アメリカのペット事情~NY発信

アメリカNY州で猫と暮らす主婦が見たアメリカのペット事情色々を報告

スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

CM: --
TB: --

page top

ゴミになる犬の遺骨を高校生たちが 

2015/11/13
Fri. 09:30

大変、ご無沙汰しました!
「猫の爪除去」の話の続きは、一体どうなってるの?
と、その後も訪問して下さってる方々、ほんと
そのままになってしまって申し訳ないです。

今年の夏に実家の母が2か月こちらに来て以来、
私がネットをあまり使える状況でなくなってしまい、
使える時間は料理ブログの方を優先させていました。

猫の爪の話なんですが、一般公開するとなるとやはり
内容にも責任を持たねばならず、色々調べたり和訳したり
と仕上げるのに時間がかかるので、なかなか手付かずに
なってしまってます。
じっくり時間取って書きたいので、もう少々、お待ち下さい。

今日はちょっと、「このブログまだ止めてませんよ~」
というお知らせとともに、ぜひここで共有したい記事を
たまたま見たので、載せたいと思います。

リンクは↓
殺処分の後はゴミになる犬の遺骨を涙を流しながら高校生たちが


その文中の、この部分
...........................................................................................................
骨を見るより胸が苦しかった
愛護センターから受け取った骨は、まず、骨以外のものを取り除く作業を行います。
遺骨には、首輪、鈴、ネームプレート、歯、臓器などが混じっています。
多くの生徒たちにとって、「骨を見るより胸が苦しくなる瞬間」だったそうです。
...........................................................................................................

この文章(とくに赤字の部分)を読んだだけで、私も胸に
深く突き刺さるものがありました。泣きたいです。
若い子たちが、心の優しさを受け継いでいって
くれる事に期待します。


ランキングのバナーを押して応援して頂けると嬉しいです!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

[edit]

CM: 0
TB: --

page top

爪除去をされた猫の真実を知ってください(1) 

2015/07/15
Wed. 21:31

IMG_4980.jpg
この子の名前はフィンリー。
私がボランティアをしているペットショップのケージ(詳細はこちら
で出会いました。
今はもういません。
私の心にしっかりと彼の存在が刻まれて、時々思い出しては
胸がしめつけられます。

IMG_4982.jpg
ケージの子たちの世話をしていて、この子だけがいつもこんな
悲しい顔をしてたんです。どうしてかなと思ってケージカードを
読むと、そこには彼が私のグループにレスキューされた悲しい
いきさつが書かれていました。

フィンリーは最初に飼われた家で、先住猫たちに
こてんぱんにいじめられた。
フィンリーは結局、納屋(注1)へ連れていかれた。
そこでも他の猫と馴染めなかったのか、結局
グループKAが引き取ることにした。
どういうわけか、どこかの過程でフィンリーは
爪除去されている。

(注1)農家などが所有する納屋のネズミ退治を
主な目的に、そこで働く猫を納屋猫と呼んでいます。


IMG_4983.jpg
この子は、爪が取られてしまったのか。。。
私の目の前で排泄をしましたが、よく見ていると
うまく砂がかけないのか、どこか動きがぎこちないんです。
彼の足の先にあるものは、毛だけ。。。
どうなっているのか確かめてみたかったけど、
知るのが怖くて触ることができませんでした。

目やにがあったので、ティッシュでとってあげようと
顔をなでたら、小さな声で、ミャと鳴きました。
私には、
「僕に触らないで。。。怖いよ。」
と言ったように聞こえたんです。

一体、誰がこの子をこんな目に遭わせたのか。
可哀そうでたまらなくて、涙があふれました。
フィンリーのケージを掃除しながら、
ごめんね。
こんなことをした人間を許して。
ごめんね。
何度も謝りました。


IMG_4984.jpg
けしてトイレから出ようとしないフィンリー。
過酷な過去が、彼の心を閉ざしてしまったのでしょうね。


IMG_4985.jpg
それでも外が気になるのか、そっと店の中を
覗くフィンリー。

ペットショップの譲渡センターに入れると、通常よりも
早く飼い主を見つけるケースが多いのですが、
フィンリーにこの環境は無理だと判断され、彼は
預かりさん宅に戻ったようです。


私が猫の爪除去という手術があるのを知ったのは、
アメリカに来てからの事です。
爪を取られてもなお、シェルターに連れてこられた
子たちを何匹も見ました。
彼らに共通していたのは、私の偏見かもしれないけど、
みな、生気のない、悲しい顔をしていたことです。

猫にとって、爪をとられるというのは、猫が猫として
生きる本能を奪われるということ。しかしそれだけではない、
爪除去が猫に与える過酷な影響の詳細について
最近学びました。その事実を、まだ知らない人たちにも
知ってほしい。
次回で、詳しく書きたいと思います。


ランキングのバナーを押して応援して頂けると嬉しいです!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村

[edit]

CM: 16
TB: --

page top

衝撃のラストシーンが意味するものは 

2015/05/29
Fri. 20:40

このビデオ、フェイスブックで出回っていたので、
どこかでこれを観た方がいるかもしれませんね。
ヨーロッパのどこかで撮影されたみたいなんですが、
セリフがなくても見ていると何となく意味が分かる
と思います。

ちょっとだけ、私の解釈を説明しますと、ある離婚
したカップルのうち、男の方はどうやら再婚して
新しい家庭を築いた様子。
そこに元妻との子供を男が引き取るんです。
最初は、継母と新しい姉と、お父さんとで楽しい
生活を送ります。ところが日がたつにつれ、継母
は女の子が可愛くなくなってきて、お父さんまで
娘にいらいらし始めてしまうんです。

ある日お父さんは女の子を連れて、苛立つ彼女
のおもちゃを捨てに森の中へドライブに行きました。
「こんな縫いぐるみは、捨ててしまえ!」と、
うっとおしいオモチャのぬいぐるみを投げ捨てる父親。
ところが・・・・・・!

どうぞ、この先がどうなるか、ご覧下さい。
最後にこのショートムービーを作った人からのメッセージ
が込められています。(最初にCMが流れます)



英語のメッセージは続きへ

ランキングのバナーを押して応援して頂けると嬉しいです!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村
続きを読む

[edit]

CM: 2
TB: --

page top

「命」の価値の差、愛情の対象の差 

2015/05/22
Fri. 21:52


この写真は、「Mercy For Animals」という、アメリカの
動物愛護団体のフェイスブックから借りました。

11209511_10153069367494475_6140288265996200502_n.jpg

上は、これから屠殺場へ向かう豚が、最後の時を満喫
するかのように外の空気を吸っているところ。
下は飼い犬が飼い主とのドライブで、窓の外の空気に
触れるのが楽しくてたまらないところ。
これから我が身に起こる運命を知らない豚の無垢な
表情がなんだか切ないです。
こうしてみると、一体、犬と豚の間に何の差があるんだ
ろうかと、思わずにいられません。
どんな残酷な家畜のビデオを見るよりも、心に強く響く
ものがあるように思いました。

私は普通の肉食で、人間が弱肉強食の頂点にいること
に疑問は持ってませんが、「生きるために肉を食べる」
時代が、とっくに終わっているように感じます。
今は、「楽しむために、食生活をより豊かにするために」
そして、加工肉企業を「儲けさせるために」、肉を食べて
いる時代へと変わってしまったんじゃないかと、考える
ようになりました。

以前も同じことを書きましたが、人は、本来なら同じはずの、
「動物の命の価値」に差をつけています。
家畜や動物園や水族館やサーカスにいる動物、
羽毛布団やジャケットになる鳥、毛皮のコートになる
動物、印鑑やみやげ屋のグッズの飾りになるゾウたちの
命には、価値はない。薬を開発するためには、動物に
死んでもらう必要があります。でなければ人が病気で
死ぬ。

犬と猫のレスキュー団体の、多くの活動家にとって命が
大事なのは犬と猫だけの場合が多いです(中には
ビーガンの人もいます)。彼らが作るポスターに、「大事
じゃない命はひとつもない」というフレーズを見る度に、
非常に違和感を感じるようになりました。

このMercy For Animals(意味は「動物たちに慈悲を」)
という団体が意味する「動物」というのは、驚くほど「この世
の全ての動物」を意味しています。
人間は、私も含め、ビーガンの人ですら、動物の犠牲
なくして生きることはできない世の中になってしまいました。
それでも団体の活動が、少しづつアメリカの畜産業界に
影響を与えるようになり、残酷で、かつ不必要な虐待や
リンチが日常的な企業が、その生産方法を改良するよう
になってきました。

実は、アメリカに工場を持つ日本の食肉加工会社も、
従業員による豚への拷問が問題になったことがあります。
皆さんが今日食べたウインナーとなった豚が、従業員
に蹴られ、殴られ、叩きのめされて地面に転がり、血だらけ
になって死んだ末の、肉だった可能性もあるんです。

肉食のままでいても、人は動物の苦しみを減らしていくこと
は出来ます。それには、より多くの人が、事実を知る必要
があるんですね。わずか50人の人しか私のブログを見て
なくても、何か出来ることをしたい。

この愛護団体が、少ない人数から始めて、今では有名人
や政治家にまで影響を及ぼすほどに成長したように、
たとえ今はこんな記事に関心を持ってくれる人が数人しか
いなくても、それがやがて数百万にもなることを願って。


ランキングのバナーを押して応援して頂けると嬉しいです!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村

[edit]

CM: 6
TB: --

page top

どうして僕は捨てられたの? 

2015/05/03
Sun. 02:45

10847905_932671876744787_6216210825924680029_n.jpg
Facebookより

パパとママへ
僕、今日あなたのために死んであげたよ。
僕の事がいやになって僕をシェルターへ連れて行ったから。
あいにくシェルターはもう満杯で、僕ははずれくじを引いちゃったんだ。。
今僕はゴミ処理場で黒いゴミ袋の中にいる。
パパとママがほとんど使うことがなかった僕のリーシュ(散歩用の綱)は
他の助かった子犬に与えられたよ。
僕の首輪は汚れてて小さかったけど、僕をこの世へ送る前に
係りの女の人が取っていった。

僕がもしパパやママの靴を噛んでなかったら、まだおうちに
いることが出来たの?
革の靴だって分からなかったよ、だって床にあったから・・
ただ遊んだだけなんだ。
僕にはおもちゃを買ってくれなかった。

もし僕がおもらしをしなかったら、まだおうちに置いてくれた?
僕がおしっこに鼻をつけてたのは恥ずかしかったからなんだよ。
どうやったら僕がドアのとこへ行ってパパやママに教えるかを
書いた本があったはずらしいのに(それを学んでくれなかったね)。

僕がノミを持ち込んだのが悪かったの?
薬を塗ってくれないと、外で1日中遊んだんだもん、
無理だよ、ノミはついちゃうよ。

ぼくが沢山吠えたのが、いけなかったの?
僕、怖かったんだよ、寂しかったんだよ、
僕ここにいるよ、友達になってくれよって言っただけなんだ。

僕、パパもママも喜ばせてあげられなかったんだね。
ぶたれても、どうしていいか僕には意味が分からなかったよ。

もしパパとママが僕の世話する時間を作ってくれてたら
僕のしつけ方を学んでくれてたら
僕はまだおうちにいられたかもしれないんでしょう?
僕が来て1週間で飽きてしまったね。
僕、ずっと愛されるのを待ってたんだよ。。。

今日、死んであげたよ。
愛するパパとママへ
子犬の僕より

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

これは、このポスターと文章を見た愛犬家のDさんが、犬の
特徴を知らない無知な人たちが可愛いだろうと思って安易に
犬を飼い、結局はもてあましてシェルターへ連れ込むのが
絶えない現状を改善するために、警告としてフェイスブック
に投稿したものです。そして捨てる前にしつけ方を学んで
下さいと訴えています。

英語原文で読みたい方は続きへ


ランキングのバナーを押して応援して頂けると嬉しいです!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村
続きを読む

[edit]

CM: 7
TB: --

page top

切実な里親探し 

2014/10/13
Mon. 08:00


1622874_10203111486763015_6984379288332702498_n.jpg

This poor lady is dying and her last wish is that her cats get homes.
She didn't " move" " develop allergies" " get married" " not have time"
"get divorced" " get pregnant" " Change jobs" or " have kids" -
she's literally dying. If you can help- rescue , foster or adopt.
Please contact XXX

この気の毒な女性はもうすぐ死の床に就く。
彼女の最後の願いは、この子達に新しい
飼い主を見つけてあげることだ。
彼女は、
引っ越すからじゃなく、
猫アレルギーが出たからじゃなく、
結婚するからじゃなく、
忙しすぎるからじゃなく、
離婚するからじゃなく、
赤ちゃんができたからじゃなく、
職を変えたからじゃなく、
子供の世話が大変だからじゃなく、

もう死ぬから、探したいのである。
どうか出来るならば、保護でも、預りボラでも、
飼い主になってくれるでもいいから、助けて下さい。
連絡は、XXXまで
.........................................................................

このインパクトのある投稿は、フェイスブック
から拾いました。飼い猫を手放す、究極の
理由は、本来はこれしかないのかもしれません。
この投稿には、この女性を助けたいXXXさんの、
世の中のペットオーナー達への強烈な皮肉
と非難が込められているような気がしました。
実はアメリカのシェルターに連れて来られる
犬や猫の、飼い主が手放す理由のほとんどが、
ここに述べられているようなことだからです。

たとえば
アレルギーが苦しいのは容易に想像でき
ますが、これは比較的に飼い主が罪悪感
を感じずにすむ理由の一つで、誰かがこう
いうとなぜか次々にアレルギーが出たという
理由が増えるのです。←アレルギーごときで、という
意味では全くありません。口実を作っている疑いのある
人達がいるのをアメリカでは感じるという意味です。
誤解を招きやすい表現ですみません。


私が実際の例で一番驚いたのは、赤ちゃん
が生まれるから処分したいという人達。
家族同様に生活してきた犬や猫を捨てる
人に、自分の子供を守れるのかと・・・・・。

今は、どんなに健康に見える人でもガンなど
の難病にかかる時代。この投稿は、多くの
人がシェアして応援しているようです。こんな
切実すぎる理由に思わず私も同情せずには
いられません。この子達が、このご婦人と
運命を共にする事がありませんようにと
願うばかりです。


ランキングのバナーを押して応援して頂けると嬉しいです!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村

[edit]

CM: 10
TB: --

page top

人間と動物の共存とは何か 

2014/09/30
Tue. 16:11

これはアメリカの動物愛護団体が公開している、
ある畜産業の仕事の一部を写したビデオです。

暴力とか、屠殺を想像させるようなシーンは
一切ありません。そういう意味では安心して
スタートボタンを押して大丈夫です。






でも、最後の方で、母親から引き離されここへ
連れて来られた子ヒツジ達が、状況が飲みこめず
怖がってメェ~と鳴きながらぐるぐる走るシーンが
印象に残ってしまいます。

私は真実を知ったからといって、なかなかビーガン
になる決意ができないんですよね。
弱肉強食という世の仕組みを自然だとは思って
いるけれど、最近は、どうにかして、人が動物に
対し、やましさや罪悪感を感じずに生きる方法
はないものかと、考えずにいられません。


ランキングのバナーを押して応援して頂けると嬉しいです!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村

[edit]

CM: 6
TB: --

page top

「捨てる」と「手放す」は違うのだ? 

2014/08/07
Thu. 09:50

2回ほど私のブログに載せたこの方。

IMG_2833.jpg

右側でマイクを持って話している紳士、スティーブさん。
私の地元のニュース番組で気象予報士として活躍されてる
方ですが、個人では熱心なペット愛好家として動物愛護
活動に尽力してる人でもあります。
彼が主催する愛護団体のフェイスブックで、ちょっと私の
目をひいたポスティングがあったのでご紹介します。
FBサイトはなぜかリンクできませんでした

同じ事を何度も言うのはもういい加減疲れた。
昨日、新しい飼い主が必要な猫のポスティングをした。
それに対しまた非難や文句のコメントが入ったよ。
このご婦人は、何とか自分の猫を助けようとこのサイト
に行きついたんだぞ。
こんなコメントが沢山入ってしまったから、もうここ
ではこのご婦人を助ける事はできまい。

いいかね、君たち。
こんな事をしちゃいかん。
猫や犬を飼えなくなった人達は、助けを求めてここに
来るんだ。表面だけで、その人達はこうすべきとか,
こうすべきじゃなかったとか判断して批判しては
いけない。

犬や猫を捨てるのは簡単だ。その辺の道路に
置き去りにするか、シェルターへ連れていけば
いいんだからね。でも我々は、そういうことをして
ほしくないから、こうして団体で頑張ってるんじゃないか。

お願いだ気をつけてくれ。。。
言葉ってのは、人を傷つけるものなんだよ。
特にここみたいな、大きなサイトではね、
知らない人から言われる事で傷つく事もあるんだよ。

仕方ないが、コメントのポリシーを作らなきゃならんな。
このサイトを見てる君たちにもお願いだ。
不適切なコメントが入ったら僕に通報してくれ。

*原文で読んでみたい方は続きページへどうぞ。

.........................................................................................................
このフェイスブックのサイトでは、毎日飼えなくなった
人が手放す犬猫の里親探し、失踪した犬猫探し
をポスティングしています。
この「ご婦人」の件は、残念ながらその手放す理由
がもう分からないので(ポスティング自体が削除
された為)、なぜ非難されてしまったのか想像が
つきません。

捨てると手放すのニュアンスは違えど、私にとっては、
結果論で言うと同じなのですが、もちろん理由によっては、
致し方ないですよね。うちだって夫婦が同時に死ねば、
うちの子達にとっては捨てられたも同然になる。。。

プラス、ネットは相手と自分の顔が分からないだけに
簡単に暴言が書き込めるという危険性。
スティーブさんが言う事は、ごもっとも。

ただ・・・・
私がアメリカでのレスキュー活動を身近に見ていて
感じる事は、レスキューを必死でするばかりで、
「捨てない」指導、将来飼えなくなるかもしれない人
たちが、ペットを簡単に飼ってはいけないという指導は、
あまりされてないように感じるんです。

飼えないなら買わない(もらわない)がまず先に来て、
レスキューが後を追わなければ、この悪循環は
続くばかりに思えます。


追記(8月8日)
今日のポスティングは、孤独死した老人に残された
6匹の猫の新しい飼い主を緊急に求む!でした。
レスキュー関係者たちがポスティングをシェアしまくって
頑張ってます。毎回こんなこった・・・です(ため息)

10593172_10151935180423078_6961633214339691473_n.jpg



ランキングのバナーを押して応援して頂けると嬉しいです!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村

続きを読む

[edit]

CM: 6
TB: --

page top

飼い主の一人暮らし高齢化が問題に 

2014/07/18
Fri. 07:00

まずは、お馴染みのHope For Pawsのこの
ビデオをご覧下さい。




状況は、一人暮らし(?)の飼い主の死去、ペット
の犬が残されたが、遺族は家を売り払っても犬
を引き取らなかった。近所の人が可哀そうに思い、
レスキューできる人を探している間エサを与えていた。
そこに連絡を受けたEldad氏が仲間とレスキュー。
最後は変身した犬が預り宅でひとまず落ち着き・・
と、いつものハッピーエンドのパターンです。
このWoodyちゃん、1年も飼い主が戻るのを待って
いたそう。遺族も冷たい人達ですねぇ・・・・・

しかし、一番大事なのはビデオの最後に収録され
ているこのメッセージ!
続きを読む

[edit]

CM: 6
TB: --

page top

競馬はお好き?馬が辿る惨めな末路の真実 

2014/06/18
Wed. 17:46

たまに、犬と猫以外のお話もさせて下さいね。
私が住んでる街から1時間ほどのところに、競馬で有名な市があります。
今、レースシーズンに入っているので、新聞やメディアによく情報が出ます。

実は私、そこで一度だけ、レースを見た事があるんです。
夫が趣味でやってるバンドが余興で、そこでコンサートをしました。
見たくなかったですよ、馬達がお尻を叩かれ、喘ぎながら目を白黒
させて無理やり走らされる姿など。。。。
でもその時は、夫の友人に今私が感じている動物愛護の精神をふり
かざす事もできず、何かしらけさせたら悪いと思ってついていきました。

正直、もう二度と見たくはないですね。
あんなに苦しい顔して走らされていたとは知らずにいたなんて・・・・。
馬が好きだという人達が、競馬の馬達が美しいなどと言う、その神経が
どうにも理解できませんでした。犬が好きだと言う人が、バイクに乗って
犬の首輪を掴んで引きずりまわして走らせたりするでしょうか?私には、
それと同じ矛盾を感じます。

闘牛にしろ、闘犬にしろ、人はお金をかけると、動物が苦しみあえぐ姿
にでさえ興奮してしまうものなんでしょうね。
競走馬たちが華やかな表舞台の裏で、どのような目に遭っているのか
GumiBearさんがブログに書いてますので、ぜひ見てみて下さい。

競走馬から馬肉へと

いきなり怖い写真などは出ませんので、安心して下さい。
以下は、ブログ記事からの抜粋です(ビデオは自動再生しません)。
このビデオでもあるように、一頭の馬が走ってるときに銃にうたれたような
音がした馬がいましたね。馬の前足の骨が折れた音です。スローモーション
でみると、前足が折れて骨まで見えてるのがわかります。


コメントにもありますが、私も日本にいた頃、「尊馬油」という商品を使った
ことがあります。何で商品名に「馬」がつくんだろうと不思議にも思わなかった
ことを今は後悔している私でした。


私のメッセージを少しでも多くの人に伝えるお手伝いをお願い致します。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村




[edit]

CM: 5
TB: --

page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。