アメリカのペット事情~NY発信

アメリカNY州で猫と暮らす主婦が見たアメリカのペット事情色々を報告

スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

CM: --
TB: --

page top

NYCポリスの子猫救出大作戦! 

2014/08/19
Tue. 09:59

ここのところ、私のフェイスブックにアメリカのボラ仲間
たちを加えたら、FBが動物関連だらけになってしまい
ました(笑)その中から拾った微笑ましいニュースをお届け
しますね。

10537308_695214063888712_996512081541941949_n.jpg

この男女の警官、NYCクイーンズ地区で、とめてあった
車のエンジン部分にはまってしまった子猫を、車の
下にもぐってうまい具合にそこから助け出したんだそう。
男性警官の方が業務日誌を書き終えると、この猫を
連れて帰り、すぐに獣医さんに診てもらって、この猫、
今は警官の隣人の飼い猫になっているそうです。

Police Officers Torres and Bergin of the 102 Precinct in Kew Gardens,
Queens rescued a kitten that was trapped in the engine compartment of
a parked vehicle in early August.
Lying on the ground under the unoccupied vehicle and with a bit of coaxing
the two officers were able to free the cat from the engine. After finishing the
remainder of his day, Police Officer Bergin brought the cat home and to a local
veterinarian to make sure the feline was not injured. The cat, now named ‘KJ’,
lives with Police Officer Bergin’s neighbor and is well cared for and has found
a permanent home.


Bt9rOERCUAE9QJa.jpg
ツイッタ―より

こんな小さな事でも(猫好きにとっては大きな事
ですが)ニュースになるのが微笑ましいですね。
ところで、これらの写真を見てある事に気がつませんか?

そう、アメリカには「婦人警官」という女だけの分け目
はなく、女性も男性と同じ格好をして任務にあたる
んですよね~。私が初めてNYCの女性警官を見た
のは1994年の地下鉄内でしたが、このごっつい
恰好に大きな銃を腰にさげて(近くで見ると、まじ
で大きなピストルでした!)、うわ~と思ったものです。
女性はさすがに必ず男性とペアで行動してるよう
ですが、それでも犯人を追いかける時は男性と
同じように銃を構えてる姿を映画でも観た事がある
でしょう。

アメリカの女性警官が日本の低ヒールにスカート、
ミニパト(これは今も同じ?違ってたらすみません)姿
の婦人警官たちを見たら、女性をバカにしているのか
と怒るかもしれませんね
でもなんで日本は女性だけ軽自動車なんだろうな~~。
ちなみにこっちで男性と全く同じ格好をした女性の
消防士も見た事があります。体力が違うのね
余談でした。


ランキングのバナーを押して応援して頂けると嬉しいです!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

[edit]

CM: 6
TB: --

page top

レスキューの輪を世界に広める 

2014/06/29
Sun. 19:21

このブログでたまに紹介しているカリフォルニアのNPOレスキュー、
Hope For Paws。Pawsとは、犬や猫の足の部分を言います。
彼らの場合は犬のレスキューが主なので、「犬達に希望を」てな
名称ですね。

ビデオの作り方が上手いせいか、彼らのビデオはいまや
世界中で人気があるようです。先日、日本のヤフーで一般の
ニュースをチェックしてたら、彼らのビデオが日本にも上陸してる
事を知りました。
その一例は→虐待されていた犬に愛情が伝わるまで
お~、これで私の作業も楽になるなあと思ったら・・・・
和訳がなかった(" ̄д ̄)

ところでセオ君のお話のところで(こちら)、そこに載せたビデオが
良かったのか?そのログが過去で一番多く拍手を頂きました。
おそらくリンク先のビデオも楽しんでもらえると思うので、あらためて
訳をつけてご紹介しようと思います。



Nala(ナーラ)はLAのダウンタウンに近い溝で野良として暮らしている。
あきらかに男に虐待された過去があるようだ。
男性の声が聞こえただけで、クーンと、か弱く鳴いて逃げ去る。
親切な女性がエサを与えていたが、彼女を恐れてその前で食べる
ことができない。女性が去ってからエサをほうばるナーラ。
ボクは仲間のサラを呼んだ。女性と一緒ならナーラをレスキュー
できるかもしれない。メリッサも協力してくれることに。

ここからビデオ始まる

Eldad氏 「おいで・・大丈夫だよ。いい子だね」
      「さわっても、いいかな」
上目づかいで、不安でしかたがないナーラ。
辛抱強く、暴力をふるわない男性もいることを伝えるEldadさん。

メリッサから抱きしめられ
サラからはチューっとキスされる
2時間後、ようやく通りへ戻る準備ができた。
子供が好きなナーラ。
男性恐怖症も克服した。
ナーラは犬も好きなんだね。
預り宅で暮らしているナーラに、飼い主を見つけよう。

さて先日のセオ君のビデオ(こちら)は、アップロードしてからわずか
2週間で200万をヒットしたそうですすごい人気ですね。
こうしたビデオが世界中の人達の共感を呼ぶことで、世の中の
人達が、ごく当たり前に犬を、動物を大事にする道徳感を持つ
時代になればいいなと思います。

ランキングの応援も宜しくお願いします。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村

[edit]

CM: 7
TB: --

page top

以前載せたこのログ、「こんな凄い捨て犬見た事がありますか」
(→こちら)。このビデオが載るのを待っててくれた方いるかな?
やっとアップロードされたので、ここでシェアしますね。
これは英語が分からなくても非常に分かりやすいビデオなので、
要点だけ訳をつけます。
前半はこのワンちゃんの姿に涙がでますが、後半は見てよかった
と思える作りになってますので、ぜひご覧ください。



最初に広告が流れます。
仲間のアニーと僕はトレーラーの下に隠れている犬を見つけた。
近所の人によるとこの犬は、1年も前に飼い主が引っ越した時、
ここに置き去りにされたそうだ。
長い間の厳しい野良生活で、すっかり人間を恐れるようになって
しまった犬。

通常は、犬を逃げられない所に追い詰めたら辛抱強く時間をかけて
犬が大人しくリーシュを首にかけさせるのを待つEldad氏ですが、今回
は珍しく強引にレスキューしています。これは犬が表に出て車にひか
れてしまうのを防ぐためと、一旦見失ったらこの犬が二度と同じ場所
へは戻ってこないのではないかと懸念したからじゃないかと思います。

アニーがセオと名づけようと提案した。
トリムの後、心が壊れてしまったようにうなだれるセオ。
セオのため、仲間のMuttが預りボランティアを紹介してくれた。
2週間後・・・・・
ここで預かり宅のワンちゃん達と楽しく遊ぶセオの姿をうつして終る。


ビデオの最後の方、少し毛が伸びて見違えるように変身してます。
私こういうビデオを見るたびに、捨てる飼い主は、捨てた犬や猫が
その後どんな目に遭うのかを見届けるべきだと思うんですよね。。
それが保健所の殺処分のシーンであっても、他の人にあとの始末
なり世話なりを押し付けるのって、これは法律で罰するに値する
行為だと思えてなりません。


バナーを押して応援して下さると嬉しいです!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村

[edit]

CM: 2
TB: --

page top

殺処分を逃れた「エディ」の驚くべきその後 

2014/05/24
Sat. 16:38

怒涛のごとく忙しかったこの2週間の間に、実は3日間だけうちで
預った猫がいました。その子の話をする前に、今日はこのビデオを
先にご紹介したいと思います(セオのビデオの方はアップロード確認
次第載せるので、少々お待ち下さいね)。


私がカリフォルニアのレスキュー団体を知る最初のきっかけとなった
このビデオ(こちら)のエディを覚えていますか?彼女のその後の、
驚くほど変身した姿を見る事ができるビデオが出ました。まずはレスキュー
された時のビデオを拾えたのでそれをこっちに貼り直します。



このビデオをアップロードした時、多くの人から、普段は辛抱強く犬が
警戒心を解くのを待つEldad氏(ビデオの男性)が、なぜこの子に対しては
強引な扱いをしたのか?と問い合わせが来たそうです。それに対し
彼はこう答えています(引用元はこちら

A lot of people have asked why I was "forceful" with her. Why didn't I take as much time
as needed to slowly gain her trust. You must understand, this was a dog doomed to death
that day. The shelter workers had labeled her "aggressive", and wouldn't allow the public
to adopt her. The label also scares away rescues so this means the dog is surely going to die.

I wanted to demonstrate how quickly and how easily it was to take a dog who was a fearful,
biting, lost cause, and could transform her into the docile, calm, and trusting dog she really
was in LESS THAN A MINUTE. I forced the leash on her and got her into my lap because
I needed to make contact with her so she could understand that the touch of a human
can be comforting. She needed to know that not all people are abusive.

Whether she was abused by her owners or was absolutely terrified in the shelter environment
did not matter to those who called her unadoptable. The shelters are so full, there is no time
for workers or officers to take a long while coaxing a dog into acting normal. This video shows
that a shelter worker can save a life by just a few simple tricks and it takes no time at all
.

要約
なぜ僕がエディの信頼を得るのに時間をかけなかったのかと多くの人が
聞いた。理解してほしい。この子はこの日安楽死させられる運命だった。
シェルターはこの子が獰猛すぎて譲渡は無理だというレッテルをはって
いたんだ。それはレスキュー団体にも悪い印象を与えるから、この子は
もう死ぬしかなかった。

だから僕は、この子が本当は従順で優しい子だと証明するのに1分もかか
らないのだという事を示さなければならなかった。それにはツナを強引に
引っ張って無理にでもボクの膝の上にのせ、一刻も早くエディと心を通わせ
る必要があった。それにより彼女は人間の温かさに触れ、全ての人間が
虐待するわけではないと分かっただろう。

過去に虐待された経験があるか、シェルターでどんなに怖い目にあったか
は、その犬がペットになれるかどうかとは関係がない。このシェルターは
収容スペースがないため犬を訓練する時間的余裕はないのだ。しかし
時間をかけずとも、少しのトリックで犬を救う事が出来ると言う事を、シェルター
の運営者たちにも分かってほしい(ため、このビデオを作った)。


このエディちゃん、実は無事に新しい飼い主を見つけていました。
その様子が、後半に出てきます(新しい飼い主の元へ車で移動し、ご対面。
優しそうな女性に抱かれすぐに懐く)そして3分を過ぎた辺りに注目
こーんなに可愛い、愛くるしい犬だったんですね。びっくりした~。
やはり犬も、愛され心が満たされると、見た目もこんなに変わるんだと
思いました。



ビデオの最後に流れるテロップの意味がこれまた深いです。。。。
「シェルターで殺される犬達がいるうちは、犬を買わないで下さい」


応援ポチ、宜しくお願いします。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村

[edit]

CM: 2
TB: --

page top

こんな凄い捨て犬見た事がありますか(予告編) 

2014/05/09
Fri. 20:58

ブログネタは山ほどあるのですが、こころのとこ更新が遅くてすみません。
さて定期的にここに載せてるHopeForPawsの活動の、最新版で凄い子
が彼らのフェイスブックでアップデートされたのでご紹介します。


10325739_838451166169573_5236225042667392273_n.jpg

これはまた、一体どうなってるの
と思わず見入ってしまったワンちゃん。
レスキューしているEldadさんの談によると・・・

Of course my eyes always scan the streets for stray animals hiding under
cars, and sure enough I spotted Theo (in the picture below).
Annie Hart and I jumped out of the car, and a couple of minutes later
I got a leash around him (I did took a couple of bites which is pretty
rare for me), but the poor guy was just so scared.
I will post the video of his rescue soon, and you'll be able to see
the AMAZING transformation that happened in just an hour... you won't
even believe it's the same dog

僕はいつものように捨て犬がいないか通りをくまなく見ていた。
そしてセオ(写真の子。既にこの名がつけられた)を見つけると
アニーと車から飛び降りた。2、3分で「ラッキーリーシュ」
(これについては下のビデオをご参照下さい)を首にかける
事が出来たが、僕にしては珍しく数回噛みつかれてしまった。
それほどこの子は怯えていたんだ。
このレスキュービデオはまもなく公開するけど、それを見たら
君達は1時間後にセオがどんなに変身したか驚くだろう。
これがほんとに同じ犬かい?って目を疑うぜ


と言う事で、ビデオはアップデートされ次第載せたいと思います。
追記:アップロードしたビデオはこちらへ
それまで、彼らの最新レスキュービデオをご覧下さい。



(要約)
ピットブルが子供たちに石を投げつけられ怪我していると通報が
あり、かけつけた。(Eldadさん達が到着するとゴミカートの
陰にかくれる犬。チーズバーガーにつられて出てくる。
その後おとなしく「ラッキーリーシュ」を首にかけさせるワンコ。
1時間後、やっとEldadさん達についていく気になり、車に
乗ります)

なんだか見てて嬉しくなるビデオですね。
私アメリカへ来た当初は、いまほど動物愛護の精神はない普通
の犬好きだったので、ぶっちゃけこのピットブルを初めて見た時は
不細工な犬だな~と思ったものです。それが今では、このワン
ちゃんが垂れるよだれですら可愛いと思うようになりました。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村
応援のクリック有難うございます♪

[edit]

CM: 6
TB: --

page top

犬の信頼を必ず得る魔術師の技! 

2014/01/26
Sun. 13:22

カリフォルニアで主に犬のレスキュー活動を夫婦でしているNPO団体Hope For Paws
この男性、Eldadの方はドイツからアメリカに来て結婚し活動してるようですが、素晴らしく
犬の扱いがうまいのです。過去に載せたビデオ(カテゴリーのHopeForPawsをご覧下さい)
を見ると分かるんですが、どんなに人間不信となってしまった犬でも、彼がひざにのせて
しまうと、とたんに犬達が心を許してしまうんです。それはまるで魔術師のようなワザ。


今日は、その事を5分で描写しているビデオを紹介しますね。




Eldadは、1本の電話で現場へ行きます。捨てられ、極度に怯えた犬がいるが、どうしようも
ないので、電話の主が彼にレスキューを頼みました。
Eldadを見るとぶるぶる怯えて、歯をむきだしにして威嚇するワンコ。
彼が辛抱強く撫でて、やっと「ラッキー・リーシュ(幸運のツナ。団体が商品化しているグッズ)」
を犬の首にかける事ができるまでに20分かかったそうです。


そこからが、彼の勝負。ひざにのせる事さえできれば、この魔術師は犬の全信頼を一瞬に
して得る事ができるんですねぇ。驚きです。どんな凶暴化したネコでもしつけができて
しまうジャクソンさんと似てますね。


犬の心を持ってるんじゃないかとさえ思ってしまいます。彼らのレスキュービデオは、必ず
レスキューした犬の幸せな変貌ぶりで終わるので、安心して見ることができるのです。


にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村
応援のクリックありがとうございます。

[edit]

CM: 3
TB: --

page top

イタチごっこ 

2013/12/13
Fri. 22:51

私が子供のころは(ちなみに30何年も前です)保健所というのは、狂犬病にかかったり
して殺処分するしかないような犬とか、野良犬とか野良猫とか、そういう子ばかりがいる
ようなイメージの場所でした。
それから何十年かたち、「ペットブーム」がやってきて、メディアや雑誌である血統が流行ると
みんなが欲しがって買いました。ところが、いざ飼ってみると、お金はかかるし世話は面倒くさい
わで、結局買った子を保健所へ連れていく人達もまた増えてしまった。。。


私の近所のシェルターの募集広告をたまに見ていますが、アメリカでこうした純血種を見る
のはまれです。たまにいるのはシーズーのMixとか、純血種との雑種。一度だけ、生粋の
ペキニーズが募集に出て、おーっと思った事があります。


じゃ、アメリカで犬を捨てる人は少ないのか?
そんなことは、ありません・・・・。アメリカの人口は日本の約4倍。その分シェルターに持ち込まれる、
あるいは外に放り出して捨てられる子達の数も、比例して多いような気がします(統計は見てませんが)。



これは、カリフォルニア州の、とあるシェルターに持ち込まれた母犬とパピーたちのお話です。




(ビデオ要訳のみ)
2011年、全米で犬を買った(得た)家庭の75%が、シェルターの犬を選ばなかった。
なぜなら、多くの人は、シェルターにいる犬たちに否定的な先入観を持っているからだ。

女性の話:昔はシェルターは収容された犬がもらわれていく回転率は早かったんです。しかし
現在では、(飼い主が去勢しない為とか持ち込みが増えて?)あまりにも増えすぎて、常に
シェルターのスペースが足りない状態になって仕方なく安楽死する子も増えてしまいました。

Hope(母犬の名前)が妊娠していると分かった飼い主が、シェルターへHopeを持ち込んだ。
シェルターで9匹の仔犬を産んだが、3匹は死産。6匹だけが助かった。

ロサンゼルスだけでも、1日に()200匹近いピット・ブルが安楽死させられている。

2つの団体が、この母親とパピーたちを何とか助けようと必死になって里親探しをしたところ、
1日で13通の連絡があったそうです。
(女性の話は略)
アメリカで里親探しをするのがもっとも難しい犬がピットブル。
ピットブルはどう猛だと思っている人が多いからだ。
(実際にそういう性質があるようですが、トレーニングで可愛い飼い犬になります)

母親と仔犬は、犬小屋にモニター付きで管理され、2ヶ月後大きくなった仔犬たちは予想外に
希望者が多くあっというまに全米にもらわれていった。しかし母犬を欲しがる人はいない。。。

日本と同じですね。
日本では子猫はすぐにもらわれていくけど、母猫はなかなか里親が見つからない。


数か月ののち、母犬Hopeも飼い主を見つける事が出来た。
(ここで新しい飼い主の女性の話)



昔は、捨てる人がいるから、救う人達がいたと思います。
今は、救う人がいるから、捨てる人がいる?

シェルターがあるから持ち込めばいい。
地域猫活動の人たちがいるから任せとけばいい。
救う人が増えた分、他人に甘える人が、増えたような気がします。

救っても救ってもまた捨てる。
このイタチごっこの悪循環を断つには、法律を作るしかないと思う。


にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村

[edit]

CM: 2
TB: --

page top

本当に、犬が好きだ、ということ。 

2013/11/23
Sat. 23:17

偶然フェイスブックで発見して以来、私がすっかり気に入ってハマってしまった、動物好きの
夫婦が運営するカリフォルニア州のレスキュー団体、Hope For Paws
彼らが作っている活動ビデオを見ていると、このレスキューに関わっている人達は、本当に
犬が好きなんだなというのが伝わってきます。

今日ご紹介するのは、
皮膚炎にかかってボロボロになった犬をレスキューし、その犬が彼らの必死の治療によって
見違えるほど変わっていく様子を数分にまとめたビデオです。今回は、観るだけで意味が
分かると思うので英文の訳は省略します(日本語の訳を知りたい方はご遠慮なくコメント欄
でお知らせ下さい。書き足します)





どんなに病気で、ボロボロになっても
臭くなっても
おしっこやウンチにまみれていても
どんな種類の犬でも
彼らはみな、素手で触り、
抱きしめ、できるだけの愛情を注いでいます。
どんなにお金がかかっても、全力でその犬を助ける。


これまで何度か病気になった末期の犬を保健所に持ち込んでいる人の様子を地元のニュース
で観た事があります。犬も猫も、本当に好きな人だけが飼うべきだと私は思う。

(注)病気の犬を素手で触ることができるのは、レスキューのプロだからであって、
素人の人が真似してよいかは、私はわかりません。


にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村応援ありがとう!

[edit]

CM: 4
TB: --

page top

実験用のビーグルが初めて触れた太陽、草の香り 

2013/11/10
Sun. 21:07

今日ご紹介するのは、アメリカで「実験ラボの小さなケージの中で(解放されるまでの)
生涯を過ごしたビーグル犬」たちが、初めてケージの外の世界に触れた瞬間を記録
したビデオです。どうも丸2年、ケージに閉じ込められていたようです。人間の時間で
16年くらいに相当すると思います。

何も残酷な場面は出てこないのに、涙がでて仕方ないのは、なぜでしょう。。。。




(ビデオの英文の解説)
2011年6月6日、動物レスキュー団体ARMEに9匹のビーグルが実験室から解放
されたと連絡があった。6月8日に犬を引き取りに行った。
女性の話し:「長いロードトリップの途中で犬達を一旦ケージから出してあげます」

それぞれの犬の耳の中に刻印された番号。それが、彼らの唯一の名前だった。

この犬達は、外へ出た事が一度もなかった。
太陽を見たことも、草の匂いを嗅いだ事もなかったのだ。
このケージから出たら、どうしていいか、分からない。

この狭いケージの中だけが、彼らの全てだった。そこから出て、一体どうすればいいのか。

10分後、ようやく1頭のビーグルが初めての自由の1歩を踏み出した。

それから1頭、1頭がおそるおそる外へ出始めた。

犬達が初めての自由を味わったところで、またケージに戻し6時間の長旅を始めた。

私達は、長旅の間、犬達をとてもケージには閉じ込めておけず、
1頭1頭を出して、抱きしめてあげずにはいられなかった。

彼らは、やっと自由になったのだ!!
(ここから先は、1頭1頭の紹介になる。全ての犬にペットとしての名前がつけられ、
彼らの性格や、どうして今暮らしているかが説明されてます。彼らは、犬として生きる事を
学び、トイレの仕方、遊び方、学んでいるということです。)

(ビデオの終わりに)
毎年、このビーグルのように何100万頭という動物達が、実験に使われている。
どうか、動物実験していない製品を買う努力をして下さい。

こちらは、もっとクリア―な画質で、もう少し明るい音楽で、レスキュー隊員の声が入った
バージョンになっています。セリフ付きで観たい方はこちらのビデオをどうぞ。
このレスキュー団体のウエブサイトはこちら ARME'sBeagle Freedom Project



私達人間は、動物をこんな目に遭わせなければ、生きていけないのでしょうか。
ビーグル達の悲しい表情が、とても切ないです。

にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村応援ありがとう。

[edit]

CM: 2
TB: --

page top

多頭飼い崩壊の現場~犬猫を救うレスキュー隊 

2013/11/08
Fri. 10:18

これはアメリカのある州で、飼い主が逃げた後の犬猫多頭飼いが崩壊した現場に
地元の警察とヒューマンソサエティUSAがレスキューおよび取り締まり調査に入った
ところのビデオです。6分と長いですが、ものすごい数の、あらゆる種類の犬と猫
が建物の内外、至る所から出てくるので見てみて下さい。






多頭飼い崩壊はアメリカでは動物虐待にあたる重罪とみなされます。それで警察も
現場に入ってるんですが、日本でもこのくらい厳しく扱われればよいのになと思い
ます。こういう大きな団体がレスキューしてくれるといいですね。日本ではまだ個人
レベルの地域猫活動家たちが自費で救出したりしてるケースが多いんじゃないかと
思います。

それにしても、犬や猫が好きすぎて、こうなってしまうんでしょうか?
数匹飼って、去勢するお金がないと、あっという間にこうなってしまうんでしょうね。。。
ビデオの中に出てくる、死んだ子、生まれたばかりの仔犬、人間を見た途端に
狂ったように走ってきて甘える犬達の姿が、とても切ないです。

にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村

[edit]

CM: 2
TB: --

page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。