか、
「命の重さがあなたは分かってない」
とかいう、命の尊厳に関する事を、肉食の方から言われても私は理解は
できませんので、ご承知置き下さい。

私は肉食ですから、人が動物に対し、「命の重みがある動物」と
「命の重みがない動物」を分けていることを認めざるをえません。
でもそれも変だなと最近思い始めたんです。

そしてまた、私がペットを捨てて殺処分にすることを反対する時の理由は、
命の重みうんぬんとは違う次元のことです。
愛情がないゆえに殺す
愛情があるゆえに逝かせてあげる
これは全く別物だからです。

今日は安楽死を「尊厳死」と考える機会をもちたいと思って自分の思う全てを
書きましたので、コメントは歓迎しますが、ここに書いた以上の意見はありません。
そして、あまりにも長引く重症末期の子を介護する方に安楽死を勧めたい方が
いたら、ご自由にこのページをリンクして下さい。

にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村
応援ポチ、お願いします。

[edit]

CM: 7
TB: --

page top

ペットの安楽死にみるアメリカ人の死生観 

2013/07/16
Tue. 21:09

今日も文章のみの記事です。アメリカと日本の文化とか価値観の違いみたいな話に
なるので、興味がある方のみ先をどうぞ。

ペットの話の前に本筋が理解しやすいよう、先に人間の話をします。
私がアメリカに移住して最初の年、主人の友達のお母さんがガンで亡くなりお葬式に
行った時にビックリした事がありました。それは私がアメリカで体験した最初の「死の
別れ」だったんですが、雪の降る寒い日、悲しみに包まれた教会での葬式と墓地での
埋葬の後、その一家の次男の家に参列者が集まり「ランチ送別会」をした時の事。

家にはゲストを迎えるための、死後まもない母親の写真パネルが既に家族によって
作られていて、数々の母親の写真とともに「ママありがとう」の添え書きがありました。
ママは、死後わずか4,5日ですでに「思い出」扱いだったのです。
そして沢山の料理やお菓子でゲストがどんちゃん騒ぎ・・・と言っては何ですが、皆が
笑い、楽しみ「ママの思い出話」に花を咲かせるといった「パーティ」が催されました。

ええっ。
なんだか驚きましたねえ。日本なら、親族や友達は、故人の家族に対し同情と悲しみ
を共有し、しんみりしていなければいけないところです。笑ったり騒いだり楽しんだりする
となにあの人?と思われるんじゃないでしょうか。その後何度もお葬式とその後のパーティ
に参加しましたが、どれも同じでした。キリスト教の考えとか、文化的なものの見方の違い
とか、色んな事が関係しているのでしょうが、アメリカ人は日本人とは死生観も違いがある
んだなと初めて知った日でもあったのです(故人を恋しく思う悲しみ方はもちろんどこの国
でも同じですが)。

これは、ペットに対しても同じなんです。
アメリカでは、どんなに可愛くて仕方がない、家族同様に育ててきた犬や猫でも、一旦
病気にかかり回復の余地がないと獣医さんが判断した場合は、「ただちに」安楽死
させてしまう飼い主が多いようなんです。最初のころは、それはショックでしたね。
日本では病気にかかった犬や猫を「最後の日」まで身をこなして介護する人は珍しく
ないと思います。私は何度か、何カ月にもわたる介護記録のブログを見た事があります。
その犬や猫が、写真で見ても重病だとわかる(ガンが塊りとなって表に出てたりオムツを
した寝たきりの子など)場合ですよ。皆さんも一度は見た事があるでしょう。

私は同じ日本人として、その気持ちよくわかります。安楽死をきめてしまうと、その最後
も自分できめないといけない。人為的にさよならをする辛さ。1日でも1分でも、生きてる
その子を見ていたいと思いますよね。
しかし多くのアメリカ人は病気の状態が一日でも長く続く事を、その子を苦しめる、不幸に
していると考えるようです。獣医さんが「もう治らない」と告知してから安楽死させるまで
(獣医さんのアポを取らないといけないので日にちは設定されます)わずか3日とか、
獣医さんの予定があいていれば次の日だって、な感じなんです。

なんというか、私にはすごく「ドライな人たち」に見えて、最初のころは「あんなに可愛い
がってたのに、どうしてそんなにすぐに決心できるの?」とその心境が理解できません
でした。まあ、今でも100%理解してるわけではないですが、日々アメリカ人に囲まれて
生活していると、なるほど感じ方、考え方が違うのねと思うようになったのです。

ペットを安楽死させた飼い主さんたちの話を聞くと、みなが「あの子は眠るように安らかに
逝った」と言います。獣医さんが注射をする様子を見届けることができるんですね。
すごいな。私だったら、自分の眼で見る事ができるだろうか。。。。案外、見なければと
思うのかもしれない。

たまに5匹のうちの子たちをみながら、もし誰かが治らない病気になったらうちの主人は私
に介護することを許してくれるだろうか?なんて考えることがあります。痛い苦しい思いを
する子をなぜ逝かせないのかとまず不思議に思うでしょうね。どの子も老衰で自然死して
くれたらいいなぁとたまに思う私です。
参考までにこんな記事見つけました→日本人はペットの安楽死に抵抗感

にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

[edit]

CM: 4
TB: --

page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。