アメリカのペット事情~NY発信

アメリカNY州で猫と暮らす主婦が見たアメリカのペット事情色々を報告

スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

CM: --
TB: --

page top

うさぎ事件 

2014/07/23
Wed. 13:56

我が家の庭に、色んな野性動物が来るのは以前も
話ました(こちら①こちら②詳しくはカテゴリーの
野性動物を全て見てみて下さい)。
今年はなぜかうさぎが大量に増えてまして、その数
うちの住宅街でも30匹以上は、いそうなんです。


IMG_2659.jpg IMG_2661.jpg
IMG_2668.jpg IMG_2800.jpg
各写真ともクリックすると拡大します

ちょろちょろ、あちこち可愛いですよ(^▽^)
最近は大胆にデッキに上がって来る子までいます

IMG_2843.jpg

ものすごい数。ボラ仲間さんの一人は、自宅周辺にヘビが
異常発生して困ってると言ってたから、今年の夏は何か
がおかしいんですね。何だろう?ま、うさぎは可愛いから
たくさんいてもいいと思いました。

が、しかし

私が庭に植えて毎年咲くのを楽しみにしている
ユリが、こんな事に・・・・!

IMG_2817.jpg

花が咲くまで、もうそこまでだったのです!1年待って
やっと花が咲く~と楽しみにしていたのに。
誰じゃ~ワテの花を食い散らしたのは
と思ったけど、

IMG_2819.jpg

犯人が、しっかり証拠の置き土産を残していました
やっぱお前たちか。。。。
ついでに咲き終わったヒヤシンス達も全滅です( ̄~ ̄;)
うさぎ達がいる限り、もう花は咲かんちゅ~事ですな。

うさぎも立派な害獣?

そんな時、事件発生。
続きを読む
スポンサーサイト

[edit]

CM: 4
TB: --

page top

動物、受難の夏も終わる@アメリカ北部 

2013/09/27
Fri. 11:18


うちの界隈の話の前に・・・この写真、見て下さい。ニュースサイトで面白いもの発見

7eda2003.jpg
写真はサイトから拝借

これを説明してる記事はこちらへ
すごいですね~。動物の為の橋だって。これらの建設にかけるお金は税金だろうに、
なんとも色んな意味で高等な、豊かな、水準の高い国ですなぁ。実際にドイツに住んで
いる人には、どんな国か教えてもらいたいです。1989年に当時の西ドイツに行った
ことありますが、あの当時ですでにゴミの分別とか無人駅(全て自動のため)とか、うわー
っと思うものが存在してましたもんね。動物への取り組みもすごい!

さて、ここアメリカでも夏になると(特に私がいる北部では)野性動物が暖かくなるのが
待ちきれないように一斉に道路に飛び出すため、あちこちの道路でなにかしらの死骸を
見ます。もう、道路のあちらこちらに、毎日うんざりするほどですよ。

死んでるのはおそらく形からして、リス、野うさぎ、ウッドチャック ↓こういうの
download.jpg woodchuck.jpg

高速道路では、たまに鹿の大きな遺体を見る事も。まだ赤ちゃんのような鹿が転がってる
ときもありますね。アメリカでも人間が環境破壊したことによって動物たちが受難してるわけ
だから、ドイツみたいなことすればいいんだろうけど、無理だろな~。こっちは医療費とか
米軍維持費に税金がかかりすぎてて、おまけに格差社会という構造からして税金を動物
のために使うのは無理でしょう。そして動物愛護の精神もアメリカはヨーロッパの一部より
劣っていると思います。

でもこれ、怖いんですよね。先日も私が運転してる時、民家のごみカートの下に黒い影が
あったので、実際「影」かなと思っていると、いきなりその影が道路に飛び出してきて、
急ブレーキをかけたことがありました。ウッドチャックだったんです。
でも真後ろに車がいたら、ガッツンっとなってたかもしれないんだから、こっちだってやばい。
しかし動物をひき殺すのは絶対いやです~~~

さてもう一つの、夏の受難といえば・・・それは人間の方。
うちの近辺(おそらくどこにでも)、スカンクが夜になると出てきて、庭の芝生の下に
いるミミズを掘りまくって食べるんですよ。当然、芝生は根っこから掘られてめちゃくちゃに
なるし、なにより迷惑なのは、窓を開けて眠れない事。スカンクは何か危険を察すると
異臭を放ちますよね。それが臭いことといったら真夏はここも窓を開けないと蒸して
眠れない日があるんですけど、そこにこのスカンクの異臭がもわぁ~~っとただよってくると、
臭くて眠れないんですね~(もしくは目が覚める)。

ちなみに、どんな匂いかって?タイヤ(つまり、ゴム)を焼いて生ごみを足したような匂い
って言ったら想像つきますかね?

にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村もうすっかり秋・・というより冬(涙)

[edit]

CM: 3
TB: --

page top

ついにラクーン(あらいぐま)を激写 

2013/06/28
Fri. 21:38

ちょっと本題に入る前に。。。
今年は我が家の庭に新しくブルーベリーの苗を2本植え足したので、その根付き具合と
実のつき具合を庭に出て頻繁にチェックしているんですが、先日いつものように水を
やるため、夕方バラや最近植えたユリなどを見ながら、ふぃっとブルーベリーがある方
を見ると、な、なんと目の前に(実際は、足元に 笑)

北キツネがいたのです
もちろん、目前ではっきりと見たのはこれが初めて!かなりギョっとしましたよ。
こんな感じ↓

220px-Fox_study_6.jpg
写真はウイキより拝借

あ、別にこんな風にお行儀よく座ってたわけじゃなかったんですけどね(笑)
キツネの方も、まさかふらっと人間が出てくるとは思ってなかったようで、私と目が
あって、「あらっ」って感じの反応でした。
こんな時いつもカメラを携帯してればなあと思うんですが、なにしろいつも主人から
外で野性動物を見たら刺激しないように、絶対に噛まれないように(狂犬病その他の
ウイルスを保有してる可能性があるため)と言われてるもんですから、写真を撮りたい
と思うどころか、至近距離でキツネを見た途端に私怖くなったんですよ。
なぜって、このキツネ君、私の姿を見たら逃げるどころか私の方へ歩み寄ってきたんです!

や、や、やば~っと思ってそのまま2,3歩下がって、一目散に家の中へ逃げ
帰りました。もったいないですよね~、至近距離でキツネを見るなんてこんな貴重な
体験を放りだすとは。しかし頭の中は「噛まれる」イメージで一杯になっちゃった
もんで・・・・もう少しじっくり見てればよかった

最近我が家の庭にも色んな種類の動物が出てくるようになり、うちの子達が大喜びです。
こんな子とか

いろいろ 028 いろいろ 029

いろいろ 042
野性のうさぎ


いろいろ 035
大胆にも玄関へ来るようになったガオ君のGFのコッコちゃん(こっ、こっ、こっと優しく鳴く
のでコッコちゃんと命名しました)。


いろいろ 054
これはですねえ、雨といのホースの先から出てきたチップモンクというリス科の小動物。
ズームで相当大きくしてるんですが、しっぽをブンブン振ってるセナの目先を見ると彼が
おかしな所にいたので慌てて撮った写真です。


さて、ここからが本題
アメリカにはラクーンという狸のような動物がいて、彼らは民家によく現われ、庭の野菜や
なんやを食べたりするので、まるで害虫のように人々にやっかいもの扱いされてるという話
だけはずーっと聞いていたのです。「現物」を見た事がなかった私ですが、ついにご本人を
間近で見る機会を得ました!このお方がラクーン様だそうです。



色々2 011

顔が可愛い~~~~


色々2 014

このラクーン、何をしているかというとですねぇ、義母が毎日野良猫にえさをあげてる
のを横取りしに来てるんですよ。(まあラクーンにしてみればエサがおいてあるんだから
盗んでるつもりはないんでしょうけどね 笑)
いつも義母がラクーンが来て困ると愚痴を言っていたのはこのことか~。このラクーン、
人間を間近で見ても逃げないんですよね。それどころか、もんのすごいスピードで、
手で(というか前足で)キャットフードをかきあつめて、それをまた口にほうばったら、
すんごいスピードでむしゃむしゃむしゃ食べるんです!

この写真だとアライグマみたいですごく可愛いんだけど、必死で食べてる姿は、すっごく
変なんです。というのは、口が長ーく伸びて、むしゃつくスピードがビデオの早送りボタン
押した時みたいにすごくって、とにかく可笑しな顔になるんですよ!写真だけじゃなくて、
ビデオに収めれば良かったと後で後悔。。。。「ラクーン、食べてるところ」とかで検索
するとYouTubeにあるかもしれませんね。傑作ですよ。
しかし野性動物がこんな民家の中で毎日見られて楽しいです。ちょっとした動物園ですね。

(追記)調べたら、ラクーンはアライグマの英語名でした。無知で申し訳ありません。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ
にほんブログ村僕の手を押してね❤

[edit]

CM: 10
TB: --

page top

ガオ君、妻(?)のお披露目 

2013/06/11
Tue. 10:01

ちょっと悲しい記事つづきで自分が落ち込んでしまったので今日は少し楽しい話を。
先日も登場した、夏場だけの私の「放し飼いのペット」七面鳥のガオ君。相変わらず
お腹がすくと、うちの裏庭にやってきます。野性も飼いならせるもんですねえ。
で、先日彼にメイトが出来てるようだと話しましたが、うちの庭にその彼女を連れて
来たんですよ。

tamago nado 024

ほら。

tamago nado 021

しっかしガオ君、でかくなったなあぁ。。ちょっと毛を膨らませるとこんなになるよ。

tamago nado 022

ガオ君、目がすごく可愛いんですよ。でもこの赤いぶくぶくしたの、何だろうな~。
膨らんでる時と、しぼんでる時があります。良く見るとすごく変な顔ですよね。青と赤・・・
ところがですよ?

tamago nado 023

こっちが彼女の方。鳥の世界って、きらびやかなオスに比べ、メスはなんとも地味
に出来てるんですよね~。すごい不公平(笑)なぜ神様は、鳥だけオスがきれいで
メスがぶちゃいくなようにお造りになったのでしょうか??人間もそうじゃなくて良かった

この彼女、まるで亭主関白の夫に3歩下がって従う大人しい妻のように、さりげなく
ガオ君の後をついてまわってるんです。ちょうど2羽が来たのでデッキにおりてエサ
を置いてあげると・・・・・

ガオ君がまっさきに食べてしまった
ちょっとぉ~~~。奥さんには残してあげないの???
彼女、残飯つついてるよ~~

まてども、まてども雛が現われないんですよね~。しかも最近は奥さんの姿みかけなく
なっちゃったし。。。夫婦げんかでもしたのかしら
それとも雛ができないってことは、つがいじゃないのかな。。残念。
もうしばらく、様子を見てみます。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ
にほんブログ村

[edit]

CM: 2
TB: --

page top

我が家の庭に来る野性のお客さんたち 

2013/05/09
Thu. 10:49

おっと、すっかりこのブログ放置していました話題はそれなりにあるんですが、
ついつい料理ブログの方に時間をさいてしまってます。
さて、以前こちらの記事で、アメリカではどんな野性動物を見る事ができるのか
紹介しましたが、春になって、ここNY州の北方でも野性動物の姿を見かける機会
が増えてきました。といっても、残念なことに、道路の脇に転がってる野性動物
の死体(おもにラクーンとかポッサム、もぐらのような動物)を頻繁に見かけるように
なる季節でもあります。私も何度か急に飛び出してくるリスにびっくりしましたが、
間違っても動物をひき殺したくはありません

で、タイトル。
見て下さいこの写真。我が家の庭に入ってきた、最大級の珍客を

March28 012
見つけた途端、あわててマクロ設定になったままのカメラであたふた撮ったもんだから
すごくぼやけた写真になってしまいました。で、この鹿がどこにいるかというと、

March28 013
うちの前庭の端っこですね。
写真じゃ遠くに見えるけど、もう目と鼻の先にいて、すごくエキサイトしました
なぜかというと、野性の鹿は普段すごく警戒心が強く、こんなに人目につきやすい
開けた場所で見る事は滅多にない・・いや、これが始めてかも・・なんですよ。

March28 018 (800x600)
家の裏へ行ってしまったので、追いかけていって望遠で撮りました。
木のある方へと今にも駆け出す瞬間の姿です。いや~感動した~~~~。

ところで我が家は2011年夏にこの地に引っ越してきて以来、今年で3度目の夏を
迎えますが、暖かい時期に必ず七面鳥を見ていました。最初の年に14羽見かけたのが、
宅地の開発が進んで去年はわずか3~4羽に減ったんです。その中で、唯一のオスで、
いつも「ガオガオ~~」と大きな声で鳴くので私が「ガオ君」と名付けたターキー
がいます。彼を餌づけしてたんですが、そのガオ君の姿が、10月になったとたんに
パッタリと見えなくなってしまい、もしや死んだのではないか、あるいは感謝祭のごちそう
にされてしまったのか・・・・とすごく心配していました。なにせガオ君の鳴き声で朝を迎え、
エサを与えていたんですから、すっかり情が移ってしまって、いなくなると寂しくてたまら
なくなったんです。それが春になり、あの「ガオガオ~~~」という声を聞いた時の
嬉しさといったら!

spring 2013 034 (800x532)

やったぁ~!ガオ君が帰ってきた~!と思いました。
しかも、奥さん連れ(笑)。どうやらツガイになったようです。果たしてベイビーが期待
できるのか?

iroiro3 004 (800x532)

これがガオ君。初めてターキーを間近で見た時はなんか気持ち悪~と思ったものですが、
やはり見慣れるとペットのように可愛くなるもんですねぇ。最近はスーパーでターキーの
肉を買うと「ガオ君の友達食べてるんだよな・・・・」としみじみ思ってしまいます。
牛でも豚でも可愛くなるのは同じなんでしょうね。。。。。

iroiro3 003 (800x532)

えさを食べてるガオ君を必死で見ているミニとセナ。彼らにとってはかっこうの「遊び道具」
ですな。
で、ある日うちの子達がものすごく興奮して外を見始めたんです。
4匹そろって、激しく尾を左右にぶんぶん振ってます。ビデオに撮ればよかった。

spring 2013 003 (800x600)

こりゃ何かいるな、と思って私も外を見てみると・・・・・

ああ~~~~っ

pea soup 005 (800x532)

ガオ君のためにおいたコーンを、チップモンクが喰っていやがる~~~~

pea soup 006
ものすごい速さでばくばく食べてます!
しかもこのチップモンクという動物(大きさはネズミくらい)、すっごくすばしっこいんです。
風のように動き回るので、猫にとっては大興奮する「遊び道具」なんですねえ。

でもなんか可愛い・・・・・

さてこの辺は美しい野鳥もよく見かけますよ。
私は種類については全く無知なんですけど、

lemon1 002
これはブルージェイという鳥でしょうか?
すごく警戒心が強くて、私が窓際に立つとすぐに飛び去るので、これまた望遠を最大限
にして撮りました。色がよく出てませんが、非常にきれいな青いろです。

ちなみに我が家は新しい宅地の中にあって、まだ木々が少ないので、リスを見かける
ことはないんです。木がたくさんあるとこにいるそうですが、地元の人たちはリスの
ことを悪魔と呼んでますね。可愛い顔して凶暴だからとか。

こうしてアメリカへ来てから野性動物たちに親しむうちに、私の動物への愛情は、次第に
犬と猫からあらゆる動物たちへと広がって行ったのです。このブログを通して、地球の
いろんな動物たちが、人間のために苦痛を味わう事が苦しくなってきてしまった私の気持ち
が多くの方に伝わりますように。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ
にほんブログ村応援宜しくお願いします。

[edit]

CM: 9
TB: --

page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。