アメリカのペット事情~NY発信

アメリカNY州で猫と暮らす主婦が見たアメリカのペット事情色々を報告

スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

CM: --
TB: --

page top

犬と同じ目に遭わせて分からせる警官 

2015/06/29
Mon. 20:48

ちょっとアメリカらしいというか、可笑しなニュース
がありました。
以前、夏の暑い日に飼い犬を車において
ちょっと買い物してたら犬が死んでしまって、
刑に問われた女性の話を書きました(こちら

57404322.jpg

今度は、飼い犬を車においてウオールマート
で買い物してた女性が、車に戻ってきたら、
そこに警官が待っていて、
「君もこの車の中にいなさい。」
と、窓を閉め、犬と同じ状態で座らされるという
「珍事件」が起きたそうです。
「今回は警告だけで済ますが、今度同じことを
したら召喚するぞ。」と言われただけで済んだ女性。
「警官にいじめられた」と、憮然とした態度だった
とあります。
ニュースもとはこちら

なんとなく想像したら、不謹慎ではありますが
笑っちゃうような光景が目に浮かびます。

警官にしてみれば、我が身でその暑さを体験
することで犬の置かれた状況を分からせた
つもりでしょうが(愛犬家なんですかね?
警官だからといって、こんなことをしていいのか
と賛否両論あるようです。

これ、日本でやったら逆に警官が罰せられる
かな。でも同じ目に遭わされて腹を立てる
飼い主の方がおかしいと思う。

犬だって死んじゃうんだから
同じ目に遭わせていいと思う。
言っちゃった~


ランキングのバナーを押して応援して頂けると嬉しいです!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

[edit]

CM: 14
TB: --

page top

シェルターの犬猫を洪水から救った人たち 

2015/06/11
Thu. 19:01

shelter-animals-800.jpg

たまには読んでハッピーになる話が必要ですよね!
今日はアメリカのThe Weekという週刊誌に載っていた
シェルターのニュースをお届けします。

5月の末、テキサス州オースティンのノーキル・シェルター
(殺処分はない、保護目的のみのシェルター)に洪水に
よる浸水が押し寄せた。
職員たちが必死の助けを求めてフェイスブックに投稿
すると、数時間のうちに動物愛好家たちがシェルターに
行き場を失うところだった犬と猫たちを一時預かりして
あげるために押し寄せた。

shelter-animals-01-800.jpg
犬と猫を預かるためシェルターに並んだ人たち

その日のうちに50匹の犬と30匹の猫が預かりを申し出た
人たちの自宅に保護され、中には実際に里親を希望し、
預かった子たちの飼い主となった人たちもいた。

「なんと211通もの里親希望の申込書があったのよ。」
と職員のアマンダさんは言う。
「これだけ多くの人が犬と猫を保護しにきてくれた光景
には本当に驚いたわ。」

上記の写真をお借りした記事はこちら。
オースティン(テキサス州)の市民の活躍

英文ですみません、今時間ないので、また戻ってきて
加筆するかもしれません。

それにしてもフェイスブックをいつも見てる人たちって
ほんと多いですね(笑)よかった、よかった。


ランキングのバナーを押して応援して頂けると嬉しいです!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村

[edit]

CM: 4
TB: --

page top


schoep 1

以前、こちらの記事でご紹介した、この印象的な
写真を覚えていますか?今までに見た飼い主と
犬の写真の中で最も感動した写真はどれかと
聞かれたら、私は迷わずこれを選ぶでしょう。

大切な「愛息子」のショープを失ってから、ジョン
さんはかなり辛い日々を送ったそうです。
そのジョンさんが約1年半後、あらたなパートナー
を得たというニュースを見ました。

Schoepのパパ新しい犬の飼い主に

adopted dog1

リンクによると、ショープとはジョンさんがうつ病と
戦っていた時にシェルターで出会い、引き取った
日からショープに助けられた。その恩に報い、
ショープの関節炎の治療に全力を捧げたのだそう
です。

ビデオでは、この写真で一躍有名になったジョン
さんを励ます全国の人たちからの手紙、ショープ
の遺灰が入ったツボの前でペットロスを語る氏、
あらたな出会いを求め、リサーチを重ね、ついに
シェルターで「運命の新しい息子」クマちゃんと
出会った時の様子を語るシェルターの職員さん
などが紹介されています。

ジョンさんにとって、犬は「ペット」ではなく人生の
パートナー。どこにでもいる犬ではなく、運命の
犬でなくてはならなかったんでしょう。
今ジョンさんとクマちゃんは、お互いを知りながら
どこかぎこちないスタートを切っているようです。

ここにまた、その生涯を約束された、幸せな1匹の
犬が誕生しました。


ランキングのバナーを押して応援して頂けると嬉しいです!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村

[edit]

CM: 6
TB: --

page top

去年の1年で500匹以上の猫をレスキューし、
コンスタントに譲渡数をのばした活動が評価
され、ついに3つのペットショップの常設ケージ
に入居することになった、私がボラする団体KA。
これはこちらからの続きです。

IMG_4336.jpg
アメリカ大手のペットショップ「ペットスマート」に入ったうちの保護猫たちの猫舎

ここは元々郡のシェルターが入っていましたが、なぜ
民間のNPOであるうちが入れたのかは前回説明しました。
私たちがレスキューする猫はグループに属する一時預かり
ボラ宅で、普通のペットと同じ生活をしながら譲渡の
チャンスを待つのですが、これらのケージを借りることで
もっとたくさんの猫をレスキューする事が可能になりました。
(注)ケージに入る子達は2週間交代で入れ替わります。
譲渡されなかったら又ボラ宅に戻り、通常の譲渡会に参加。

George and Grace Greer2.jpg
左:入ったばかりで緊張している子たち 右:人が恋しくてたまらない子


アメリカのペット業界の素晴らしいところは、各NPOの
保護活動にとても協力的なところだと思います。
ほとんどのショップで犬と猫の店頭販売がないだけで
なく、例えばこの写真のペットショップの場合、店員さん
たちが日に4回のうち3回、ケージの世話をしてくれます
(他1回が私のグループのボランティアの義務)。
そしてなんと・・・

このケージの猫たちの砂をショップが、エサは日本にも
あるピュリナが支給するんだそうです。しかも、ここから
譲渡があると、1匹につき10ドルの支援金がショップ
から支給されるそうです。このお金は、全部保護猫たち
の去勢代と医療費になります。
ショップも企業もすごい太っ腹ですね
今回の入居で初めて知って、私びっくりしました。

11031137_906801049371036_4543468488438976343_n.jpg
猫舎内で譲渡が決まった瞬間(右が預かりボラさん)

なぜショップや企業がこのような形で保護活動を支援
するかというと、動物愛護の精神だけでなく、ここでの
譲渡が彼らにも利益をもたらすからだと思います。
いわば、ギブ&テイクの関係でしょうね。

まずここでうちから譲渡が決まった人は、ショップに
登録され、このお店で使えるクーポン冊子をもらいます。
1~10ドルの、エサ、砂、おもちゃ、グルーミングなど
色んな商品に使えるので、それを使うためにお客さん
が戻ってきます。またここで猫を貰って帰る人たちが、
キャリーを買ったり、必要なエサや砂、ベッドをしこたま
買って帰るので、お店にとっても利益があるんですね。
ピュリナについては譲渡が決まった猫の飼い主に同社
の製品1袋無料のお試しクーポンが渡されるそうです。


1965004_906801036037704_1695373425511504471_n.jpg
今日からあなたは私の家族よ、と話しかけているんでしょうか。

日本のペットショップ業界も、今後は店頭販売を禁止し、
レスキュー活動の支援に傾いていく方向に向かって
くれたらと願っています。
追記(3月21日):
日本での保護動物をペットショップで譲渡する試み
に関する記事↓をリンクします。
ペットショップは動物を売らない?



ランキングのバナーを押して応援して頂けると嬉しいです!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村

[edit]

CM: 4
TB: --

page top

犬を踏み台にする政治家のFB炎上 

2015/01/04
Sun. 17:03

追記:The weekというアメリカの週刊誌にも
この一件が掲載されましたが、それによると
なんとこの犬は坊やのサービス・ドッグ(介護犬)
として飼われているそうです。
犬が動かないならいいじゃないかといったFB
の多数のコメントが、またさらに残念になりました。


日本では、数年前に大統領選の際に有名
になったサラ・ぺリンというアメリカの共和党
政治家。覚えてる人いますか?

何かとおバカで傲慢な発言等でお騒がせ
する人ですが、今度はこんな写真を自身の
フェイスブックに掲載したことで、物議を
かもし出してしまいました。


10906533_10152984575808588_4085646624293598803_n.jpg 10904413_10152984575863588_4940457743799636064_o.jpg

自分の息子が流しに届かないので
飼い犬を寝かせ

そこに横たわっていた犬にのって
↑ちょっと勘違いがありました、誤訳お詫びします
後片付けを手伝ってくれた

10900246_10152984575838588_3607892519249206294_o.jpg

最後は、得意顔の息子のショット。
このあどけない子供に罪はありません。

しかしこれを見た私の第一印象は、
この年齢の子供じゃ、

重すぎるだろ

この犬の背骨にかなりの重圧がかかってる
のが容易に分かります。
これが彼女の元旦のフェイスブックに載ると
あっという間に2万を超えるコメントが殺到
しました。ほとんどは、愛犬家ならびに常識
ある人達(民主党が多数?)の批判のよう
です。

しかしながら、この子供がダウン症である
ことから、いいじゃないか、この子にも同情
しろと言った声もあります。
子供の障害と、動物への配慮は、別問題
と私は感じましたが。。。。

これに対し、サラ嬢の回答がこちら。

サラ・ぺリンのフェイスブックに非難殺到

まあ、そうカッカしなさんな、PETA(動物愛護団体)よ。
息子はなにも犬を喰ったわけじゃないのよ。
それじゃ、エレン(この人、動物愛護家でビーガン)
のこの写真はどうなの?
↑リンク先の、赤ちゃんのような女の子が犬
の背に載った写真のこと。

と、反撃しています。

人の感じ方はそれぞれですが、「基準」がこうも
違うと、恐ろしささえ感じます。
このお方が息子に毎日これをさせたとなると、
いつ犬の背中に歪みが生じるか心配ですね。

この写真を見て不快感を感じた方は拍手
ボタンでお知らせ下さい。

ランキングのバナーを押して応援して頂けると嬉しいです!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村

[edit]

CM: 15
TB: --

page top

甘く見てはいけない猫の白癬、真菌、疥癬 

2014/10/02
Thu. 13:33

今月の19日に日本へ里帰りするんですが、
今回は途中から夫も来るので、猫をどうするか
随分悩んだあげく、私のボラ仲間に預けること
にしました。

ところが私が「じゃお願いします」と彼女に言った
後で、他の仲間が「あの子の家今リングウォーム
があるわよ」と教えてくれたんです。
そのリングウォームというのを調べてみると・・・

これ↓
Ring - worm

ギョエ~~~ッ

リンク先のウイキに飛んだら、そこから日本語版へ行けます。

で、その教えてくれた人が「11月までには収まる
んじゃないかしら?」というので、私も頼むと言った
手前、引き受けてくれるSさんには遠まわしに「うち
は菌類は夫の体質で無理なので、猫の病気が
あれば教えてね」とメールしました。が、Sさんからは

返事なし( ̄~ ̄;)  

こういう大事なメールを無視されると不信感が
湧いたものの、Sさんしか預けられるとこがない
ので、仕方なく待ってました。そんな時、
フェイスブックでたまたま保護猫の「真菌」と格闘
してる方の投稿を発見
(白癬、真菌、疥癬といった菌による皮膚病
は大体似たようなもののようです。詳しくは
各自で調べてみて下さい)
それによると・・・
(写真と文章の一部は投稿主さまからお借りしました)

106496823245001310563632996561611394509441n.jpg
要点のみ抜粋
●猫、犬、人にもうつる(猫から人へ、猫同士で)
●まめにシャンプーするがシャンプーで二次感染も
●飲み薬は副作用が強い
●接触がなかった犬猫同士でもうつった
●耳の中や足の付け根など目立たないとこに
あると気がつきにくい

12362953244997910563973082832468474474144n.jpg
おりこうさんにシャンプーされてる真菌猫ちゃん

やっかいな事に、これは完治するのに結構
時間がかかるようです。
怖いのは、動物~人間間でわりと簡単にうつって
しまう事ですね。いやー、Sさんちに預ける前に
この投稿を見て良かった
情報下さったMさん、どうも有難うございました。

で、
うちの子たちはどうするかって?
結局、キャットシッターさんを雇う事にした
んですが、2週間も家の中が猫だけと思うと
家に帰るのが怖いわ。。。。タラっ(^▽^;)


ランキングのバナーを押して応援して頂けると嬉しいです!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村

[edit]

CM: 8
TB: --

page top

メス犬を獣姦した男の判決がついに 

2014/09/19
Fri. 08:34

先月載せたこの話題、覚えてる方いますか?

メス犬を獣姦した男の判決は

アメリカ時間の今日、13:30に公判が始まります。
いよいよですね~
フェイスブックでは招待を受けた約6300人中、2100人
が参加の予定となってます。そのうち何人が傍聴席
に座れるか分かりませんが、おそらく大半は外で
待機するんじゃないでしょうか。

rose 1

ローズちゃんは現在預りボランティアさん宅で
同居のお友達もできて、すくすくと回復してきて
いるようです。その様子はRose's Road to Recovery
で見る事ができます。

アメリカは性犯罪に厳しい国なので、これが
動物相手だとどう出るか?フロリダ州の動物
愛護法がどの程度なのかも含め、ちょっと
興味がありますね。
速報を知りたい方は、英語ですが

Justice For Rose

でリアルタイムで追う事ができるでしょう。

.........................................................................................................................

判決結果出ました。
5年の懲役刑だそうです。
フェイスブックに次々載せられた写真やコメントを
見ると、皆さんこの判決に大満足のようですね。

rose 2
ガッツポーズをとる支援者たち(FBより)

私はマサチューセッツ州のDoeちゃん事件(こちら)
が60年の実刑判決だったので、もう少しいくかな
と思ってたんですけど。。思ったよりあっけない
判決結果でした。

これで支援者たちが大喜びしていると言う事は、
男が書類送検のみ、あるいは無罪放免になる
可能性があったという事かもしれません。

現在、この男は62歳だそうで、刑期を終える頃
はまだ60代後半です。性的異常者としては、
まだ現役でいけそうですなぁ。。。

私、アメリカでも日本でも、こういう動物虐待の
例を見ていると、こう思わずにはいられません。
もしこの被害者が世間でいう「たかが犬」でなく、

子供だったら?
老人だったら?
政治家の娘だったら?
あるいは、
その国の要人だったら?

判決結果が、被害者によって変わってくる
可能性があると思います。動物だったら軽い、
子供だったら重いということではなく、

裁かれるべきは加害者の犯行内容そのもの
でなくてはならないんじゃないか、と思うのです。
相手が人間か動物かは関係ないんじゃない
かと。
日本の皆さんは、この判決結果をどう見た
でしょうか。


ランキングのバナーを押して応援して頂けると嬉しいです!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村

[edit]

CM: 8
TB: --

page top

NYテロ911レスキューに命を捧げた犬達 

2014/09/12
Fri. 15:27

昨日、ここアメリカは2001年9月11日に起きたテロの
記念日で、あちこちのメディアで当時をしのぶ報道が
ありました。
この日は動物好きの人達にとっては命がけでレスキュー
に参加した犬達の追悼の日でもあります。

911 dog 2
写真はこちらのイメージ集でもっと見る事が出来ます。

調べていると、当日消防隊員や救急隊員たちと
現場にむかった350匹の訓練を受けたプロの
犬達の他に、約100人の勇気ある市民が自分
たちの飼い犬を人命サーチのために連れだした
とあります。

911 dog 1

何匹の犬がその日に犠牲となって死んだかは
分からないんですが、事件直後にツインタワー
に消防、救急隊員たちと一緒に入っていった
犬たちは、タワーの崩壊とともにパートナーと
その運命を共にしました。
私が行きつけの動物病院にも、合衆国のヒーロー
として、その犬達をしのぶ絵が壁にかけられて
いるんです。

10534525_10202473801436733_3847680301248420516_n.jpg

あれから13年が過ぎた今、当時活躍した犬たち
は、2011年には12匹生存していたものの、現在
は皆他界しているようです。
驚いた事に、その死は過労や毒性の塵や埃を
吸ったことによる病気ではなく、ガンで死んだのは
数匹で、ほとんどの犬たちは加齢により死んで
いるようなのです。

研究者たちは、マスクも付けず人間でいえば裸の
ままの犬達がなぜ助かったのかは、おそらくその
長い鼻(鼻くう)のおかげで塵埃が肺に届かなかった
ためだろうと推測しています。

フェイスブックのコメントで印象的な事を書いて
る人がいたので要点だけ紹介します。

この世に、パピーミルやシェルターで、一度も
愛されず、ただ死ぬために生まれてきた犬達が
一体何匹いることだろうか。
彼らの存在をもって考えると、この救助犬たちの
ライフには大きな意味があり、その死にも大きな
意味があった。
彼らが虹の橋を渡った時、アメリカの国旗がなびく
歓迎を受けたことだろう。


ランキングのバナーを押して応援して頂けると嬉しいです!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村

[edit]

CM: 6
TB: --

page top

アメリカらしい演出~里親宅へ行く犬の見送り 

2014/08/22
Fri. 12:09

面白いビデオをフェイスブックで見つけました。
これはネバダ州のアニマルシェルターで、新しい
飼い主宅へ行く犬を送りだすスタッフたちの粋な
見送りの様子です。
ちょっと長いので途中退屈しますが、この素晴らしい
シェルターの施設の様子とかケージスペースなど
細部にも同時に留意してご覧下さい。


最初に広告が流れます
リンク元はこちら

ビデオは、シンディさん(金髪の女性)にクーパー
の譲渡が決まって、カウンターのスタッフが
「これで譲渡できますよ。クーパーを連れてくる
ので待ってて下さい」と言うとこから始まります。
そしてスタッフ一人一人が喜びを表現するダンス
をし始め、最後に・・・・という流れ。

恥ずかしがり屋の人には照れてしまうパフォーマンス
ですが、最後が感動ですね、ぐっと来ました。
これ、うちの譲渡会でもやろうよ、とメンバーの人
が冗談でFBに載せてたんですけど、


私やってもいいですよ(^▽^) 


っつーか、むしろやりたかったりして・・・笑 

追記:
ブログ仲間さんから、似たビデオがあると教えて
もらいました。これはまた大きくて立派な施設の中
の様子がよく分かって、すごいと思います。私の
近くのアニマルシェルターは、ここほど大規模では
ないので、素晴らしい施設だなと思いました。
運営規模が大きいと言う事は、寄付金も大きいの
でしょうね。びっくりです。




ランキングのバナーを押して応援して頂けると嬉しいです!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村

[edit]

CM: 10
TB: --

page top

可愛すぎるモグラたたきゲームに賛否両論? 

2014/08/21
Thu. 08:05

これちょっと観て下さい。
めっちゃ可愛いです





皆さんはどう思いましたか?私は普通に受けて笑いました。
ところが、コメントに一部の猫好き、アニマル擁護派な感じの
人達が、猫をおもちゃにするな!これは行き過ぎた冗談だ、
みたいなことを書き込んで、そうは思わない人達との間で
ちょっとした炎上みたいになってるんです。
どの位の時間をかけて作ったビデオかは分からないけど、
優しく頭をつついてるだけで、穴から出る子を無理に戻して
はいません。子猫ってこういう穴が開いた箱が大好き。
私にはむしろ子猫たちも楽しんでるように見えるんですど・・・・

日本でもこれ見たら、これは猫虐待だ!って思う人いるかな?
10人が見るとそう意見は分かれないだろうけど、これが
100人、1000人となると、色んな人が出てきますね。
いやはや・・・・

てか、もぐらたたきゲームってアメリカにもあるのね



ランキングのバナーを押して応援して頂けると嬉しいです!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村

[edit]

CM: 8
TB: --

page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。